頑張った人だけが得られる10のメリット

人生

頑張った人だけが得られる10のメリット

ピゴシャチ
ピゴシャチ

頑張ったからこそ得られるものがあると思うな。

イタチ
イタチ

そうだね。頑張り続けられる人はそれが分かっているからこそ継続できるのかもね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

頑張った人だけが得られるメリットには以下のものがあるよ。

頑張った人だけが得られるメリット

達成感が湧く

頑張った人は大きな達成感を得ることが出来るよね。

頑張った人だけが得られるメリットの一つは「達成感が湧く」です。

毎日なんとなくボーっと過ごしてしまうことが多いものです。ダラダラ暮らしても、さして困るようなこともなければ、気付けばそのような状態に陥っている人も多いのではないでしょうか?

そんな人もいる中で、目標に向かって頑張る人がいます。スポーツをする人、懸命に仕事をする人、受験勉強をする人です。

このような人達は、頑張り続けて結果を手に入れると、大きな達成感が湧くでしょう。達成感は本当に頑張った人にしか手に入れることの出来ないものです。

やる気が増す

「やる気が増す」のは頑張った人だけが得られるメリットの一つです。

学生時代にきちんと勉強する人や、仕事を頑張る人はやる気がある人が多いものです。一方で、ダラダラした生活をしている人はやる気がない人が多いのではないでしょうか?

真剣に何かに取り組むと、結果になって反映されるものです。テストで点数が取れたり、給料が上がったりなどです。そうすると、やる気が増すのは言うまでもないでしょう。結果が出るから更にやる気が出るという良い循環に陥ります。

頑張った人だけが得られるメリットの一つでしょう。

自分に自信が持てる

頑張ると大きな自信を持てると思うな。

頑張った人だけが得られるメリットの一つは「自分に自信が持てる」です。

何かに真剣に挑んだ人は、たとえ運悪く結果が出なかった時でも、自分に自信が持てるのではないでしょうか?

例えば、大学受験に挑んだとしましょう。たまたま運悪く試験に落ちたとしても、自分が真剣に頑張ったのであれば「自分は大いに頑張った。これでダメだったのだから気持ちを切り替え、前向きな気持ちで新たな目標に向かって頑張ろう。自分はあれだけ頑張れたのだから、次は絶対に成功出来るはずだ。」と自分に対して揺るぎない自信を持てるでしょう。

限界について再考するようになる

「限界について再考するようになる」のは頑張った人だけが得られるメリットの一つです。

自分で「もうこれ以上はできない」と思っていても、頑張り続けることで、それ以上出来てしまうことがあります。頑張り続けることで限界を超えることが出来るのです。

自分の限界がどのくらいなのか?なのは、自ら頑張らなければ分からないことです。自分が限界だと感じていることでも、頑張れば超えることが出来る場合が多々あるものです。

限界についての再考は、自ら頑張った人だけが得られるメリットの一つでしょう。

努力の大切さがわかる

頑張った人だけが得られるメリットの一つは「努力の大切さがわかる。」です。

人から「努力は大切です。」と言われても、なかなか努力出来ない人がいるものです。これは、実際に努力し体験していないことが理由ではないでしょうか?

例えば、何かのスポーツで努力をしていると、自分が予想しなかった位上達することがあります。そうすれば「努力しなければ、こんな事はわからなかった。」と体感し、自然に努力出来るでしょう。

また「自分は勉強が出来ないと思っていたけれど、してみると案外できることがわかり、勉強することが楽しく感じられるようになった。努力しなければ、わからなかった。」と思う人もいるでしょう。

頑張った人だけが努力の大切さがわかるでしょう。

運が拓ける

「運が拓ける」のは頑張った人だけが得られるメリットの一つです。

チャンスは自ら作り出すものだ と言われることがあります。

何もしないで運を手にすることもあるかもしれませんが、多くの幸運は自ら努力する人のところに来るのではないでしょうか?幸運を呼ぶ人は自らの力でそれを手繰り寄せるものです。

頑張る人は、自らの選択肢を努力によって作り出す可能性を生み出し、運も拓いていくことが出来るのではないでしょうか?

頑張る人を応援できる

頑張った経験がある人は、頑張る人を素直に応援できると思うな。

頑張った人だけが得られるメリットの一つは「頑張る人を応援できる」です。

自分が何かで頑張っていると、人の足を引っ張る人がいます。このようなことをする人は、妬む人でもありますが、それと同時に、あまり頑張ったことが無い人なのではないでしょうか?

真剣に何かについて頑張った経験がある人は、自信があります。ですから、人を妬むこともあまりないのではないでしょうか?また、自分が頑張って大変な思いを経験しているからこそ、応援したくなる人を素直に応援できるのではないでしょうか?

頑張る過程で得られるものがある

「頑張る過程で得られるものがある」のは頑張った人だけが得られるメリットの一つです。

スポーツや勉強などで頑張った人は、その過程で何か得られるものがあるのではないでしょうか?

例えば「どんなに大変なことでも、自分なりにやり方を工夫するとそれなりの事が出来る」と言うように、創意工夫について学んだり「頑張り続けることで、新たな世界が開ける」と言うように、粘り強さの重要性について学ぶことが出来ます。

頑張った人だけが得られるメリットと言えるのではないでしょうか?

器が大きくなる

頑張る人は器が大きくなると思うな。

頑張った人だけが得られるメリットの一つは「器が大きくなる」です。

継続的に頑張ることで、自信を持ったり、頑張る人を素直に応援することが出来るようになります。器が大きい人になれるということです。

職場などで器が小さい人は、自信が欠落していたり、人の足を引っ張るようなことをするものですが、これは案外努力していない人だからなのかもしれません。

本当に努力した人は、器が大きくなることが多いのではないでしょうか?

根性がつく

「根性がつく」のは頑張った人だけが得られるメリットの一つです。

一生懸命何かの目標に向かって頑張り続けた人は、頑張り続けた結果、自信を得るのと同時に根性が付くことが分かるのではないでしょうか?

「前はこれ位のことで大変だと感じていたけれど、今はへっちゃらに思うな・・」という心境に達する経験をしたことがあるはずです。

頑張り続けると、人はちょっと位大変なことがあってもそれを乗り越える根性が自然に身につくものです。

まとめ

いかがだったでしょうか?頑張った人だけが得られるメリットは以下になります。

 

達成感が湧く・やる気が増す

自分に自信が持てる

限界について再考するようになる

努力の大切さがわかる・運が拓ける

頑張る人を応援できる

頑張る過程で得られるものがある

器が大きくなる・根性がつく

 

頑張りを継続することで得られることは多々あるのではないでしょうか?自分は努力するのが苦手と思って何もしないでいるよりも、実際に行動してみることで、努力の重要性に目覚め、自分の新たな可能性も見出すことが出来るかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました