子供がいらない人10の特徴

人生

子供がいらない人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

子供がいらないという人がいるね。

イタチ
イタチ

そうだね。理由は多岐にわたりそうね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

子供がいらない人の特徴は以下になるよ。

子供がいらない人の特徴

子供が嫌い

子供が嫌いだから、子供はいらないわ。

「子供が嫌い」なのは子供がいらない人の特徴の一つです。

子供がいらない人の中には、子供が嫌いと言う人も多いでしょう。「なんだあの子は。ギャーギャーうるさいなぁ」「動き回って迷惑なものだ」「あの赤ちゃんは泣いてばかりでうるさい」などと思うことが多いのではないでしょうか?

騒々しい音が嫌いな人などは、特にそのように感じるかもしれません。たとえ自分の子供だったとしても、赤ちゃんの時などに夜泣き等をされると、騒々しくイライラするから困ると言う人も多いでしょう。根本的に子供が嫌いなのでしょう。

二人の生活で満足

子供がいらない人の特徴の一つは「二人の生活で満足」です。

夫婦2人で仲良く暮らしていたのにもかかわらず、子育てが原因で関係がギクシャクしていると言う話をたまに聞くことがあります。

例えば、子育てで1番大切な時期に夫が外でお酒を飲んでばかりいて、家事にあまり協力的ではないとなると、妻が不満を感じる事は間違いないでしょう。育児放棄したい時もよくあるかもしれません。このような状態になると、それが原因で夫婦関係が悪化することもあるかもしれません。

今現在2人の生活で充分幸せであるなら、子供を持つことで関係悪化につながるリスクを避けたいと思う人もいるでしょう。

経済的不安を抱えたくない

経済的不安を抱えたくないから、子供はいらないわ。

「経済的不安を抱えたくない」のは子供がいらない人の特徴の一つです。

世の中の経済があまり良くない現状では、自分の生活だけで精一杯と言う人も多いでしょう。

経済的に豊かでない人は、子供を持つどころか結婚することさえ諦めている場合も多々あることでしょう。仮に結婚できたとしても、子供を持つとなるとお金がたくさんかかるものです。

衣食住はもちろんのことですが、子供に習い事をさせるだけでもかなりお金がかかるでしょう。そしていずれ大学や専門学校に行くとなれば、さらに大きなまとまったお金が必要になります。このようなことを考えると、子供をもうけて経済的な負担を持ちたいとは思えなくなるかもしれません。

子供時代にトラウマがある

子供がいらない人の特徴の一つは「子供時代にトラウマがある」です。

子供時代が楽しかった人は、自分が子供を持ったとしても同じように楽しい経験ができると思うかもしれません。ですが、子供時代にトラウマがある人は、そのように思えないでしょう。

例えば、虐待などを受けて育った子供は、子供時代のことを考えると辛くなることでしょう。子供時代など何も楽しくなかったと感じるかもしれません。

そうなると、子供が将来生まれても「どうせ同じような目に遭うんだろう。かわいそうになるだけだ」などと思い、子供などいらないと思うことになるでしょう。

子育てに気が回らない

「子育てに気が回らない」のは子供がいらない人の特徴の一つです。

夫婦の生活が仕事中心で、朝起きてから寝るまで自分の仕事の事ばかり考えていれば、子供を持ちたいと言う気持ちはなくなるかもしれません。

また、自分が主婦であったとしても、両親は介護が必要な状態となっており、介護中心の生活となれば、子供を持ち子育てをするところまで気が回らなくなるでしょう。そうなると「子供は好きだけれど、子育てに気が回らない。子供はいらない」と思うことでしょう。

子供を持つと手間が増えて面倒

子供がいらない人の特徴の一つは「子供を持つと手間が増えて面倒」です。

子育てをしている人は、自分の時間などほとんどないと言う人が多いでしょう。子供が小さければ小さいほど、手間がかかるものです。

自分のプライベートな時間を最優先したいと考える人もいるでしょう。毎日くたくたになるまで働き、会社を出た後が幸せな時間だと感じる人が、もしプライベートな時間を持てなくなれば、ストレスが溜まるかもしれません。

子供の世話をすることに、何も喜びを感じない人にとっては、プライベートな時間が無くなる事は地獄に近いかもしれません。そうなると、子供を持ちたいとは思えなくなるでしょう。

パートナーとの関係に不安を感じる

子供は欲しいけど、今の結婚生活が続くと思えないから、子供はいらないな。

「パートナーとの関係に不安を感じる」のは子供がいらない人の特徴の一つです。

今現在結婚している人も、パートナーとの関係に不安を感じている場合も多々あることでしょう。パートナーが働かない人であったり、暴力的な人である場合「このまま穏やかに結婚生活が続くのだろうか?」などと思うこともあるでしょう。

そして「もしこのような状況で子供が生まれたら、子供はきっと不幸に違いない」などと思うかもしれません。そのようになると、子供を持ちたいと思う気持ちがなくなることもあるでしょう。また、今現在妊娠している場合には、産むべきかおろすべきか迷っている人もいいることでしょう。

現代が子供にとって可哀想と感じる

子供がいらない人の特徴の一つは「現代が子供にとって可哀想と感じる」です。

現代は、文明の発展のおかげで様々な便利なものが増えました。携帯電話、インターネットなど多くの便利なものがあります。昔のように、地図を見ながら道に迷うと言うこともありません。

ですが、逆に昔と比べて大変になったことも多いでしょう。経済が右肩上がりの時代と比べ、先行きに不安を感じることが多い世の中です。また、人間関係がより複雑になり、ストレスが溜まる世の中になっているかもしれません。

そのようなことを考えると、将来生まれてくる子供が可哀そうと考え、子供などいらないと考えることもあるでしょう。

自分に似ると可哀想

自分に似て、見た目で馬鹿にされると、子供が可哀そうだわ。

「自分に似ると可哀想」なのは子供がいらない人の特徴の一つです。

自分がイケメンだったり、美人の人は、可愛い我が子を見たいと思うかもしれません。ですがその逆に、自分の見た目に自信がない人は「もし私に似て可愛くなかったらブスと言われ、同じような苦労するかもしれない」などと思い、子供を持ちたいとは思えなくなるかもしれません。

見た目などで、小さな時から馬鹿にされてきた人などは、特にそのように感じることも多いのではないでしょうか?

子供を持つトラブルを恐れる

子供がいらない人の特徴の一つは「子供を持つトラブルを恐れる」です。

人間関係を構築するのがあまり上手でない人にとっては、毎日出来るだけ人との関わりを避けたいと思うことでしょう。もし子供ができれば、人との関わりは必然的に増えるでしょう。

例えば、子供を持ち、公園デビューすることになれば、そこにいるお母さん達との交流が必要になります。また、子供が幼稚園に入ったり、小学校に入学すると、そこでも様々な親同士の人間関係が必要になります。

そのような人間関係を持つことで、ストレスを感じる人は「夫婦2人の生活で充分だ」と思うようになるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?子供が入らない人の特徴は以下になります。

 

子供が嫌い・二人の生活で満足

経済的不安を抱えたくない・子供時代にトラウマがある

子育てに気が回らない・子供を持つと手間が増えて面倒

パートナーとの関係に不安を感じる

現代が子供にとって可哀想と感じる

自分に似ると可哀想・子供を持つトラブルを恐れる

 

子供を持つか持たないかは人生の大きな選択になるでしょう。どちらの生き方が良い悪いと言う事はありません。夫婦2人にとって最適な選択をすることが重要でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました