病院に行かない人10の特徴

人生

病院に行かない人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

病院に行くことを頑なに拒む人がいるよね。

イタチ
イタチ

私の知り合いにもそういう男性がいるわ。困ったものだよ。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

病院に行かない人の特徴は以下になるよ。

病院に行かない人の特徴

親思いの息子や娘が、何度お願いしても病院に行かない父や母に手を焼いているケースは多いのではないでしょうか?また、病院に行かない夫と口論してしまう妻も多いのではないでしょうか?病院に行かない人には、どのような特徴があるのでしょうか?

頑固者

父が病院に行かなくて、家族皆困り果てているわ・・

「頑固者」なのは病院に行かない人の特徴の一つです。

病院に行かない人は、若者からお年寄りまで基本的に頑固者が多いのではないでしょうか?周囲の人がどんなに説得しても「自分のことを思ってくれているのは痛いほどわかる。だけど、自分は病院には行かない」などと言い張り、周囲の人が手をつけられないほどの頑固ぶりを発揮しているケースが多いのではないでしょうか?

ただ、このように非常に頑固な人でも、強烈な痛みや苦しみを伴う状況になった時には、これまでとは打って変わって突然従順になるケースがあると聞く事もあります。

自分は身体が丈夫だと思っている

病院に行かない人の特徴の一つは「自分は身体が丈夫だと思っている」です。

病気の怖いところは、自覚症状があまりない病気が多数あることではないでしょうか? 明らかに痛かったり、血を吐いたりなどすれば、体に異常があると誰でもわかるでしょう。

ところが、自覚症状があまりないものもあるものです。これが実に恐ろしいのではないでしょうか?病院に行きたがらない人の中には、自分は身体が丈夫だと思っている人も多いのではないでしょうか?ところが、そのように過信しているために、無自覚症状の大病が進行し、気づいた時には手遅れになっていると言うケースも多いのではないでしょうか?

病院に行くのが面倒に感じる

病院に行くのが面倒だよ。

「病院に行くのが面倒に感じる」のは病院に行かない人の特徴の一つです。

病院に行きたがらない人の中には、行くのが面倒と言う人も多いのではないでしょうか?病院に行く時には、そこに行くまでの時間や待合室で待たされる時間などがあるものです。退屈な時間でしょう。

健康が一番と考え、自分の健康を気にしている人は、たとえつまらない時間であることがわかっていても、きちんと病院に行くものです。ところが、あまり健康を気にしていない人の中には、この退屈な時間と面倒を嫌がり、病院に行くことが億劫である人も多いのではないでしょうか?

結果を知るのが怖い

病院に行かない人の特徴の一つは「結果を知るのが怖い」です。

病院に行きたがらない人の中には、結果を知るのが怖くて、病院に行けない人も多いでしょう。例えば、毎日たくさんお酒を飲んだりタバコを吸っている人が、長期間に渡って健康診断を受けていなければ、健康状態がかなり悪いことも考えられるでしょう。

そのような中で、健康診断を受け、自分の現実を突き付けられた時に「ショックが大きすぎて、受け入れることができない」という気持ちが強い人も多いのではないでしょうか?

周囲が説得しても行かない

「周囲が説得しても行かない」のは病院に行かない人の特徴の一つです。

病院に行かない人が側にいる時は、大抵周りの人が非常に心配するでしょう。結果として、病院に行くように説得することが多いでしょう。

ところが、病院に行かない人は、頑固者であったり偏屈であったりすることが多いものです。周囲がどんなに心配して病院に行くように勧めても、頑なに拒むのではないでしょうか?何度か説得しても、病院に行ってくれない時には、本人がその気になるまで待つよりほかないことも多いのではないでしょうか?

自分の勝手にさせろと言う

病院に行かない人の特徴の一つは「自分の勝手にさせろと言う」です。

病院に行きたがらない人の中には「自分の人生だ。自分の勝手にさせろ」と言う人も多いのではないでしょうか?

自分の人生を悲観的に捉えていたり、生きていることに充実感を感じられなければ、長生きしたいと思えなくなるのかもしれません。

世の中には、家族など周囲の人達のために必死で働き、生きることを求められた人も多いのではないでしょうか?そのような人にとっては、人生の最後の時こそ自分の好きなように自由に生きたい思う気持ちが強くなり、結果として「病院に行くことなどどうでも良い」と思ってしまう人もいるのではないでしょうか?

人に迷惑をかけてまで生きたくない

人に迷惑をかけてまで生きたいとは思わないよ。

「人に迷惑をかけてまで生きたくない」のは病院に行かない人の特徴の一つです。

病院に行かない人の中には「人に迷惑をかけてまで生きたくない」と言い張る人も多いのではないでしょうか?長生きすることで、周りに迷惑をかけることが多いと感じているのでしょう。ぽっくり亡くなり、あの世に行きたいと考えている場合も多いのではないでしょうか?

ところが、これは逆に周りの人に迷惑をかける結果につながることも多いのではないでしょうか?例えば、運悪くポックリあの世に行けない場合もあるでしょう。障害が残ったりすれば、周りの人の解除が必要になることもあるでしょう。

病院の雰囲気が嫌い

病院に行かない人の特徴の一つは「病院の雰囲気が嫌い」です。

病院の雰囲気を楽しいと思う人は、ほとんどいないのではないでしょうか?病院独特の匂いを嗅いだり、具合が悪そうにしている人達をたくさん見たり、それに付き添う人が不安な様子を浮かべているのを何度も目撃していると、病院という空間はあまり雰囲気が良いものではないでしょう。そして、その雰囲気を嫌いになってしまう人も多いのではないでしょうか?

病院に行かない人の中には、このような特徴を持った人も多いのではないでしょうか?

病院に対してトラウマがある

以前入院した時に、辛い思いを沢山したから病院には行きたくないわ。

「病院に対してトラウマがある」のは病院に行かない人の特徴の一つです。

病院に行きたがらない人の中には、病院に対するトラウマを持っている人も多いのではないでしょうか?

例えば、以前病院に行った時に、たまたま自分の担当医と相性が悪かった場合もあるでしょう。また、注射を打たれた時に強烈な痛みを経験し、病院に対する恐怖を覚えた人がいるかもしれません。また、生きるか死ぬかと言う大病を患い、辛い思いをした人もいるかもしれません。

いずれにしても、病院に対してトラウマがある人は、病院に行きたくない気持ちが大きくなることも多いのではないでしょうか?

最後に健康診断を受けたのがいつなのか分からない

病院に行かない人の特徴の一つは「最後に健康診断を受けたのがいつなのか分らない」です。

病院に行かない人の中には、最後の健康診断がいつだったのか全く思い出せない人もいるでしょう。その時の健康状態がどのようなものであったのか?を覚えていない人も多いでしょう。病院に行くことがしばらくご無沙汰となっていれば当然の話でしょう。

ですが、この状態は非常に恐ろしいのではないでしょうか?若い時どんなに健康であったとしても、時間の経過とともに悪化している事は十分に考えられるでしょう。また、以前軽症だったものが重症化し、手がつけられない状態になっていることもあるかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?病院に行かない人の特徴は以下になります。

 

頑固者・自分は身体が丈夫だと思っている

病院に行くのが面倒に感じる・結果を知るのが怖い

周囲が説得しても行かない・自分の勝手にさせろと言う

人に迷惑をかけてまで生きたくない

病院の雰囲気が嫌い・病院に対してトラウマがある

最後に健康診断を受けたのがいつなのか分からない

 

病院に行かない人が身近にいると、大変苦労することが多いのではないでしょうか?自分が病院に行かないタイプである時には、周囲の人たちの気持ちを一度考えてみると良いでしょう。また、自分が万が一突然死んだ時のために、周囲の人に迷惑をかけないように準備をすることも必要でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました