自分が嫌になった時10の対処法

人生

自分が嫌になった時10の対処法

ピゴシャチ
ピゴシャチ

自分が嫌になる時があるな・・

イタチ
イタチ

そんな心境になることが時々誰でもあると思うな。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

自分が嫌になった時に対処する方法には以下のようなものがあるよ。

自分が嫌になった時の対処法

自分には長所も沢山あると考える

人は長所も沢山持っているものよね。

「自分には長所も沢山あると考える」のは自分が嫌になった時の対処法の一つです。

自分が嫌になると、ついつい自分の悪い事ばかりに目がいかないでしょうか?「自分はどうして人の悪口ばかりいうのだろう・・・」「どうしてクヨクヨしてしまうのだろう・・」などと、自分の嫌な事が沢山頭に浮かんでくるものです。連鎖反応でドンドン悪いことばかりが頭に浮かんできます。そうなれば、更に自分のことが嫌になるのではないでしょうか?

ところがどんな人も悪い部分ばかりでは無くて、良い部分もあります。この良い部分を沢山考えることに集中すれば、自分が嫌になる連鎖反応にブレーキをかけることが出来るでしょう。そして、自分は悪いところばかりではなくて、良いところもあると思えるようになるでしょう。

悪いことを考えはじめるとキリがなくなると考える

自分が嫌になった時の対処法の一つは「悪いことを考えはじめるとキリがなくなると考える」です。

否定的なことを考え始めると、どんどん悪いことを考え始めるものです。良いことを沢山考えるよりも、悪いことを沢山考える方が簡単なのが人間ではないでしょうか?

自分の短所ばかりがドンドン頭に浮かべば、自分が嫌になってしまうのは簡単なものです。否定的な考えが浮かぶ時は、自動思考を止めることを考えなければなりません。そんな時には「悪いことを考えはじめるとキリがない」と思うのが良いのではないでしょうか?

疲労回復に努める

身体が疲れていると気が滅入ってしまうことが多いな。

「疲労回復に努める」のは自分が嫌になった時の対処法の一つです。

毎日 クタクタになるまで働いていると、肉体疲労も相当ですが、精神的な疲労も大きいでしょう。そんな時は、自分が嫌になってしまう時が多いのではないでしょうか?自分が悩むつもりは無いのに、ドンドン悩みが拡がり、悩みのドツボにはまるケースです。疲れている人は気が滅入るものです。

そのような傾向がある人は、疲労回復を積極的に取ると良いでしょう。

完璧な人はいないと考える

自分が嫌になった時の対処法の一つは「完璧な人はいないと考える」です。

どんな人でも完璧な人はいないものです。顔は綺麗でも僻みっぽい人がいたり、頭は非常に良いけれど、見た目があまり良くない人など様々な人がいます。

冷静に考えてみると、どんな人でも欠点はあるのです。自分が嫌になる時は〝自分が世界中で一番どうしようもない人〟に感じたりすることもあるかもしれませんが、自分の周りにも完璧な人はいないと思えないでしょうか?そう思えれば、自分も案外悪くないと思えるでしょう。

自分の好きな事をしてみる

「自分の好きな事をしてみる」は自分が嫌になった時の対処法の一つです。

自分の周りにいる何かに打ち込む人を観てみましょう。大概、悩みとは無縁のような顔をしていないでしょうか?自分が好きなことに没頭することで、悩みを忘れることが出来るからではないでしょうか?

自分が嫌になった時は、積極的に何かに打ちこむ事で、嫌な気分を忘れたり、思考を断ち切ることが出来るでしょう。

とりあえず寝てみる

自分が嫌になった時の対処法の一つは「とりあえず寝てみる」です。

自分が嫌になったら、その精神状態をいち早く切ることが重要です。色々な方法がありますが、手っ取り早い方法は寝てみることではないでしょうか?

あれだけ悩んでいたのに、寝て起きたらスッカリ忘れていた・・と言う時がないでしょうか?それをうまく利用すると良いでしょう。寝てみることで、自分が嫌になった時のモヤモヤした気持ちを断ち切ることが出来るでしょう。

嫌になった状態で勉強をしたり作業をするのが難しく、時間を無駄にしてしまいそうなら、寝てみるのは良い方法の一つです。

通常の生活をおくることを意識する

通常生活を続けていると嫌な気分が吹き飛ぶこともあるわね。

「通常の生活をおくることを意識する」は自分が嫌になった時の対処法の一つです。

自分が嫌になると、ついつい人と会いたくなくて人を遮断してしまったり、食欲がないから夕飯を食べない・・などという行動を取るのではないでしょうか?

ところが、これをしてしまうと案外精神的に悩む深みにはまり、さらに気分が落ち込み、自分が嫌になってしまうのではないでしょうか?

自分が嫌になった時は、あまり会いたくなくても友人と会ったり、食欲がなくても普通に食べるなどし、普通の日常生活を送ることを心がける方が、気分の落ち込みを忘れることが出来るのではないでしょうか?普通の生活をしていることで「ああいつの間にか忘れていた」という事が沢山あるはずです。

悩むのが人生だと考える

自分が嫌になった時の対処法の一つは「悩むのが人生だと考える」です。

自分が嫌になった時は「人生悩みが多いな・・」と誰しも思うものではないでしょうか?これは、悩みが無い状態が通常の状態だと考えているから思う事ではないでしょうか?一層のこと、逆に「悩むのが人生だ」と思うのはどうでしょうか?

悩むのが人生だと割り切れば、自分が嫌になるなど悩みが出てきても、必要以上に悩みがあることを気にかけなくても済むのではないでしょうか?悩みがあるのが通常だと開き直れるでしょう。

大概の悩みはちっぽけなものと考える

人間はちっぽけなことで案外悩むものだよ。

「大概の悩みはちっぽけなものと考える」のは自分が嫌になった時の対処法の一つです。

何かに関して思いつめ自分が嫌になった時は〝世界で一番不幸な人〟に感じるものですが、冷静になって考えてみると「なんてちっぽけなことで悩んでいたのだろう」と思えるはずです。

例えば、職場の人間関係で悩んでいても、自分の人生のという大きなカテゴリーからみれば実に小さな話であるはずです。大概の悩みはちっぽけであると考えると、気分が少し楽になるのではないでしょうか?

自分が嫌になるということは謙虚な証拠と考える

自分が嫌になった時の対処法の一つは「自分が嫌になるということは謙虚な証拠と考える」です。

「自分の事が大好きだ」と考えるのは、自己肯定感が高くて良い事でもありますが、考え方によっては傲慢でうぬぼれが強い人とも言えるのではないでしょうか?そういう人に限って威張る人であったりするものです。

一方で、自分が嫌になる時は、自分の嫌なところが目についたり、気になってしまう時でしょう。これはネガティブ思考とも言えますが、謙虚さを身につけることが出来ているとも言えるのではないでしょうか?他者と比較し、自分もまだ未熟であると悟っているからこそ、自分の嫌なところに目が行くのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?自分が嫌になった時の対処法は以下になります。

 

自分には長所も沢山あると考える

悪いことを考えはじめるとキリがなくなると考える

疲労回復に努める・完璧な人はいないと考える

自分の好きな事をしてみる・とりあえず寝てみる

通常の生活をおくることを意識する

悩むのが人生だと考える

大概の悩みはちっぽけなものと考える

自分が嫌になるということは謙虚な証拠と考える

 

誰しも自分が嫌になる時はあるものです。そんな時に重要なことは、冷静になることではないでしょうか?そんな時は可能な限り、客観的な事例を考えてみることではないでしょうか?「自分が嫌になることもあるけれど、長所も沢山ある」などと言ったようにです。また、肉体疲労が自己嫌悪を加速させることもあるので、疲労回復も重要になるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました