金遣いが荒い人10の特徴・診断

人生

金遣いが荒い人10の特徴・診断

ピゴシャチ
ピゴシャチ

ビックリする位、金遣いが荒い人がいるよね。

イタチ
イタチ

そうだね。芸能人のそういう話を聞くこともあるよね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

金遣いが荒い人にはどのような特徴があるかな?

金遣いが荒い人 診断

以下の質問に答えることで、金遣い荒い人度合いが分かります。

 

Q1.物欲が強い方だと思う。

Q2.ストレスが多い生活をしている。

Q3.お金をかけずに喜びを得る方法が少ないと思う。

Q4.見栄を張りたがる方だ。

Q5.身の丈にあった生活ができない方だ。

Q6.面倒見が良すぎると思う。

Q7.ブランド志向だ。

Q8.将来の事を考えていない。

Q9.お金持ちの家で育った。

Q10.貧乏な家で育った。

 

該当個数1~2個・・・金遣いは荒くないでしょう。

該当個数3~4個・・・金遣いは荒い方かもしれません。

該当個数5個以上・・・金遣いは荒いでしょう。

金遣いが荒い人の特徴

身の周りに金遣いの荒い女性や男性がいて困っていませんか?「うちの旦那は何度言っても浪費が治らない」「嫁の金遣いの荒さが喧嘩の原因になる」「息子の金遣いの荒さが心配になる」などです。金遣いが荒い人の特徴は以下になります。

物欲が強い

物欲が強い人は、金遣いが荒い人が多いかもね。

「物欲が強い」は金遣いが荒い人の特徴の一つです。

金遣いが荒い人の中には、人よりも強烈に物欲がある人も多いのではないでしょうか?

お金を貯蓄する人は、通帳にお金がドンドン貯まることに喜びを感じ、あまり物を所有しなくても満足することが出来ます。

一方で、金遣いが荒い人は、通帳の中の数字よりも現実に存在するものに満足を感じる人でしょう。車、家、洋服、アクセサリーなどといったものを所有したがるのです。

ストレスが多い

金遣いが荒い人の特徴の一つは「ストレスが多い」です。

今の職場から逃げたいと思いながら、働いている人はストレスが多いものです。ストレス解消法には色々ありますが、お金を使ってストレスを解消する人は多いのではないでしょうか?

日々、人に気を遣いながら毎日 クタクタ になるまで働けば、パッとお金を使いたい衝動についつい駆られ、散財してしまうのではないでしょうか?

ストレスが減れば、そんな衝動も収まるのかもしれません。

お金をかけずに喜びを得る方法が少ない

金遣いが荒い人は、お金をかけずに喜びを得る方法が少ないのかもね。

「お金をかけずに喜びを得る方法が少ない」のは金遣いが荒い人の特徴の一つです。

お金を使わなくても喜びを得られる人がいます。例えば、家で過ごすのが好きという人達です。家の中で、まったりした時間を過ごすことで喜びを得ることが出来れば、あまりお金を使わずに生活することが出来るでしょう。

一方で、お金を使わなければ喜びを得られない人もいます。何処かへ出かける、何かを買う、何かのサービスを得る などと言うようにお金を使わなければ喜びを得られない人は、どうしても金遣いが荒くなってしまうのではないでしょうか?

見栄を張りたがる

金遣いが荒い人の特徴の一つは「見栄を張りたがる」です。

自慢する人の中には、お金を持っていることや、人前でお金を豪快に使うことに爽快感を感じる人もいます。このような人は、見栄を張る人なのでしょう。

見栄を張りたい気持ちも分からなくはないですが、問題はそれをすると金遣いが荒くなってしまうことではないでしょうか?

たまにお金を使う位では人から注目してもらえないでしょう。人からの気を引くためには、派手さが必要になるものです。結果的に、金遣いも荒くなってしまうでしょう。

身の丈にあった生活ができない

「身の丈にあった生活ができない」は金遣いが荒い人の特徴の一つです。

お金にだらしない人がいます。給料が入ってくると、自分が欲しいものを次々と買ったりするなど、お金をどんどん使いたくなる人です。

生活に必要なお金があります。食費、水道光熱費、住居費などです。こういった生活に必要なものまで切り詰めて、他のものに散財してしまう人は、身の丈に合った生活ができない金遣いが荒い人であるでしょう。

面倒見が良すぎる

金遣いが荒い人の特徴の一つは「面倒見が良すぎる」です。

自分の職場の若い人、学生時代の後輩などと良好な関係を築いている人の中には、面倒見が良すぎる人がいるのではないでしょうか?

自分よりも年下の人と出かける時は、必ずおごるようなことを常にしていれば、お金がどんどん無くなっても不思議ではないでしょう。

あまり面倒見が良すぎるのも、問題があるのではないでしょうか?

ブランド志向

ブランド志向であれば、金遣いは荒くなっても不思議ではないな。

「ブランド志向」なのは金遣いが荒い人の特徴の一つです。

とにかくブランドが好きと言う人がいます。全てのものをブランド品だけで固める人です。これが趣味であるのであれば、それは悪い事ではありません。ですが、問題は金遣いの荒さに繋がるケースです。

全てのものをブランド品で固めようと思えば、当然ながらお金はドンドン出ていきます。生活が成り立つ人は良いでしょう。成り立たない人は生活の仕方を考え直す必要があるでしょう。

将来の事を考えていない

金遣いが荒い人の特徴の一つは「将来の事を考えていない」です。

夫が妻に相談せずに、高級外車を買ってしまい、それ以降不仲な夫婦になってしまった人の話を聞いたことがあります。

子供がいれば将来教育費用がかかるでしょう。また、いつか家を持ちたいと思えば、それなりの生活を継続しなければ、将来それを実現できないでしょう。

金遣いが荒い人は、そういった将来のことをあまり考えていない計画性のない人と言えるでしょう。

お金持ちの家で育った

お金持ちの家で育つと、世間一般の金銭感覚とは違うことはあるよね。

「お金持ちの家で育った」のは金遣いが荒い人の特徴の一つです。

高校生位の時から、毎月10万円位のお小遣いを貰っていた人などにあったり、そういった話を聞くことはないでしょうか?世間一般、中流階層のサラリーマンが、月々数万円のお小遣いでやりくりをしている中でこの金額は驚愕でしょう。

このようにお金持ちの家で育った人は、良し悪しは別として金遣いが自然に荒くなるのではないでしょうか?

貧乏な家で育った

金遣いが荒い人の特徴の一つは「貧乏な家で育った」です。

貧乏な家で育った人の中には、お金遣いが荒い人もいるのではないでしょうか?例えば、小さい頃に食べるのにも困っていた人が、その後努力をしお金を稼ぐ人になることがあります。

幼少期に、欲しいものがあっても手に入らないという中で、我慢を強いられる生活が長かった人などは、お金を手にすると、お金に執着する人になったり、ついつい必要以上に買ってしまうことがあるのではないでしょうか?

かつての貧乏生活はハングリー精神となり、働く上での強力なパワーにもなりますが、金遣いの荒さという結果にもなり得るでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?金遣いが荒い人の特徴は以下になります。

 

物欲が強い・ストレスが多い

お金をかけずに喜びを得る方法が少ない・見栄を張りたがる

身の丈にあった生活ができない・面倒見が良すぎる

ブランド志向・将来の事を考えていない

お金持ちの家で育った・貧乏な家で育った

 

金遣いが荒い人は、ストレスや育った背景など環境的要因も大きいかもしれません。それと同時に、生活習慣の問題もあるかもしれません。金遣いが荒いのを直したいと思ったら、まず身の丈に合った生活を心掛けることから始めてみるのが良いのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました