支配欲の強い人の良い特徴 悪い特徴

人生

支配欲の強い人の良い特徴 悪い特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

支配欲が強い人がいるよね。

イタチ
イタチ

そうだね。自分がコントロールしないと気が済まないタイプだね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

支配欲が強い人の良い特徴、悪い特徴にはどのようなものがあるかな?

 

支配欲の強い人の良い特徴

統率力がある

支配欲が強い人は統率力があるね。

支配欲の強い人の良い特徴の一つは「統率力がある」です。

支配欲が強い人は大概、統率力があることが多いのではないでしょうか?強引ともいえるやり方をして、反感を買うことも多々あるかもしれませんが、その位でなければ人を束ねていくことなど難しいものでしょう。

組織で立場が上になればなるほど、多くの人をリードしていかなければなりません。様々な人を一つの方向へ導いていくには、支配欲の短所ともいえる強引さがなければ、統率していくことは出来ないでしょう。

オレ流がある

「オレ流がある」は支配欲の強い人の良い特徴の一つです。

支配欲が強い人はオレ流があるのではないでしょうか?「オレの言ったようにやっておけ」「黙って従っていればいい」と絶対的な自信をもってオレ流を貫こうとします。

これは一見、視野狭窄で短所にも思えますが、自分軸で生きるということを実践していることになります。長所とも言えるでしょう。

いざという時に頼りになる

支配欲が強い人はいざという時に頼りになるわ。

支配欲の強い人の良い特徴の一つは「いざという時に頼りになる」です。

支配欲が強い人が一人もいない集団で働いていることを想像してみましょう。恐ろしいことになりそうだと思わないでしょうか?

例えば、緊急事態に遭遇したとします。リードする人がいなければ、誰も何をしてよいかわからないか、皆それぞれ好き勝手なことを始め、緊急事態を乗り切れず全体が共倒れしてしまう危険性を秘めています。

支配欲がある人がいればこそ、いざという時でもどうにかなるのです。

相手に一途になる

「相手に一途になる」のは支配欲の強い人の良い特徴の一つです。

支配欲の強い人は、案外単純で分かりやすい性格をしているものです。ですから、恋愛においては相手に一途になってしまうタイプが多いのではないでしょうか?自分が相手を完全に支配したら他は目に入らなくなるのです。

多数の相手と関係を持ちたがる人は、相手に一途になることはないでしょう。逆に相手から一途になられると多数と関係を持つことは難しくなります。そのため相手に対して「ご自由にどうぞ。」という姿勢です。そこには支配欲のかけらもないでしょう。

支配欲の強い人の悪い特徴

自己顕示欲が強い

支配欲の強い人の悪い特徴の一つは「自己顕示欲が強い」です。

支配欲が強い人は、自分の成果をアピールすることも多いものです。「俺が〇〇した」「私が〇〇したおかげよ」などと積極的に周りに伝えることが多いでしょう。

相手にそれが聞こえていなければ、聞こえるまで言ったり、相手にそれが伝わっていなければ、伝わるまで何らかの形で繰り返しアピールしたがるでしょう。

プライドが高い

支配欲が強い人はプライドが高いかもね。

「プライドが高い」は支配欲の強い人の悪い特徴の一つです。

支配欲が強い人は、自分が一番であろうとするものです。ですから、プライドもかなりのものです。

上司に誤りを指摘されたときに、機嫌が悪くなって怒り出す人がいないでしょうか?「そんなのは知っている」「だから何なんだ」などと言う人です。実は「そんなことは知らなかった」「それを言われた自分が恥ずかしい」が本音でしょう。

このような人は、自分が支配する立場、つまり上の立場だと考えるプライドが高い人なのです。ですから、それを覆す要素が少しでも示されるものなら困惑して逆切れしてしまうでしょう。

身勝手

支配欲の強い人の悪い特徴の一つは「身勝手」です。

支配欲が強い人は多くの場合、身勝手な人であることが多いものです。「随分この人勝手なことばかり言うな・・」という人をみてみましょう。大概、相手を支配したがるタイプではないでしょうか?また、相手を偉そうに顎で使う人ではないでしょうか?

自分が一番だという意識が強ければ、横暴であることも許されると思っているのかもしれません。

人を見下す

支配にこだわる人は人を見下すことも多いかも。

「人を見下す」のは支配欲の強い人の悪い特徴の一つです。

支配欲が強くて、自分の思い通りに周りが動くようになれば「自分が一番だ」「自分は神だ」と思ってしまうこともあるでしょう。そうなると、自分以外は愚か者に思えてくるのではないでしょうか?

気づけば人を見下す人になっているのです。これは恐ろしい状況でしょう。自分で気づかぬうちにそうなってしまい、周囲の者は去ってしまうのです。自分がうまくいっている時ほど、謙虚さを身につける必要があるのではないでしょうか?

束縛したがる

支配欲の強い人の悪い特徴の一つは「束縛したがる」です。

恋愛において、相手に一途であることは良いことかもしれません。ところが、それが度を越えてしまうと束縛する人になってしまう可能性もあります。

支配欲が強い人は、相手を常に掌握したいという気持ちがあるものです。これは仕事ばかりではなく恋愛においてもそうでしょう。

あまりにも束縛が強すぎると、相手が愛想尽かすことになるかもしれません。

私利私欲に走る

支配欲が強すぎて私利私欲に走るケースもあるね。

「私利私欲に走る」のは支配欲の強い人の悪い特徴の一つです。

世間のゴシップになるような大物の多くは支配欲が強いのではないでしょうか?そして、このような大物が最後にメディアに叩かれるようになる時には、たいてい私利私欲に走っていることが多いのではないでしょうか?

自分の能力で成功し、支配欲がそこに加わると「世の中は自分のためにある」と勘違いしてしまうことが多いのではないでしょうか?そんな時、知らず知らずの間に謙虚さを忘れるのかもしれません。

短絡的

支配欲の強い人の悪い特徴の一つは「短絡的」です。

支配欲の強い人は、案外シンプルな考え方をすることが多いのではないでしょうか?人を支配しようと怒鳴ってみたり、強引なやり方をしてパワハラ認定されてしまうような結果になってしまいます。鞭ばかり使って人を従わせようとするものです。

しかし、支配欲が全くないような人が実は人を支配していることの方が多いのではないでしょうか?職場などで案外温厚に見える人が、実は人をうまくコントロールしていることが多いのは、飴と鞭を巧みに使い分けているからでしょう。

人の話を聞かない

うちの主人は威張ってばかりで人の話に耳を傾けてくれないわ。

「人の話を聞かない」のは支配欲の強い人の悪い特徴の一つです。

社会的に高い立場の人や起業して成功し支配欲が強いタイプの人は大概、人の話を聞かないことが多いのではないでしょうか?

「そんなことはいいから」などと話を遮ったり、話を聞いている素振りはしても実際人のアドバイスや意見を実行に移してくれることはないのではないでしょうか?

また、自分がどんなに間違っていることでも、素直に認めて改善することもできないことがあるのではないでしょうか?

圧力をかける

支配欲の強い人の悪い特徴の一つは「圧力をかける」です。

支配欲が強い人は、相手に圧力をかけることが多いのではないでしょうか?

言葉を使ってプレッシャーをかけることもあるでしょう。例えば「先月の営業成績やばかったから、今月どうにかしないと大変だよ。」などと、やんわりとも脅しのようでもある圧力のかけ方をすることもあります。

また、怒号を発するように態度で露骨に圧力をかけることもあるものです。

まとめ

いかがだったでしょうか?支配欲の強い人の良い特徴は以下になります。

 

統率力がある・オレ流がある

いざという時に頼りになる・相手に一途になる

 

支配欲の強い人の悪い特徴は以下になります。

 

自己顕示欲が強い・プライドが高い・身勝手

人を見下す・束縛したがる・私利私欲に走る

短絡的・人の話を聞かない・圧力をかける

 

支配欲が強い人は、統率力があったり、いざという時に頼りになるなど良い面もありますが、自己顕示欲が強かったり、暴走してしまうと私利私欲に走ってしまうなど悪い面もあります。良い特徴に可能な限り磨きをかけ、悪い特徴を減らしていきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました