大人しいけど 面白い人10の特徴

人生

大人しいけど 面白い人10の特徴

 

ピゴシャチ
ピゴシャチ

大人しいけど 面白い人がいるね。

イタチ
イタチ

そうだね。ボソッとしゃべるだけで笑いを取れる人を知っているな。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

大人しいけど 面白い人の特徴は以下になるよ。

大人しいけど 面白い人の特徴

謙虚

大人しいけれど面白い人は謙虚な人が多いと思うわ。

「謙虚」なのは大人しいけど 面白い人の特徴の一つです。

面白い話を自信満々でする人は、受け入れられる場合も多いかもしれませんが「調子に乗りやがって」などと、反発を買う場合もでしょう。

大人しいけど面白い人は、謙虚な姿勢で面白い話をするために、このような反感を持たれないことが多いでしょう。結果として、多くの人から人気を獲得するのです。

また性格が良い人として解釈される場合も多いでしょう。面白い話をする場合は例え自信があっても「自分の話も面白いかもしれないけれど、まだまだ他にも面白い話がたくさんある」という姿勢で話す方がウケは良いのではないでしょうか? 

分析力がある

大人しいけど 面白い人の特徴の一つは「分析力がある」です。

与えられている情報は同じでも、面白い話をする人とそうでない人がいるのです。この違いはどこから生まれるのでしょうか?その一つに分析力の問題があるでしょう。

分析力がある人は、新しい視点を見つけることが得意なものです。話を聞いている方が、この新しい視点に感心したり、 笑いを感じるようになると、相手がおとなしく話しているにも関わらず「大人しいけど実は凄く面白い人」と評価されるようになるでしょう。

また分析力がある人は、密かに「新たな視点を見つけてやろう」というチャレンジ精神があったりもします。これが面白さに繋がる時も多いでしょう。

クリエイティブ

クリエイティブな人はたとえ大人しくても面白い人と評価されると思うよ。

「クリエイティブ」なのは大人しいけど 面白い人の特徴の一つです。

大人しいけど面白い人というのは、クリエイティブな人が多いですが 人が見えないところで面白さに磨きをかけるために努力をしている場合も多いでしょう。

「このような話を知っているけれど、どのタイミングで言うと面白いだろうか?」などと密かに考えている人も多いはずです。

同じ話をするにしても、どのタイミングでそれを伝えるかによって、聞いている方が面白いと思う場合もあるかもしれないし、退屈と感じる場合もあるかもしれません。

アイデアが豊富

大人しいけど 面白い人の特徴の一つは「アイデアが豊富」です。

大人しいけど面白い人というのは、非常にアイデアが豊富である場合も多いでしょう。いくら面白い話でも、何度も聞いていれば飽きられてしまいます。

大人しいけど面白い人は、次から次へと面白い話をしたり、アイデアを聞いている人達に提示することができます。ですから、聞く人はどんどん前のめりになり、時間が経過するのを忘れてしまうような状態になります。

また「今日はどんな面白い話をしてくれるのか?」と常に面白い話を求められる人になるケースもあるでしょう。 

人の気分を害さない

「人の気分を害さない」のは大人しいけど面白い人の特徴の一つです。

面白い話をする人にも二種類います。一つは、 非常に面白い話をするのは確かですが、聞いている人の中に気分を害する人が出てしまうケースです。

誰かをいじるような話し方をすると笑いを取ることもできますが、 いじられている人の中には、外見上は笑っているものの、密かに腹を立ててしまう人もいます。

一方で、非常に面白い話をするにも関わらず、誰の気分も害さないで話をすることができる人もいます。大人しいけど面白い人というのは、後者である場合が多いのではないでしょうか? 

優しい話し方をする

大人しいけど 面白い人の特徴の一つは「優しい話し方をする」です。

学生時代に数学の勉強をしていた時に、よく解らなくなることがありました。そんな時は、数学の先生の所に話を聞きに行ったものです。

この先生は非常におとなしい人のですが、数学を心から愛していたため、鋭い視点から話をすることができました。度々先生の話に感動し面白い人だと思ったものです。

この先生はさらに、生徒の立場に立って話を聞くことに長けている人でもありました。まず傾聴しそれから穏やかに話をするのです。優しい人柄がこの先生の更なる魅力となって「普段大人しいけれどすごく面白い人だ」と今でも記憶に残っています。 

ゆったり構えている

大人しいけれど面白い人は、こちらの話をゆったり構えて聞いてくれることが多いと思うわ。

「ゆったり構えている」のは大人しいけど 面白い人の特徴の一つです。

大人しいけど面白い人というのは、 非常に穏やかで相手にイライラさせたり緊張感を与えないような雰囲気を持っています。

どんなに面白い話をしてくれる人でも、不快感を与えたり妙に緊張させるタイプでは、大人しいけど面白い人という評価は得られないでしょう。

時々、子供から嫌われるおばさんなどがいますが、大人目線から見ると非常に面白い人であるものなの、子供目線からでは堅苦しい人という評価が先に立ち、 大人しいけど面白いという評価が得られなくなる場合もありそうです。 

自ら楽しむことが好き

大人しいけど 面白い人の特徴の一つは「自ら楽しむことが好き」です。

大人しいけど面白い人は、独自の世界観を持っていて、自ら楽しんでいる人も多いのではないでしょうか?

例えば、映画が好きで様々な映画を日常的に見ているとしましょう。自分が心から好きなものに対しては、多くの人が創造的になれたり、 独自の意見や視点を持つことができるでしょう。

これを人に伝えることによって、耳を傾けている側は「この人、大人しいけれど面白い!」ということになるでしょう。 

空気を読むのが上手い

口数が少ないのに面白い人は、空気を読むのが絶妙に上手いと思うな。

「空気を読むのが上手い」のは大人しいけど 面白い人の特徴の一つです。

いくら面白いネタを持っていたとしても、 その時の状況や聴いている側の気分によっては面白いネタが生きてこないことがあります。

大人しいけど面白い人は空気を読むのが得意なものです。ですから、聞いている人の反応を見ながら、 臨機応変に話すトーンを変えたり 、真面目に話したり逆に冗談を言ったりと緩急をつけるものです。

テレビのお笑い芸人の人でも、この感覚が非常に鋭い人が多いのは、誰もが知ってるところでしょう。

周囲を楽しませるのが好き

大人しいけど 面白い人の特徴の一つは「周囲を楽しませるのが好き」です。

大人しいけど面白い人は、穏やかな喋り方をするものの、相手を笑顔にしたり暖かい気分にさせる才能を持っています。

例えば、ちょっと浮かない表情をしている人がいたとしましょう。そしてその人が恋愛問題で悩んでいることを知っていたとしましょう。

楽しいけど面白い人は、相手の感情を読みながら、恋愛問題の悩みを忘れるような話をしたり、間接的に相手を勇気づけるような話し方をするものです。

聞いている方が、いつの間にか自分の悩みを忘れて元気になったり、相手の話から勇気をもらったりするのです。 

このページに興味がある方にオススメのページ

天性の魅力 診断

一言が面白い人

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

謙虚・分析力がある

クリエイティブ・アイデアが豊富

人の気分を害さない・優しい話し方をする

ゆったり構えている・自ら楽しむことが好き

空気を読むのが上手い・周囲を楽しませるのが好き

 

 大人しいけど 面白い人には共通する特徴がありそうです。自分がそのような人になりたいと願うのであれば、 いくつかの特徴を真似てみるのも面白いかもしれません。 一番重要なことは、自ら物事を楽しむ姿勢と相手の立場から物事を考えることではないでしょうか? 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました