思い込みが激しい人10の対処法

人生

思い込みが激しい人10の対処法

ピゴシャチ
ピゴシャチ

思い込みが激しい人がいるよね。

イタチ
イタチ

そうだね。本人もそのせいで知らず知らずの間に、苦しんでいる時があると思うな。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

思い込みの激しい人への対処法は以下になるよ。

思い込みが激しい人 対処法

まず話を聞くことに徹する

話をじっと聞くだけで、相手もラクになる時があるね。

「まず話を聞くことに徹する」のは思い込みの激しい人への対処法の一つです。

思い込みが激しいタイプの人は「自分の話をとにかく聞いて欲しい」という人が多いのではないでしょうか?

「この人は思い込みが強く、気難しい人だ。面倒くさいから関わらない方がいい人だ」と言う人ほど、話に耳を傾けるだけで、そこまで面倒ではなくなることが多いものです。ですから、まず相手の話に反論せず、黙って傾聴することが重要になるのではないでしょうか?

相手の話に丁寧に答える

思い込みの激しい人への対処法の一つは「相手の話に丁寧に答える」です。

仕事のやりとりをメールでしていると、思い込みの激しい内容を延々と書いて送ってくる人がいないでしょうか?

電話で話すか、直接会って話をすれば3分で済むものを、メールで説明するとなると非常に時間がかかり厄介なものです。「どうして、こんな間抜けみたいな内容に余計な時間を割かなければならないのだ」と思うことがあるでしょう。

ですが、ここで面倒臭くなり適当に答えたり見下すような返信をすると、相手が立腹したり、関係がこじれるので、そこはぐっと堪えて丁寧に答えることが必要になります。

相手を馬鹿にしない

相手を馬鹿にしないようにしないとね。

「相手を馬鹿にしない」のは思い込みの激しい人への対処法の一つです。

理屈が理解できない人というのが世の中にはいるものです。論理に強い人から見れば、このような人は頭が悪く見えてしまう事が多いのではないでしょうか?

思い込みの激しい人は、筋の通らない話を、感情論に任せて言ってくることが多いものです。ですが、ここで相手を馬鹿にするのはやめた方が良いでしょう。たとえ、あまり賢くない人でもプライドは人並み以上という事が多々あるものです。馬鹿にするようなことをすれば、後々までそれを執念深く覚えており、根に持つ人になることもあります。余計な敵は作らぬ方がいいでしょう。

相手の考え方を無理に変えようとはしない

思い込みの激しい人への対処法の一つは「相手の考え方を無理に変えようとはしない」です。

両親のどちらかが死んで片方が取り残された時に「老人ホームに入るのはどう?」と提案しても頑なに拒むことがあるでしょう。また、体調が悪そうなので病院で診てもらうよう薦めても「病院には絶対いかない!」などと言い張るケースがあります。

どちらのケースの場合でも、本人の意思の背景には、思い込みの激しさが関係している場合が多いのではないでしょうか?そんな時にこちらの意見を相手に押し付けても、まず聞かないものです。

相手の考えを変えるのは、たいてい難しいものです。「人は変わらないから無理には変えない」と割り切ることも必要ではないでしょうか?

同意する

「同意する」のは思い込みの激しい人への対処法の一つです。

思い込みが激しい人は「自分の思いに同意して欲しい」という感情を抱いていることが多いものです。

毎日 クタクタになるまで働いて帰宅し、家に着いたところで、思い込みの激しい妻から子供について愚痴を聞かされる人もいるでしょう。

「娘があんな酷いことを言うものだから、思わず私も酷いことを言って大喧嘩になったの。仕方ないわよね」などと言われた時に「子供の話をまともに聞いて腹を立ててどうするんだ?」などと内心では思っていても「それは大変だったね」と一言同意を示すだけで、妻も気持ちがラクになるのではないでしょうか?

客観的データを示す

思い込みの激しい人への対処法の一つは「客観的データを示す」です。

思い込みが激しい人は、全体像が見えていないことが原因で不安が募り、大騒ぎをし周囲に迷惑をかけるような行動を取ることが多いものです。このような時に、データを提示すると納得することがあるものです。

例えば、車を購入する時にはローンを組んで買う人が多いと思いますが、多額の借金を背負うからと頑なに嫌がる人もいるものです。そのような時は、利率を説明したり、貯めるよりもお金を借りることで具体的にどのような利点があるのか?をデータで示すことで、思い込みの激しさが和らぐことがあるものです。

相手の喧嘩口調に腹を立てない

相手の喧嘩口調に乗せられないように注意しないと。

「相手の喧嘩口調に腹を立てない」のは思い込みの激しい人への対処法の一つです。

思い込みが激しい人は、相手に喧嘩を吹っ掛けてくるようなことがよくあるものです。相手の発言に食ってかかる人になるのです。

客観的なデータを示しながら、「こちらを見て頂けると分かると思うのですが、データとして〇〇になっていますから安心してはいかがですか?」と説明しても「データとかそういう難しいことを言われても分からないですよ。私としては実感が感じられません。」などと言うものです。

客観的な判断力に欠ける為、思い込みが激しくなっているのは明らかであり、内心「この人は頭が悪いな」と思う場面ではないでしょうか?そして、ああだこうだと食ってかかられ、腹が立つ経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

ですが、ここで喧嘩口調になると、このような人は更に面倒臭くなるので、相手の喧嘩口調に乗らないように気をつけた方がいいでしょう。

相手の人間性とは分けて考える

思い込みの激しい人への対処法の一つは「相手の人間性とは分けて考える」です。

思い込みが激しい人は、時に喧嘩口調で話してきたり、食ってかかるようなことがあるものです。こんな時は、非常に腹立たしい気分になるものです。

ですが、これで相手の人間性を決めつけるような判断はお互いにとって残念なものではないでしょうか?

例えば、妻が思い込みが激しい人で、食ってかかるような態度に出た時には「自分を信頼しているからこそ、そんな態度に出るのだ」「それだけ思い詰めているんだ」と考え、相手の人間性とは分けて考えた方が良いでしょう。

もし「いつもいつも面倒くさいな。本当に頭が悪いのを嫁さんにした」と相手の人間性を否定してしまうと、不仲な夫婦の原因となることもあるのではないでしょうか?

相手の背景にあるものを想像してみる

「相手の背景にあるものを想像してみる」のは思い込みの激しい人への対処法の一つです。

論理よりも感情を無意識に優先するタイプの人がいます。このような人は思い込みが激しいことが多いのではないでしょうか?

思い込みの激しい人も、日によって違いがあるものです。妙にそれが強い日と、そうでもない日があります。

思い込みが激しい時は、相手の背景にあるものを想像してみると、相手を少し理解する助けになるのではないでしょうか?

例えば「相手は仕事に追われてストレスが溜まっているようだ」「子供の受験で一緒に緊張しているようだ」などと背景の状況を理解することで、相手の思い込みの激しさが見えてくることもあるのではないでしょうか?

言うべきことはシッカリ言う

思い込みの激しい人への対処法の一つは「言うべきことはシッカリ言う」です。

思い込みの激しい人には、聞くことや同意することを心掛けるべきですが、それでもやはりシッカリ言うべきところは言わなければならないでしょう。

例えば、自分の妻が教育 ママで思い込みが激しいタイプだとしましょう。子供が自分のやり方で成果を出しているのに「ああでもないこうでもない」と思い込みの激しさから口を出し続ければ、子供は迷惑するでしょう。

そんな時は一言「成果が出ているのだから良いのではないか。ああでもないこうでもないと言ってばかりで、子供にストレスがかかる方が問題ではないか?」と伝えることが必要になるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?思い込みの強い人への対処法は以下になります。

 

まず話を聞くことに徹する・相手の話に丁寧に答える

相手を馬鹿にしない

相手の考え方を無理に変えようとはしない

同意する・客観的データを示す

相手の喧嘩口調に腹を立てない

相手の人間性とは分けて考える

相手の背景にあるものを想像してみる

言うべきことはシッカリ言う

 

思い込みが激しい人は、本人も苦しんでいる時が多いのではないでしょうか?相手をする側からすれば面倒臭いものです。ですが、相手への理解が少しでもあれば、必要以上に人間関係をこじらせないで済むのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました