調子に乗るなよ と言われてしまう7つのケースと回避法

人生

調子に乗るなよ と言われてしまう7つのケースと回避法

ピゴシャチ
ピゴシャチ

知り合いが先日〝調子に乗るなよ〟と言われ、ショックを受けていたよ。

イタチ
イタチ

何かしたの?

ピゴシャチ
ピゴシャチ

本人は思い当たることがないんだって。

調子に乗るなよ と言われる度チェック

 

Q1.ついつい大口を叩いてしまうことがある。

Q2.昔と比べてお金持ちになったことが周りから見ても分かる状況だ。

Q3.異性から割合モテる方だと思う。

Q4.幸せだと感じ、それを周囲によく話している。

Q5.見栄を張ったり自慢したがる傾向があると思う。

Q6.上から目線で話をすることが度々ある。

Q7.人からの親切に甘え無意識にお願いしていることが度々あるかもしれない。

 

1個のみ・・〝調子に乗るなよ〟と言われる心配殆どなし。

2個・・・・〝調子に乗るなよ〟と言われる危険あり。

3~4個以上・・〝調子に乗るなよ〟と言われる危険大。

調子に乗るなよ と言われるケース

上から目線で話す

おまえさ、まだ独身なの?

うん。そうだよ。

おまえさ、彼女いたことあるの?

ないよ。

そんな人生寂しくない?

 

上から目線で話す人がいます。そんな人は、半分馬鹿にした物言いと表情で言うものです。何故か分からないけれど、自分の方が偉い感じで話をする人がいないでしょうか?自惚れ屋であることが多いのかもしれません。

そんな言動で人に接していると、当然ながら〝調子に乗るなよ〟と言われてしまうのは自然な流れでしょう。

人間謙虚になることが必要です。

謙虚さを身につける6つの方法

大口を叩く

この得意先の〇〇さんの新規契約の事だけど・・

〇〇さんっすよね?簡単だからスグまとまると思いますよ。自分に任しておいて下さい。

 

自分が仕事などであまり経験や実績も無いのに、大口ばかり叩いていると〝調子に乗るなよ〟と言われる危険は高くなります

まず、淡々と経験・実績を積み、周囲が納得できる状態を作る事が先決です

また、一般的にそれなりに経験・実績を積むと、自然に内に秘めた自信と謙虚さというものが出てくる場合が多いので、結果的に周囲から人格者と扱われるようになるものです。

謙虚さを忘れないための9つの方法

人よりもお金持ちになる

旦那さんIT長者だって聞いたよ。凄いよな~。同級生として誇らしいよ。

全然大したことないわよ。

(何よ。ちょっとお金持ちになったからっていい気になって。調子に乗り過ぎよ。)

 

人がお金持ちであることを喜べる人・喜べない人がいます。

自分の現在の境遇と比較して惨めな気持ち・哀れな気持ちが心の中でふつふつと沸き上がり、それはやがて大きな嫉妬へと変化するのかもしれません。

妬まれる人の17の特徴

人によっては、相手の服装や持ち物を観察し、それに対して嫉妬心を爆発させる場合もあります。

お金持ちになった時には目の前の相手に応じて、無用な嫉妬心を買わないように注意した方が良いかもしれません

異性からモテる

今度飲みに行こうよ。

はい。喜んで。

来週の金曜日空いている?飲みに行こうよ。

ごめんね。その日は先約あるんだ。

(ちょっとモテるからって。調子になるなよ・・。)

異性からモテる女性・男性も〝調子に乗るなよ〟と言われてしまうかもしれません。

〝自分もモテたい。〟〝自分も注目されたい。〟という願望が強いのに・・現実ではそうならない・・と言うところに歯痒さを感じるのでしょう。

その歯痒さは、やがて強烈な嫉妬に変わります。自分の身近なところに、嫉妬深い人がいる時は要注意です

親切を当たり前だと考える

〇〇君今回もこれやっておいてね。

ええ!他の仕事で手が回りませんよ!

この間も早く出来たから大丈夫でない?

(なんだろこの人は。忙しそうにしているから親切心で助けたのに、それを当たり前だと思って。調子に乗るなよ。)

 

人から親切にされた時にそれを当たり前のことだと思い、勘違いしてしまう人がいます。

厚かましい人の特徴と4つの対処法

親切にされた時は、感謝とそれは非常にありがたい事なのだと噛みしめる必要があります

感謝の心で生きると得をする理由

人からの親切を当たり前だと感じるようになり、それを感じるような言動・行動が現れ始めると調子に乗っていると思われるでしょう。

自慢をしたがる

俺は飛行機はファーストクラスしか乗らないんっすよ。エコノミーなんか狭苦しくてあんなところ座ってられないっすよ。

(この子は一体なんなの?若造のくせに、調子に乗って)

自慢をしたり、自慢をしたがる傾向がある人は〝調子に乗るなよ〟と言われる危険が増えるかもしれません。もし、自慢をするだけでは飽き足らず、優越感に浸る人であれば危険度は更に上がるでしょう。

また、自分は自慢しているつもりでなくても、相手はそのように捉えてくれないこともあるかもしれません。それは、人によって物事を判断する〝ものさし〟が違うためです。

自分を基準に考える人が損をする4つのケース

ですから〝調子に乗っている〟と思われたくなければ、相手の状況を考えて〝ものさし〟を調整する必要はあるかもしれません

幸せオーラを出す

結婚したと聞いたよ。おめでとう!旦那さんお医者さんだと聞いたよ。立派な旦那さんだね~

全然そんなことないわよ。

(ちくしょう。調子に乗りやがって・・。)

人の幸せを心から喜べる人と喜べない人がいます

自分からわざと幸せな様子を見せつけている訳でもないのに、相手が勝手に怒り出すということがあります。

妬みが強い人は、自分よりも幸せそうな人をみると、やるせなさ・自分の不甲斐なさが湧き出てくるのものです。

そんな時に〝調子に乗るなよ〟と思われるのでしょう。

相手の状況に応じて自分の幸せ話を控えるなど、気を付ける必要はあるのかもしれません

まとめ

いかがだったでしょうか?

「調子に乗るなよ」と言われてしまうケースには・・

〝上から目線で話す〟〝大口を叩く〟〝人よりもお金持ちになる〟

〝異性からモテる〟〝親切を当たり前だと考える〟

〝自慢をしたがる〟〝幸せオーラを出す〟があります。

謙虚に振舞うことでそのようなリスクは減るでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました