自由に生きている人10の特徴

人生

自由に生きている人の10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

“自由に生きている人だな”と感じる人がいるよね。

イタチ
イタチ

そうだね。そんな生き方が出来れば幸せだよね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

自由に生きている人の特徴は以下になるよ。

自由に生きている人の特徴

自分の幸福を優先出来る

自分の幸せを優先出来る人は自由に生きている人だと思うわ。

「自分の幸福を優先出来る」のは自由に生きている人の特徴の一つです。

自由には様々な自由がありますが、自分の幸福を最優先できることが、自分の自由な生き方につながるのではないでしょうか?

たとえどんなに、経済的な自由があったとしても、自分の幸福を最優先できない状況であれば、自由に生きているとは言えないのではないでしょうか?

例えば、お金持ちの夫であったとしても、夫の束縛がひどかったり、不仲な夫婦でありながらも子供たちのために無理矢理、結婚生活を継続しているとしましょう。これでは、自分の幸福を最優先出来ないものです。結果として、自由な生き方とは程遠い状態になるのではないでしょうか?

自分の考えを最優先する

自由に生きている人の特徴の一つは「自分の考えを最優先する」です。

生活環境によっては、自分の考えを最優先できないこともあるのではないでしょうか?例えば、こだわりが強い夫で、自分の考え方を曲げないタイプだとしましょう。そうすれば、結果として夫の考えに従って生きることになるでしょう。

これでは、たとえどんなに相手から指図を受けなかったとしても、相手の考え方に無理矢理従うこととなり、自由な生き方とは言えなくなるのではないでしょうか?

人の指図を受けない

俺は人の指図は受けないよ。

「人の指図を受けない」のは自由に生きている人の特徴の一つです。

誰かの指図とともに、毎日の生活を送るのは大変ではないでしょうか?

会社にいれば、当然ながら上司や同僚の指図を受けることがあるでしょう。また、家庭に入れば妻や夫の指図や義理の親達の指図を受ける時もあるかもしれません。

指図があることで、だらしない生活をしないで済んだり、自分自身を律することに繋がることもあるかもしれませんが、そういった人達からの指示が自分自身を束縛しているとも言えるでしょう。

自由に生きるためには、人からの過剰な指図を受けない状態が必要ではないでしょうか?

環境の制約を受けない

自由に生きている人の特徴の一つは「環境の制約を受けない」です。

自由を奪うものには、環境の制約もあるのではないでしょうか?

例えば、介護に追われる人などがいます。このような人はなかなか自由になれないでしょう。また、経済的に困窮していて、自分のやりたいことを自由にやれない人もいるでしょう。

人間が自由に生きるためには、環境の制約を受けないことも重要になるのは多くの人が思うことではないでしょうか?

例えば、定住したくない人がいます。定住することで、環境の制約を受けると考える人も少なからずいるでしょう。

前向き

「前向き」であるのは自由に生きている人の特徴の一つです。

自由に生きている人は、前向きな気持ちで生きているポジティブな人が多いのではないでしょうか?

同じ困難を抱えていたとしても、どれだけ前向きな気持ちになれるかによって、自由に生きていると感じるかどうかに大きな違いが生まれるのではないでしょうか?

例えば、生まれながら健康上の問題を抱えていたとしましょう。「人間生きていれば、一つや二つ位、健康上の問題を抱えるものだ」と前向きな気持ちになれる人にとっては、健康上の問題は不自由な生活には繋がらないでしょう。

一方で「自分ばっかり、どうしてこんな目に遭うのだろう?」と毎日思い悩んでいれば、健康上の問題が自分の自由を奪っていると感じてしまうのではないでしょうか?前向きな気持ちで生きることが、自由に生きることに結びつくのではないでしょうか?

時間に余裕がある

自由に生きている人の特徴の一つは「時間に余裕がある」です。

自由に生きるためには、時間の余裕も必要ではないでしょうか?

高いサラリーを得られる仕事についていたり、優しい妻や夫に恵まれていたとしても、毎日の仕事や家事に追われると、時間に余裕がなくなります。これでは、なかなか自由に生きてるとは言えなくなるのではないでしょうか?

あまり自由がありすぎると、ダラダラとした生活を送ってしまうこともあり、良くないかもしれません。ですが、労働と睡眠のための時間しか毎日なければ、自由を奪われているのではないでしょうか?

だらだらしない7つの方法

困難のハードルが低い

困難を抱えている時に、そのハードルが高ければ、自由は大きく奪われると思うな。

「困難のハードルが低い」のは自由に生きている人の特徴の一つです。

人間が何か困難に直面した時に、そのハードルが高ければ高いほど不自由であると感じるのではないでしょうか?

例えば、莫大な借金を背負ってしまったとしましょう。金額が大きければ大きいほど、返済までのハードルは高くなってしまいます。これでは自由に生きていると考えるのは難しくなるのではないでしょうか?

一方で、借金が1万円位だったとしましょう。ほとんどの人は、この金額であればプレッシャーに押し潰される事はなくなるはずです。これは、返済までのハードルが低いからでしょう。結果として、自由を奪われた状態にはならないのではないでしょうか?

心に余裕がある

自由に生きている人の特徴の一つは「心に余裕がある」です。

人間は自分の心に余裕がなくなると、自由を奪われていると感じるのではないでしょうか?

例えば、職場に自分が苦手なタイプの人がたくさんいたとしましょう。このような人に気を遣いながら、毎日仕事をこなすのでは、いつか心に余裕がなくなってしまうかもしれません。このような状況では、自由に生きていると言えなくなるのは言うまでもないでしょう。

一方で、仕事仲間に恵まれていれば、たとえ毎日クタクタになるまで働いていたとしても、自由に生きていると考えることも出来るのではないでしょうか?

嫌な事を忘れる

嫌な事を忘れることが出来る人は、自由な生き方を実現しやすいと思うわ。

「嫌な事を忘れる」のは自由に生きている人の特徴の一つです。

自由に生きるためには精神的な自由も必要になるものです。精神的な自由を奪ってしまう要素には、様々なものがありますが、自分の嫌なことをいつまでも考えている状態では、自分の心から自由を奪ってしまうのではないでしょうか?

人に言えない過去を持つ人10の対処法

嫌なことを、すぐに忘れることができる人がいるものです。このような人は、精神的なストレスから解放され、自由な人として生きていくことができるのではないでしょうか?

充実感を感じる

自由に生きている人の特徴の一つは「充実感を感じる」です。

経済的自由が無かったり、毎日の仕事に追われ、自由な時間がなかったとしても、充実感を感じることができれば、自由に生きていると感じることができるのではないでしょうか?

例えば、夫の給料が世の中の平均的なもので、経済的に家族で頻繁に旅行に行くのは難しいとしましょう。ですが、家族での生活に充実感を感じられるのであれば、経済的制約はあったとしても、不自由な生活を送っていると感じることが少ないのではないでしょうか?むしろ、割合自由な生活を送っているとさえ、考えることが多いのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?自由に生きてる人の特徴は以下になります。

 

自分の幸福を優先出来る・自分の考えを最優先する

人の指図を受けない・環境の制約を受けない

前向き・時間に余裕がある・困難のハードルが低い

心に余裕がある・嫌な事を忘れる・充実感を感じる

 

自由に生きている人であるかどうかは、金銭や時間といった物理的な自由さもありますが、自分の考え方に左右される部分も多いのではないでしょうか?もし今「自分は自由に生きていない」と考える時があるのだとすれば、見方を少し変えてみることで、自分の自由度合いが大きく変わることもあるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました