人の恨みは恐ろしい10の理由

人生

人の恨みは恐ろしい10の理由

ピゴシャチ
ピゴシャチ

人から恨みほど怖いものは無いと思うよ。

イタチ
イタチ

性格が悪い人が恨みを抱いた時には手が付けられないね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

人の恨みは恐ろしい理由は以下になるよ。

人の恨みは恐ろしい理由 

終わりが見えない

人から恨みを買うといつ終わりになるのか分からないよ。

「終わりが見えない」のは人の恨みは恐ろしい理由の一つです。

人の恨みが恐ろしいことの一つに、終わりが見えないことがあります。例えば、誰かから恨みを買ったとしましょう。自分がたとえどんなに誠意を尽くして謝罪したとしても、相手がその謝罪を受け入れてくれるかどうかはわかりません。

人は誰でも恨みを抱くものです。自分が誰かに恨みを抱いた場合、その気持ちはいつまでも続くでしょう。人への恨みが消えないことはよくあるものです。逆に考えれば、恨みを買った場合、その状況の終わりが見えないことになります。

不貞行為をした人を観れば分かるでしょう。有名人の場合は、いつまでも言わるものです。そして、何度謝れば許されるのかも分かりません。

また、現在妻を虐めている夫も将来的に仕返しされるかもしれません。今現在経済的な理由から耐え忍んでいる妻が、密かに夫にダメージを与える方法を検討し、将来その時が来るのをじっと待っているかもしれません。

恨みを買えば、終わりが見えない状態に陥ってしまうのです。人の恨みは実に恐ろしいものではないでしょうか?

恨みを買う人にならないよう注意したいものです。

精神的に疲弊する

人の恨みは恐ろしい理由の一つは「精神的に疲弊する」です。

人間関係のストレスで苦しむ人は多いものです。学校、職場、近所づきあい、生活している限り多くの人間関係が存在します。人が関わる限り、ストレスが生じるような事態は避けられないと言っていいでしょう。

関わらない方がいい人 13の特徴

そして、そのような時の精神的疲労には困り果ててしまいます。こちらは何も悪いことはしていないにも関わらず、隣人から恨みを買ってしまい、嫌がらせをされ続けるという思いをしている人もいるでしょう。このような人は、精神的に疲弊しきっていることでしょう。 

話し合いが出来ない

恨みを持つ人とは話し合いが出来ないこともあると思うわ。

「話し合いが出来ない」のは人の恨みは恐ろしい理由の一つです。

話し合いが通用しない人がいるものです。もともと持っている性格もありますが、相手が自分に対して恨みを抱いた場合には、話し合いができなくなる場合が多いのではないでしょうか?

恨みを抱くという背景には、筋が通っている場合もありますが、大抵は感情の問題です。この感情が絡む限り、話し合いは非常に厳しくなるでしょう。話し合いができない以上当然ながら、問題の解決は進まないでしょう。 

些細な事でも大問題になる

人の恨みは恐ろしい理由の一つは「些細な事でも大問題になる」です。

食べ物の恨みは恐ろしいと言います。私は食べ物に関して誰かに恨みを抱いていることはありませんが、自分が残しておいたものを、誰かに横取りされたりした事実は確かに覚えているものです。

現代のような飽食の時代において、何時でも食べられるような些細な食べ物を横取りされたことを人間はしっかり覚えているものです。 食べ物のレベルでそうなので、人が誰かに対して恨みを抱いた場合、小さなことでも大問題になることよくあるでしょう。

たとえ些細なことであったとしても人から恨みを買うことは避けたいものです。我慢して爆発する人は、些細なことが積み重なった結果、ある日突然爆発することがあります。

想像が恐怖を加速させる

「想像が恐怖を加速させる」のは人の恨みは恐ろしい理由の一つです。

人から恨みを買うと恐ろしいことの一つに、想像が恐怖を加速させる部分があるでしょう。人間が恐怖を感じる時には、 理由がはっきりしている場合もありますが、自ら勝手に作り上げる恐怖に支配される場合もあるのではないでしょうか?

自分が想像している恐怖があたかも差し迫る恐怖のように感じてしまうと、いてもたってもいられなくなります。

例えば、略奪女性が誰かの夫や彼氏を奪ったとしましょう。そうすると、その妻や彼女が「自分の前に突然現れ何かされるかもしれない・・」そのような想像先行型の恐怖にとり憑かれるでしょう。 

相手の妄想が計算出来ない

人の恨みは恐ろしい理由の一つは「相手の妄想が計算出来ない」です。

人から恨みを買うことの恐ろしさの一つに、相手の妄想が計算できない部分があります。自分が恐怖を抱く場合には、ある程度想像の範囲を予想することができるでしょう。それは、自分自身というものをよく理解しているからです。

一方で、他者の考えなど想像できるわけがありません。この計算不可能な要素が、実に怖いものです。誰かを怒らせることがあった場合、相手はどこまで怒るのか?など決して想像できないでしょう。 

気付かぬように復讐される

恨みやすい人は目に見えないような陰険なやり方で復讐することも多いな。

「気付かぬように復讐される」のは人の恨みは恐ろしい理由の一つです。

人から恨みを買うと恐ろしいのは復讐されることです。復讐が実にわかりやすいものであったり、直接的なものであれば、こちらも対処をすることが可能です。

ですが、もし復讐方法が間接的であったり気づかないようにされる場合、なかなか対処することも難しく、実に困り果ててしまうのではないでしょうか?気付かぬうちに自分の足を引っ張る人がいた・・ということがあるでしょう。

そのように考えると人から恨みを買うことは実に恐ろしいものです。 

自分は忘れても相手は忘れない

人の恨みは恐ろしい理由の一つは「自分は忘れても相手は忘れない」です。

忘れた頃に良い知らせがあるのであれば、その時間的な間隔が喜びを増大させてくれるでしょう。一方で、人から恨みを買った時には、時間的な幅が恐怖を増幅させるでしょう。

自分が忘れでいたようなことでも、やられた方は何十年も覚えているなんてことはザラにあるでしょう。人から恨みを買うことの恐ろしさの一つに、そういった背景があります。

昔自分が誰かにしたことを、自分が忘れた頃に仕返しされるということは案外多いのではないでしょうか? 

どの位の反撃に遭うか分からない

人から恨みを買うと、どの位反撃されるのか見当もつかないよ。

「どの位の反撃に遭うのか分からない」のは人の恨みは恐ろしい理由の一つです。

人から恨みを持たれた時が恐ろしいのは、相手がどこまで自分に対して復讐してくるのかその反撃の規模が分からないことです。

自分に対してだけ復讐をしてくるのであればまだしも、自分の配偶者や家族、親族にまで手出しをしてくるかもしれません。例えば、復讐のターゲットが我が子になる場合、非常に厄介な状態になります。

やはり、人から恨みを買うような真似はしない方が良いでしょう。 

一度恨まれるとまず修復は不可能

人の恨みは恐ろしい理由の一つは「一度恨まれるとまず修復は不可能」です。

職場の人間関係などを見ているとよくわかるものですが、誰かに対して恨みを抱いた場合、恨みを抱いた方が許すということは殆どないのではないでしょうか?

職場にいた粘着質のおばさんは、誰からも嫌われるおばさんとして有名でしたが、自分が悪いにもかかわらず多くの人に対して恨みを抱いていたので、周囲が対処するのは非常に厄介なものでした。道理など、まず通じない相手だったのです。

一度恨まれると修復は不可能と考えておいたほうが無難でしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?人の恨みは恐ろしい理由は以下になります。

終わりが見えない・精神的に疲弊する

話し合いが出来ない・些細な事でも大問題になる

想像が恐怖を加速させる・相手の妄想が計算出来ない

気付かぬように復讐される・自分は忘れても相手は忘れない

どの位の反撃に遭うか分からない・一度恨まれるとまず修復は不可能

たとえどんなに注意しても人から恨みを買うということはあるのです。この状態に陥ったら耐え忍ぶしか方法は無いでしょう。ですが、自分の言動や行動に気をつけることは可能です。それを心がけるだけで人から恨みを買うことを減らすことができるでしょう。不要な恨みを買うような真似はしない方が良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました