何食わぬ顔の人10の特徴

人生

何食わぬ顔の人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

何があっても、何食わぬ顔をしている人がいるよね。

イタチ
イタチ

そうだね。何食わぬ顔の人には良い特徴も、悪い特徴もありそうだね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

何食わぬ顔をする人にはどのような特徴があるかな?

何食わぬ顔の人の特徴

人と関わりたくない

人と関わりたくない人は何食わぬ顔の人になるのではないかな?

「人と関わりたくない」のは何食わぬ顔の人の特徴の一つです。

人に話しかけたり、相手に対して何か行動をした時に、何食わぬ顔を相手にされれば誰でも「この人一体何なの?」「この人何様なの?」などと思うのではないでしょうか?

人と関わりたくない人の中には、これを理解した上でしている場合があるでしょう。基本的に人嫌いな人が多いのではないでしょうか?

何食わぬ顔で接することによって、自分への関心を持たれないようにしてもらえれば、相手から挨拶をされたり、話しかけられることは無くなるものです。

他人に興味がない

何食わぬ顔の人の特徴の一つは「他人に興味がない」です。

世の中には様々な人がいます。他人に興味がない人がいても不思議ではないでしょう。

人が嫌いというのではなくて、他人に興味がない人です。「友達が少なくて寂しい」と感じる人からすれば、考えられない世界観を持った人に思えるかもしれませんが、そういう人もいるものです。

他人に興味がない人には関心がないのですから、何食わぬ顔をしても不思議でもなんでもないでしょう。

もし誰かに話しかけ、何食わぬ顔をされて傷つくことがあれば、そのような人もいるものだと思っていれば良いでしょう。

無責任

無責任な人は何食わぬ顔をすると思うわ。

「無責任」なのは何食わぬ顔の人の特徴の一つです。

嫌われ者の上司の特徴の一つに無責任があるものです。いざ困った場面になれば、責任を取らずに逃げ出す人です。

無責任な人にとって一番都合が良い責任回避の方法の一つは、何食わぬ顔をして自分にとって不都合な事をやらない方法でしょう。

「僕は知らないよ」「私は知らないわ」という顔をして、責任を回避するのです。「私は知りませんでした!」などと実際に発言するよりも、言葉に出さない方が後々責任を追及されるリスクも減るものです。

冷たい

何食わぬ顔の人の特徴の一つは「冷たい」です。

“困っている人がいれば助ける”という社会的な道徳心が失われつつある現代においては、冷たい心を持つ人も増えているのではないでしょうか?

身近なところに困っている人がいても、何食わぬ顔をして放置し、弱者を見捨てることを躊躇なく出来る人が増えている、少し寂しい社会になっているのではないでしょうか?親や兄弟が困っていても、何食わぬ顔をするケースも見聞きします。

それだけ、冷たい人が増えたという事でしょう。弱者がいても、心が冷たければ何食わぬ顔を平気で出来るものです。

ですが、冷たい人ばかりではありません。やさしい人も一定数いますが、前者は何食わぬ顔をして生きていることが多いです。

面倒なことが嫌い

「面倒なことが嫌い」なのは何食わぬ顔の人の特徴の一つです。

関わらない方がいい人いるものです。このような人が自分に接触することがあればどうでしょうか?誰でも何食わぬ顔になるのではないでしょうか?

いつも問題を起こすような人、例えば不幸を呼ぶ女などとは、可能な限り接点を持ちたいと思わないでしょう。可能な限り避けたいと思うのではないでしょうか?そうなれば、何食わぬ顔をして関りを持たないようにするのが一番だと多くの人は思う事でしょう。

表情が乏しい

何食わぬ顔の人の特徴の一つは「表情が乏しい」です。

何食わぬ顔をする人を観ていると、何を考えているのかよく解らないと感じることはないでしょうか?これも無理はないのでしょう。

人との関わりを避けたかったり、人間として冷たかったり、他人に興味が持てないとなれば、顔の表情にも自然に現れるのではないでしょうか?心と顔の表情には関係があるものです。

冷静

何食わぬ顔の人は非常に冷静な人も多いと思うな。

「冷静」なのは何食わぬ顔の人の特徴の一つです。

生まれ持った才能の一つとして、何事にも動じない冷静な人がいるものです。心が冷静であれば、何食わぬ顔をしていられる場合も多いでしょう。

例えば、学校で先生に怒られても、けろっとした表情をしていて、更に先生から激高される子供がいます。このような子の中には、非常に冷静な性格の子もいるでしょう。冷静過ぎる性格が災いしているケースでしょう。

先生としては、少しは反省の表情を浮かべて欲しいのに、それが無いから余計に腹が立ってしまうケースでしょう。

恥じない

何食わぬ顔の人の特徴の一つは「恥じない」です。

「お天道さまに向かって誓えるか?」などと言う言葉を時々見聞きすることがあります。何か悪いことをした相手に対して、正義感溢れる人が言う言葉でしょう。

倫理観の欠片もない人は、こんな時でも「知らないですね」と何食わぬ顔で平気で言うことも多いのではないでしょうか?そのような言動を平気で出来るのは、悪いことをしていても恥じないという意識があるからでしょう。

とぼける

とぼけるのは何食わぬ顔の人によくある特徴ね。

「とぼける」は何食わぬ顔の人の特徴の一つです。

何食わぬ人は、演技力が非常に高い人が多いのではないでしょうか?

例えば、社会的に立場が高い人が不祥事を起こした時に「記憶にございません」などと何食わぬ顔で言う場面を何度も見たことがあるのではないでしょうか?

何食わぬ顔をして、罪悪感もなくとぼけるのです。ごまかす人です。こんな時は、呆れて物も言えなくなることも多いでしょう。そう思える間はまだまだ心が汚れていない証拠でしょう。

こだわりが強い

何食わぬ顔の人の特徴の一つは「こだわりが強い」です。

何食わぬ顔をいつもするような人は、良く言えば自分軸で生きるとは何かをよく知っている人ではないでしょうか?また、悪く言えば、こだわりが強い人であるのではないでしょうか?

例えば、人から陰口を叩かれようと全く気に留めない人がいるものです。「勝手に言っていればいいさ」という表情でマイペースな人です。

人から何を言われようが、自分の世界で生きる人は、何食わぬ顔をしていることが出来るでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?何食わぬ顔の人の特徴は以下になります。

 

人と関わりたくない・他人に興味がない

無責任・冷たい・面倒なことが嫌い

表情が乏しい・冷静・恥じない

とぼける・こだわりが強い

 

何食わぬ顔の人には、良い特徴、悪い特徴どちらもあるでしょう。悪い特徴を指摘されることがある人は、「自分にはそういう側面がある」と意識に留めておくことが大切ではないでしょうか?そうすることで、少しずつ改善出来るのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました