産むべきかおろすべきか迷ったら検討するべきこと10選!

人生

産むべきかおろすべきか迷ったら検討するべきこと10選!

ピゴシャチ
ピゴシャチ

産むべきかおろすべきか?で人にも言えず、悩んでいる人は多いと思うな。

イタチ
イタチ

そうだね。複雑な背景があるなら、尚更そうかもしれないね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

産むべきかおろすべきか迷ったら検討するべきことは、以下になるよ。

産むべきかおろすべきか迷ったら検討するべきこと

育てられるのか?

子供を本当に育てることは出来るかな・・?

「育てられるのか?」は産むべきかおろすべきか迷ったら検討するべきことの一つでしょう。

産むべきかおろすべきか?迷った時に、一番考えなければならないのは当然ながら「育てられるのか?」ではないでしょうか?

子供がいると、様々な楽しいこともありますが、大変なことも多々あるでしょう。そういった大変な時に、本当に育て抜くことができるかどうか?が一番重要でしょう。誰でも育児放棄したい時はあるものですが、そこで本当に放棄すると大問題です。

生まれてくる子供の平和な成長を願うのであればこそ、本当に育てることができるのかどうか?は真剣に考えなければならないでしょう。

覚悟はあるか?

産むべきかおろすべきか迷ったら検討するべきことの一つは「覚悟はあるか?」です。

子供を産むということは、素晴らしいことでもありますが、同時にたくさんの困難が待っているともいえるでしょう。

たくさんの困難に遭遇しても、乗り越えられそうだという覚悟があるのであれば、産むのも良いでしょう。

ですが、そう言った覚悟が出来ず、問題に直面した時に目を背けたり、逃げてしまうようなタイプであれば、厳しいのではないでしょうか?

健康状態は大丈夫か?

出産はリスクを伴うから、健康も考慮しなければ・・。

「健康状態は大丈夫か?」は産むべきかおろすべきか迷ったら検討するべきことの一つでしょう。

産むべきかおろすべきか?で悩んでいる時には、健康状態について心配している人もいるでしょう。

出産が高いリスクを伴う場合には、万が一ということもあり得ます。 結婚しており、既に子供がいるような場合、出産で命を落とすようなことがあれば、残された家族は大変でしょう。迷っている時には、健康状態に確信が持てるかどうか?を考えることも必要です。

子供に愛情を感じるか?

産むべきかおろすべきか迷ったら検討するべきことの一つは「子供に愛情を感じるか?」です。

産むべきかおろすべきか?で迷っている時には、子供に対する愛情の問題もあるのではないでしょうか?

例えば、もともと子供が要らない人もいます。そのような人が妊娠した時に、本当に子供に対して愛情を感じることができるでしょうか?

また、自分が好きではない人の子供を妊娠してしまうケースもあるでしょう。そのような時にも、愛情を感じることが本当にできるのでしょうか?

もし、子供に対して愛情を感じることができないのであれば、産むことは厳しいのではないでしょうか?

経済的に大丈夫か?

「経済的に大丈夫か?」は産むべきかおろすべきか迷ったら検討するべきことの一つでしょう。

「子供は一人で育ってくれた」などと、子育てを振り返って言う人がいます。これは確かにそうなのかもしれませんが、その背景には経済的なバックアップがある前提でしょう。

子供がいれば、当然ながら食費、教育費、洋服代など諸々のものがかかります。もし、産むべきかおろすべきか迷った時には、 経済的に本当に大丈夫なのか?を確認する必要もあるでしょう。自分一人で生活が精一杯な人に、子供が一人増えると経済的には間違いなく苦しくなるでしょう。

子供の立場で考える

産むべきかおろすべきか迷ったら検討するべきことの一つは「子供の立場で考える」です。

子供を産むべきかおろすべきか?で悩んでいる人の中には、複雑な状況の人もいるでしょう。例えば、不倫をして妊娠した場合や交際相手が妊娠をきっかけに失踪してしまった場合などです。

このような場合には、生まれてくる子供の立場で考えることも大切でしょう。子供がある程度の年齢になれば「私のお父さんは誰なのか?」と質問するでしょう。そのような時に、複雑な背景を説明することはできるのでしょうか?

周りからのサポートはあるか?

親も身近なところにいないし、知り合いも少ないけれど、サポートは大丈夫かな・・?

「周りからのサポートはあるか?」は産むべきかおろすべきか迷ったら検討するべきことの一つでしょう。

子供を産むべきかおろすべきか?で迷っている時には、周りのサポートについても考えなければならないでしょう。子供を出産した後は、子育てが待っています。子どもが小さい間は、夜泣きをしたり突然発熱したりなど、様々な想定外のトラブルがあります。

もしこのような時に、周囲に頼れる人がいる時には大変心強いでしょう。ですが、そういったサポートがない人の場合は、かなり大変になるのではないでしょうか?働きながら、一人で子育てもしなければならないというケースではかなり辛いでしょう。

パートナーとの関係は?

産むべきかおろすべきか迷ったら検討するべきことの一つは「パートナーとの関係は?」です。

時々、パートナーとの関係が良くないのに妊娠してしまうケースを聞きます。妊娠をきっかけに関係を見つめ直し、悪化していた関係が改善されるケースも多々あるでしょう。

ですが、関係が悪いままというケースも多々あるでしょう。このような環境では、育児をすることも当然ながら大変ですが、その環境に生まれた子供も大変ではないでしょうか?毎日父親と母親がいがみ合う状況で育つ子供は、かなり苦労するのではないでしょうか?

周りからの理解はあるか?

周りは赤ちゃんのことを理解してくれるかな?

「周りからの理解はあるか?」は産むべきかおろすべきか迷ったら検討するべきことの一つでしょう。

子供を産むべきかおろすべきか?で迷っている人の中には、不倫して妊娠した人もいるでしょう。 このような時に大変なのは、周りからの視線ではないでしょうか?

人が何を言おうとも全く気にしないというタイプの人であれば、問題はないでしょう。ところが、そういったことを気にする人にとっては、なかなか大変ではないでしょうか?「あの子は不倫の末に産まれた子供だ」などと、 親族から言われる場合もあるでしょう。

不倫の末に子供を授かった家庭の中には「娘が不倫して子供を産んだことは親戚には言っていない・・」というケースがあることを時々耳にするものです。

責任は取れるか?

産むべきかおろすべきか迷ったら検討するべきことの一つは「責任は取れるか?」です。

子供を産むべきかおろすべきか?で悩んでいる場合には、子供の責任は取れるか?も真剣に検討しなければならないでしょう。

結婚していても、子供がいなければ、取るべき責任は自分と配偶者だけになります。ところが、子供が生まれると将来的には、子供の責任もとらなければなりません。子供が何か問題を起こした場合、その責任を親が負わなければならないこともあるのです。

まとめ

いかがでしょうか? 産むべきかおろすべきか迷ったら検討するべきことは以下になります。 

育てられるのか?・覚悟はあるか?

健康状態は大丈夫か?・子供に愛情を感じるか?

経済的に大丈夫か?・子供の立場で考える

周りからのサポートはあるか?・パートナーとの関係は?

周りからの理解はあるか?・責任は取れるか?

子供を産むことでたくさんの素晴らしい事があります。また、それと同時に大変なこともあるでしょう。親としてどちらも経験することで、 多くのことを学ぶことができるのかもしれません。生まれてくる子供が楽しく前向きな人生を送れるよう、親として最大限のサポートをすることができるかどうか?も、子供を産む上で検討するべき重要なことではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました