品がない人10の特徴

人生

品がない人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

他に良い所が沢山あるのに、品がない人と総合評価されるのは勿体ないね。

イタチ
イタチ

そうだね。上品だと思っていたのに、下品だと感じるとショックを受ける時もあるね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

品がない人の特徴は以下になるよ。

品がない人の特徴

食べ方が汚い

食べ方が汚いと、品がない人と言われることが多いと思うわ。

「食べ方が汚い」のは品がない人の特徴の一つです。

どのような時に人は「この人は品がない」と感じるのでしょうか?様々な状況が考えられますが、食べ方が汚い場合、そのように感じる人も多いのではないでしょうか?

口の周りをベトベトにしながら食事をしたり、スープをすすりながら飲んだりする人には、興ざめではないでしょうか?

振る舞いや言葉遣いはすごく上品なのに、食事をした時に食べ方が汚いとかなりがっかりさせられるものです 。

相手のことをすごく尊敬したいたのにも関わらず、食べ方が汚いというだけで、一気に評価が下がることも多いでしょう。 

言葉遣いが悪い

品がない人の特徴の一つは「言葉遣いが悪い」です。

すごく見た目がハンサムで優雅にさえ感じられたにも関わらず、言葉遣いが悪いだけで一気に品が無い人になってしまうこともあるでしょう。

例えば、一見上品そうに見えた人が「オマエそれやっとけ!」という言葉遣いをしていれば、一気に品がない人に思えてしまいます。

上流階級の言葉遣いはなかなか出来ないのかもしれません。ですが、世間一般常識の範囲内の言葉遣いだけは出来なければ、品に関わってくるでしょう。 

行儀が悪い

行儀が悪いと、品がないと多くの人が思うと思うよ。

「行儀が悪い」のは品がない人の特徴の一つです。

週刊誌などを観ていると、芸能人が何処かにいる時の様子が記されているものです。例えば、飲食店や公共機関などです。

そして、その人が後々問題を起こした時に、その時のエピソードが呟かれていたりします。有名人は、気付かれていないようで気付かれていたり、見られていないようで見られているものです。

静かにしていなければならない場所で、大声をあげて騒いだりしていると、振る舞いに問題があると見なされ、品がない人というレッテルを貼られるものです。

芸能人ほどではありませんが、一般人も、行儀が悪ければ品がないと思われるでしょう。 

図々しい

品がない人の特徴の一つは「図々しい」です。

「親しき仲にも礼儀あり」と言います。 少し仲が良くなったくらいで、非常識なお願いをしてくる厚かましい人がいないでしょうか?そして、そのような人に対して、多くの人は品がないと感じるのでしょう。

イライラさせる人の中には、言葉や態度の中に図々しさが見え隠れすることが多いのではないでしょうか? 常識的な人は、品がない人にはイライラさせられることが多いでしょう。

強欲

「強欲」なのは品がない人の特徴の一つです。

お金持ちな人の中には、品がある人が多いのではないでしょうか?ですが時折、かなりのお金持ちなのにも関わらず、それが全く感じられない人もいるものです。

両者の違いは一体何処から来るのでしょうか? それは欲深さではないでしょうか? 人に迷惑をかけずに自分で努力し、お金を稼いだ人は何も問題ありません。

ところが、 人を騙したりした結果経済的に恵まれたとしても、単に強欲な人であり品が感じられない場合が多いのではないでしょうか?

食い下がる

品がない人の特徴の一つは「食い下がる」です。

お店をやっている人の中には、迷惑な客がいて困ることも多いのではないでしょうか? 何度もお願いしているにも関わらず、最低限のルールすら守ってくれないお客さんは厄介な存在であり店にとっては嫌な客でしょう。

例えば、返品に関するルールが決まっているにも関わらず、ルールを守ることなく一方的に主張ばかりし食い下がるタイプの人です。

このような人を目にして「この人は品のないお客さんだな・・」と感じることもあるのではないでしょうか? 

余裕がない

余裕があるか無いかで品の問題に繋がると思うわ。

「余裕がない」のは品がない人の特徴の一つです。

品があると感じる人はどのような人でしょうか?それは余裕がある人ではないでしょうか?

精神的、経済的な余裕がある人は大抵、品がある人が多いのではないでしょうか?一方で、いつも怒ってばかりいたり、喧嘩ばかりしている人に対しては品を感じないことでしょう。

お金に対して、必要以上にがめつい人も同様ではないでしょうか?余裕がないと品を感じられなくなることが多いのではないでしょうか? 

常識がない

品がない人の特徴の一つは「常識がない」です。

我々が生活している社会は、ルールで成り立っています。法律などもちろんですが、常識というルールの下に生活しているのではないでしょうか?

そして、常識がない人に対して、多くの人は品がないと感じることでしょう。一般的に多くの人は、小さな頃から少しずつ常識について親などから学んでいることでしょう。この常識感覚が相手と違い過ぎて相手に問題があると感じる場合「この人は品がない」と思わず思うのでしょう。 

周りに恥をかかせる

人に恥をかかせる人は大抵、品がないと思うな。

「周りに恥をかかせる」のは品がない人の特徴の一つです。

「この人が来ると必ず恥をかかされる」という知り合いを持つ人も多いのではないでしょうか?恥をかかされる理由には様々なものがありますが、品がない場合が多いでしょう。

例えば品が無い人は「常識ではそんなプライバシーに関することは尋ねないだろう」ということを尋ねたりするものです。また、言葉遣いが乱暴であったり、 食事の作法がなっていなかったりもします。

フォーマルな状況が求められているにも関わらず、それに対応することができない人は、周りの知り合いに恥をかかせることになります。そして「品がない人」と思われるでしょう。 

年齢に相応しくない振る舞い

品がない人の特徴の一つは「年齢に相応しくない振る舞い」です。

イヤイヤ期にいる小さな子供が駄々をこねたりするのは解ります。ですが、大人が年齢に相応しくない振る舞いをすると、呆れ返るのと同時に「この人には品格が感じられない」と思ってしまうのではないでしょうか?

例えば、そんなに親しくもない人から誕生日プレゼントなどをねだられたりすると、図々しいと感じるのと同時に、相手の品の無さに気分が重たくなるものです。 

まとめ

いかがだったでしょうか?品がない人の特徴は以下になります。

食べ方が汚い・言葉遣いが悪い

行儀が悪い・図々しい

強欲・食い下がる

余裕がない・常識がない

周りに恥をかかせる・年齢に相応しくない振る舞い

もし身近に品がない人がいる時には、その人を反面教師にし自らが同じ状態にならないようにしたいものです。 また、子供がいる場合、小さな頃から人から品がないと思われる行動だけはしないように、少しずつ教えていく方がその子の将来の為になるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました