自己嫌悪 しんどい人10の特徴

人生

自己嫌悪 しんどい人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

誰しも時々、自己嫌悪に陥るけれど、いつもそんな気持ちを抱えている人も少なからずいるだろうね。

イタチ
イタチ

そうだね。自分のことが嫌になると凄く辛いだろうね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

自己嫌悪 しんどい人の特徴は以下になるよ。

自己嫌悪 しんどい人の特徴

完璧主義

完璧主義だから、少しのミスでも凄く嫌な気分になるよ。

「完璧主義」なのは自己嫌悪 しんどい人の特徴の一つです。

自己嫌悪でしんどくなる人は、完璧主義な人が多いのではないでしょうか?物事をしっかりきちんとこなそうという気持ちを持てば持つほど、 現実とのギャップに苦しんでしまうのです。

ですが、完璧主義には終わりというものがありません。第三者から見れば、しっかりしたことをしているのにも関わらず、完璧主義にとらわれると自己嫌悪に陥ります。その結果、しんどい気分になってしまうのです。自分で自分を追い込む人であるといって良いでしょう。

「別に完璧にやらなくてもいいんだ」と割り切れることができれば、しんどさから解放されるでしょう。 

人と比較する

自己嫌悪 しんどい人の特徴の一つは「人と比較する」です。

「あそこの家のお母さんは、子供のためにあんなにシッカリやっている」「友人は、夫のためにあんなに尽くしている」「妹夫婦の家は、あんなに優雅な生活をしている」などと、人と比較する人も多いのではないでしょうか?

人と比較すればするほど、自分が惨めな気持ちになります。自分よりも上の人達と比較すればするほど、自己嫌悪でしんどい気持ちになってしまうでしょう。比較をやめることが大切です。 

他人と比較し劣等感を持つ10のデメリット

劣等感がある

劣等感のせいで、辛い気持ちになることが多い・・。

「劣等感がある」のは自己嫌悪 しんどい人の特徴の一つです。

物事をポジティブに考えることができる人と、そうでない人がいるものです。物事をネガティブに考える人は、人と比較した時に、自分の劣っていることのみに焦点を当ててしまいがちなのではないでしょうか?

例えば、友人と比較してみたとしましょう。友人が自分よりもルックスが良くて男性にモテるとしましょう。劣等感を感じやすい人は、このような状況を目の当たりにした時に、その点に関してのみ考えがちです。

実際に、友人はルックスが良くても、家庭環境に問題があったりして精神的に苦しんでいるという事実があったりする場合もあります。

自己嫌悪に陥りやすい人はルックスで劣っているという部分にしか考えがいかなくなるのです。そうなれば、自分のことが嫌いになったとしても不思議ではありません。 

競争で考える

自己嫌悪 しんどい人の特徴の一つは「競争で考える」です。

物事を何でも競争で考える、極度の負けず嫌いな人を相手にするのは非常に疲れるものです。 そのような人は、他人から嫌われることも多いですが、自分自身に対しても嫌気がさしている場合も多々あるのではないでしょうか?

人から言われたことを何でも競争と結びつけてしまい考え始め、人から反感を買うようなことをついつい言ってしまったりするのです。

自分のことが嫌だということが解っているにも関わらず、人からも嫌われるようになると、ますます自己嫌悪に陥るでしょう。

深堀りして考える

「深堀して考える」のは自己嫌悪 しんどい人の特徴の一つです。

物事を全く考えてない人もいますが、逆に深掘りして考えすぎる人もいるものです。このような人は、自己嫌悪に陥りやすいのではないでしょうか?そしてしんどい気持ちになってしまうのです。

深く掘り下げることのメリット デメリット

例えば、人から少し馬鹿にされたとしましょう。人のことを馬鹿にする人など世の中にはたくさんいるものです。このような時に「言わせておけば良いさ」と割り切れる人は、あれこれと余計なことを考えて自己嫌悪に陥り、しんどい気分になるならないでしょう。

ところが、深掘りする人は「自分はダメな人間なんだ」などと考え始め、自己嫌悪に苦しんでしまうのです。 

物事を悪く考える

自己嫌悪 しんどい人の特徴の一つは「物事を悪く考える」です。

物事を何でも悪く考えるタイプのネガティブな人は、自己嫌悪に陥りやすいと言えるでしょう。極論を言えば、誰から見ても悪い出来事であるにも関わらず、 本人がそれを良い出来事だと信じることができれば、 あまり嫌な気分になったり自分を責めることにはならないでしょう。

一方、誰が見ても良い出来事であるにも関わらず、 本人はそれがネガティブにしか捉えることができなければ、辛い気持ちになったり、自分を責める方向で物事を考え始めるのではないでしょうか? 

理想に囚われている 

高すぎる理想像は自分を苦しめることもあると思う。

「理想に囚われている」のは自己嫌悪 しんどい人の特徴の一つです。

理想像を持ち、それに向かって頑張り続けることができる人は、その理想像を大切にすると良いでしょう。

一方で、理想像を持つことで自己嫌悪に陥りやすい人は、理想像に捕らわれているので、一度その理想像をリセットしてみる必要があります。

理想像を、自分にとって無理のない達成可能な水準にすることで、理想に到達する事が出来ずに自己嫌悪に陥るということは少なくなるでしょう。 

過去の失敗を引きずる

自己嫌悪 しんどい人の特徴の一つは「過去の失敗を引きずる」です。

どんなに能力がある人や運が良い人でも、一生成功し続けたり良い思いばかりするという人はいないものです。

運が良く見える人は、過去の失敗を必要以上にネガティブに考えずに、それを将来のために前向きに役に立てようとすることでしょう。良い意味で過去を振り返らない人なのです。

一方で、自己嫌悪に陥りやすい人は、失敗を失敗としか捉えることができず、それをいつまでも忘れずに何度も思い出します。そして、そうするたびに嫌な気持ちになってしまうのです。

過去の失敗は取り戻すことはできないのですから、それを将来に役立てる方向で活かす方が、前向きな気持ちになれるのではないでしょうか? 

他人の目を意識し過ぎる

人は人、自分は自分と割り切れると強くなれるね。

「他人の目を意識し過ぎる」のは自己嫌悪 しんどい人の特徴の一つです。

人目を気にすると、毎日生活する中でストレスが溜まって仕方がないのではないでしょうか?例えば「クラスメイトが自分の悪口を言っている」という状況を目の当たりにしたとしましょう。

そのような時に「周りが自分の悪口を言っている・・自分はダメな人間なんだ」と考えてしまうと、自己嫌悪に陥ります。

ですが、同じ状況でも「周りは自分の悪口を言っているけれど、言いたければ言っていれば良い。」と割り切ることができる人は、自己嫌悪に陥らなくて済むでしょう。

自己嫌悪に陥らない方法の一つとして、他人の目を意識しすぎないことも重要でしょう。人は人、自分は自分です。

自分の良いところを評価していない

自己嫌悪 しんどい人の特徴の一つは「自分の良いところを評価していない」です。

誰にでも良い所と悪い所があるものです。自己嫌悪に陥りやすい人は、悪いところばかり見て良いところを評価していないことが多いのではないでしょうか?

よく、お金持ちでルックスも良いという誰もが羨むような人が、精神的に苦しんでいるということがあります。

もしこのような人が、自分の良いところばかり考えることができるタイプであれば、自己嫌悪に陥るということは少なくなるでしょう。自己嫌悪に陥らないためには、自分の良いところを積極的に評価する姿勢も必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか?自己嫌悪 しんどい人の特徴は以下になります。

完璧主義・人と比較する

劣等感がある・競争で考える

深堀りして考える・物事を悪く考える

理想に囚われている ・過去の失敗を引きずる

他人の目を意識し過ぎる・自分の良いところを評価していない

自己嫌悪に陥りやすい人は辛い気持ちになりがちです。 度々自己嫌悪に陥る人は、どこかのタイミングでそんな気持ちを断ち切る必要があります。シンプルな解決策の一つは、人との比較をやめることでしょう。また、あまり高い理想像を持たないことも大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました