学校嫌い 診断 30項目で確認・注意点!

人生

学校嫌い 診断 30項目で確認・注意点!

 

ピゴシャチ
ピゴシャチ

学校が嫌い過ぎて困っている人も多いと思うな。

イタチ
イタチ

そうだね。そんな生活が毎日続くのは嫌だな。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

学校嫌い 診断・注意点は以下になるよ。

 

学校嫌い 診断

以下の質問に答えることで学校嫌い度合いが分かります。

 

Q1.毎朝憂鬱な気分になる。

Q2.金曜日の夜が一番幸せに感じる。

Q3.日曜日の夜になると気持ちが滅入る。

Q4.学校に行く理由がわからない。

Q5.学校に行くか行かないか?で親と揉める。

 

Q6.仮病を使って学校を休むことが多々ある。

Q7.学校が嫌いな理由をかなり列挙出来る。

Q8.精神的なストレスの殆どは学校関連だ。

Q9.とにかく学校の教師が嫌だ。

Q10.勉強についていけないことが原因で学校が嫌だ。

 

Q11.学校の友人関係がストレスで学校が嫌だ。

Q12.現在不登校である。

Q13.過去に不登校だったことがある。

Q14.部活動が凄く嫌だ。

Q15.学校に行っても独りぼっちなのが耐えられない。

 

Q16.オンラインで授業参加ならまだどうにかなる。

Q17.集団生活が嫌だ。

Q18.学校に向かうにつれて、憂鬱な気持ちが高まる。

Q19.何かに強制されるのが嫌だ。

Q20.学校の勉強時間がつまらなさ過ぎる。

 

Q21.陰湿な人間が学校には多くて嫌だ。

Q22.ヤンキーが怖い。

Q23.異様な同調圧力が嫌だ。

Q24.先生を見ているとアホくさくなる。

Q25.テストに追われている気がする。

 

Q26.あちこちで飛び交う悪口が嫌いだ。

Q27.一人でいたいのに人から話しかけられるのが嫌いだ。

Q28.学校では自分の個性がダメにされると思う。

Q29.学校が非衛生的で嫌いだ。

Q30.公共交通で通学するのが嫌だ。

 

該当個数・・5個以下。学校嫌い 度合いは低いでしょう。

該当個数・・5~9個。学校嫌い 度合いは中程度でしょう。

該当個数・・10個以上。学校嫌い 度合いは高いでしょう。

 

注意点

学校が嫌すぎて悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

私も学生時代は、学校が好きか嫌いかといえば、あまり好きではありませんでした。高校時代は割合楽しかったと思うのですが、小学・中学校は特に楽しくなかった気がします。

高校は学力別に進学先がある程度決まってしまうので、良くも悪くも自分と似たタイプの人が集まるので、気の合う仲間に囲まれて楽しく生活できたことが原因なのでしょう。

ところが、小学校中学校は地元の公立高校などに通うとそういうわけにはいきません。 気の合わない人とはよく喧嘩をしていたものです。また、 先生と揉めた記憶もあります。

大人になった今から考えれば、先生とそれなりに付き合う方法もあったように感じるのですが、子供の時には そんな器用さが自分になくてうまく対応できていなかったのかもしれません。

学校が嫌いな人が考えてみるべきことは以下ではないでしょうか?まず、自分の気持ちを最優先に考えるということです。

ただし、自分の気持ちを優先した方が良いとしても、非常識な部分があるならば、そこは少し改善するべき必要があるということです。 そうでなければ、後々自分自身が結局困ったことになるからです。わがままと個性は別物です。

その部分がずれていないのであれば、考えるべきことは、 学校卒業と言う 肩書きだけは取っておいた方が良いということではないでしょうか?学校を卒業しておかなければ困ることは現代ではやはり多いからです。

肩書きだけとりあえず取るために、必要最低限のことだけこなせれば、とりあえずは良いのではないでしょうか? 

診断に興味がある人にオススメのページ

学校嫌いな子供10の特徴

勉強の才能 診断

嫌な先生10の特徴

嫌な先生 対処法10選!

クラスで嫌われてる 診断 30項目で確認・注意点!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

学校生活は、小学校から高校まで続く場合が多いでしょう。専門学校や大学まで入れるとさらにあります。少なくても、12年から16年は学校生活が続くことになります。

その間中ずっと嫌な気分でいるのは嫌でしょう。 ですから、自分で模索しながらどこかで折り合いをつけることが必要でしょう。

ただし、 いじめを受けていたり暴力を振るわれているということがあるのであれば、それは自分の身体を守ることを優先するべきでしょう。そんな時は無理して学校に行く必要はないでしょう。

また、自分自身で解決しようと悩むのではなくて、親や学校の先生の協力をすぐに求める必要があるでしょう。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました