張り合ってくる人10の特徴

人生

張り合ってくる人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

相手が何かと張り合う人で疲れる時があるね。

イタチ
イタチ

そうだね。そのような人を相手にするのは面倒だね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

張り合う人の特徴は以下になるよ。

張り合ってくる人の特徴

負けず嫌い

負けず嫌いな人は、すぐに張り合うから疲れるわね。

「負けず嫌い」なのは張り合ってくる人の特徴の一つです。

強烈に負けず嫌いな人がいるものです。人間全ての部分において、人よりも優れていると言う事はありえないでしょう。

例えば、相手の方がルックスが良いこともあれば、こちらが経済的に豊かであると言うこともあるでしょう。人の置かれている状況により、様々な要素に差が出てくる事は仕方がないことです。

張り合ってくる人は負けず嫌いのために、このような現実をうまく受け入れることが出来ないことが多いのではないでしょうか?

プライドが高い

張り合ってくる人の特徴の一つは「プライドが高い」です。

「自分は特別な存在なのだ」と優越感に浸る人はプライドが高いものです。このような人は、自分が相手よりも劣ることは許せないのではないでしょうか?結果として、目の前に自分よりも優れた存在がいる時には、ついつい意地になり、張り合おうとしてくるものではないでしょうか?

例えば「見た目は自分の方が絶対に美しい」と思っている女性がいるとしましょう。同じ職場の同僚女性が、見た目はごく普通であるにもかかわらず、男性社員からちやほやされるのを頻繁に目撃するものの、自分はあまりそうされないと言う状況であれば、露骨にモテる方の女性に張り合おうとする人もいるのではないでしょうか?それはプライド故でしょう。

「そんなことをしてはいけない」と思っていても、プライドがそうさせないのでしょう。ですが、このようなタイプの人とは接していても楽しくもなく、会いたくない人になってしまう場合が多いでしょう。

器が小さい

張り合う人は器が小さい人が多いと思うな。

「器が小さい」のは張り合ってくる人の特徴の一つです。

たとえ相手が自慢していたとしても、器が大きい人は、余裕を持って対応できることが多いのではないでしょうか?「この人は負けず嫌いな人なのだなぁ」などと思いながら、相手の話を聞き流すことができるのではないでしょうか?

こちらが何気ないことを言っただけで、妙に真剣な顔をして張り合ってくる人がいるものです。そのような人は大抵、器が小さい人なのではないでしょうか?自分の心に余裕がないからこそ、相手の何気ない言葉が気になり、ついつい対抗意識を燃やしてしまうのでしょう。

勝ち負けにこだわる

張り合ってくる人の特徴の一つは「勝ち負けにこだわる」です。

張り合ってくる人は、何かと勝ち負けにこだわることが多いのではないでしょうか?白黒つけるタイプといってもいいかもしれません。

例えば、自分が相手よりお金を持っている状態を勝ちと捉える人なら相手の方が金持ちであった場合に敗北感を味うでしょう。

ですから、その悔しさに納得いかない時には、お金以外の面で必ず自分の方が勝っていることを示す言動や行動をしてくる時があるでしょう。

幼稚

「幼稚」なのは張り合ってくる人の特徴の一つです。

いちいち張り合ってくる人と言うのは、幼稚な人なことも多いのではないでしょうか?「相手に負けたくない」と言う気持ちを強烈に匂わせながら、露骨に張り合ってくる人を相手にするのは疲れるものです。

幼稚であるからこそ、そのようなことをしてくるのでしょう。たまに「私は大人だから」などと言いながら、幼稚な行動をしてくる人がいないでしょうか?「私は大人だから」とアピールすること自体が幼稚なのでしょう。

相手に対する劣等感

張り合ってくる人の特徴の一つは「相手に対する劣等感」です。

張り合ってくる人とは、相手に劣等感を覚えていることも多いのではないでしょうか?もし、自分に自信があれば、張り合う気持ちすらなくなるでしょう。

例えば、自分よりも劣悪な状況にいる人が、自分に対して対抗意識を燃やしてきたとしましょう。自分に自信があり、その相手に対して劣等感が何もなければ、さらりと相手の話や態度をやり過ごすことができることが多いのではないでしょうか?もちろん、あまりにも頻繁にそのようなことをされれば、誰でも嫌な気持ちになるかもしれませんが、少なくとも自分の方から相手に対して対抗意識を燃やすと言う事はなくなるはずです。

相手に対して劣等感を抱いているからこそ、対抗意識が芽生えるのではないでしょうか?

相手と僅差

力が拮抗していればこそ、張り合おうとするのかもしれないね。

「相手と僅差」なのは張り合ってくる人の特徴の一つです。

張り合ってくる人と言うのは、大抵相手と僅差であると感じていることが多いのではないでしょうか?

例えば、出身大学は同じであるにも関わらず、自分の友人の方が少し良い生活をしていれば、張り合おうと言う意識を持ってしまう人も多いのではないでしょうか?

時々、同窓会の席などで露骨に対抗意識を燃やし、張り合おうとする人がいないでしょうか?それは「出身学校が同じである=能力的には同じである」と言う思いから、「自分も頑張ればそこに行き着ける」、「僅差であるものの相手よりも劣っているのが悔しい」と言う思いが根底にあるからでしょう。僅差であればあるほど、負けた時の悔しさと言うのは強烈なのではないでしょうか?

繊細

張り合ってくる人の特徴の一つは「繊細」です。

人から何か嫌味を言われても、相手から露骨に対抗意識を燃やさても、鈍感で気づかない人がいます。このような人は、いちいち相手の言動や行動に腹を立てたり、悔しい思いをしたりしないものでしょう。当然ながら、対抗意識を燃やそうとも思わないのではないでしょうか?

一方で、非常に繊細な人は、同じような状況に置かれると、すぐに張り合おうとしてしまうのではないでしょうか?張り合おうとする人の中には、人一倍敏感だからそうする人も多いのではないでしょうか?

妬みがある

妬む人は怖いわね。

「妬みがある」のは張り合ってくる人の特徴の一つです。

同窓会の席などで、女性仲間を見ていると、同性の身に付けているものを細かくチェックし、何か怪しげな様子の人を見る事は無いでしょうか?例えば、持っているカバンや財布、アクセサリーを観察しながら、何か考え込んでいる様子の人です。

純粋にたまたま眺めている人もいるでしょう。ですが、妬みが根底にある人もいるのではないでしょうか?そのように妬む人は、次回会う時には同じブランドのものを身に付けて現れたり、SNSに同じ持ち物を投稿し、アピールする人もいるのではないでしょうか?妬みがあれば、相手に張り合おうとしてしまう場合も結構あるものでしょう。

認めてもらいたい

張り合ってくる人の特徴の一つは「認めてもらいたい」です。

張り合ってくる人を相手にしていると「“自分の力の凄さを認めて欲しい”と言う思いを、相手が抱いているのかもしれない」と感じる事は無いでしょうか?

張り合ってくる人は、承認欲求が強い人なのかもしれません。時々「こちらは相手の方が凄い」と思っているにもかかわらず、相手が自分に対して対抗意識を燃やしてくる時がないでしょうか?このような時は、相手はこちらが認めていないと思っているのかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?張り合ってくる人の特徴は以下になります。

 

負けず嫌い・プライドが高い・器が小さい

勝ち負けにこだわる・幼稚

相手に対する劣等感・相手と僅差

繊細・妬みがある・認めてもらいたい

 

こちらが張り合うつもりがないのに、相手からそのようにされると疲れるものです。そのような時には、黙って受け流すのが良いのではないでしょうか?もし、それでも相手がしつこい場合には、距離感を保って接することが1番でしょう。あまり関わらない方がいい人かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました