PR

兄弟へ劣等感11の対処法

人生

兄弟へ劣等感11の対処法

ピゴシャチ
ピゴシャチ

兄弟がいればどちらかが自分よりも優れていることが多いよね。そんな時に劣等感を抱く人は多いよね。

イタチ
イタチ

そうだよね。劣等感が原因で仲違いの原因になることもあるよね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

兄弟への劣等感にはどのように対処するのが良いのかな?

兄弟へ劣等感 対処法

勝ち負け意識を持たない

兄弟に対して勝ち負けを意識すると疲れるわね。

「勝ち負け意識を持たない」のは兄弟への劣等感に対する対処法の一つです。

兄弟への劣等感が芽生える理由の一つは〝負けず嫌い〟の意識があるからではないでしょうか?自分の兄、妹などに対して〝負けてたまるか!〟という意識が強ければ、比較する気持ちが強くなります。

そうなれば、自分が相手に負けている部分、勝っている部分が明らかになります。結果として、負けている部分に関しては劣等感を持ってしまうでしょう。

勝ち負けの意識を捨て「兄弟間でも負けている部分もあれば、勝っている部分もある」と考え、事実をありのまま受け入れる方が気がラクになるでしょう。

自分の弱みに焦点を当てない

兄弟への劣等感に対する対処法の一つは「自分の弱みに焦点を当てない」です。

「姉は私よりも美人だな」「弟は自分よりも勉強ができるな」などと比較をし、自分の弱みに対して焦点を当てると、その弱みが余計気になるものです。ですから、弱みに焦点を当てることはやめた方が良いでしょう。

弱みに焦点を当てそうになった時は「その部分は姉の方が優れている」と淡々と考えると良いでしょう。

色々な物差しを持つ

物差しが違えば自分の優れているところも沢山発見できると思うな。

「色々な物差しを持つ」のは兄弟への劣等感に対する対処法の一つです。

〝お宅のお兄ちゃんはいつも成績がトップよね。羨ましいわ。〟などと、近所の人が自分の兄弟を褒める場面に遭遇する人もいるでしょう。小さい頃からずっとそんな話を聞かせられていると、気分は良くないでしょう。

世間一般は、学業成績、容姿、運動能力こういった側面で人を評価する事が多いものです。この物差しでいつも比較されると、自分が適わない部分に関しては悲しい気持ちになってしまうのではないでしょうか?

ですが、幸福感という物差しもあります。例えば、姉は容姿では優れているものの、あまり生きている事に対する幸福度は高くないかもしれません。この物差しはあまり人から評価されることはないかもしれませんが、生きていく上では非常に重要なものでしょう。

色々な物差しで考えることが大切ではないでしょうか?

自分の強みを考える

「自分の強みを考える」のは兄弟への劣等感に対する対処法の一つです。

自分の弱い部分に焦点を当てていると、弱点が浮き彫りにされて嫌な気分になってしまうものです。そうであれなら、強みに焦点を当てると良いでしょう。

姉には学業で適わないけれど、容姿は良い・・  弟に勉強では負けるけれど、運動能力で勝っている・・ という風に強みを考えてみると良いでしょう。

そして、自分がどれだけ強みがあるのか具体的に書けるだけ書き出してみると良いでしょう。書き出した分だけ、自分の自信が増すのではないでしょうか?

人の比較は気にしない

人の評価に惑わされると精神的にも疲れるな。

兄弟への劣等感に対する対処法の一つは「人の比較は気にしない」です。

兄弟への劣等感を植え付けてしまう要素の一つは、他人の比較です。

「お宅のお姉ちゃんは本当にかわいいわね。」などと、自分よりも容姿の良い姉に対して褒める話を幼少の頃から何年にも渡って聞かされて悲しい気持ちになった経験のある人は沢山いるのではないでしょうか?また、親が比較をし兄弟 差別をする場合もあるかもしれません。人というのは、容姿、学業成績など外面的な要素で人を判断しがちです。

ですが、このような比較も一生続くわけではありません。ある程度の年齢になれば、言われなくなるものです。例えば、中年の姉に対して「お姉さんは本当にきれいね」などと聞くことは殆どなくなるでしょう。

人生は長いことを考える

「人生は長いことを考える」のは兄弟への劣等感に対する対処法の一つです。

たしかに、多感な十代に兄弟への劣等感を感じることはあまり気分が良いものではないかもしれません。ですが、それも人生の一部分です。

良くも悪くも、人生において誰しも浮き沈みがあります。長い人生という単位で考えてみると、十代の頃に感じた劣等感など大騒ぎするほどのものではないかもしれません。

例えば、学業成績優秀で社会的ステータスの高い職業に就いた姉だったが、男運に恵まれず独身で寂しそうにしているが、自分は平凡ながら子供達に囲まれ幸福感の高い生活を送っている・・

というように、長いスパンで考えると、相手の方が良い事、こちらの方が良い事というのは必ず出てくるでしょう。全体で考えると、余計な劣等感は減るでしょう。

良い意味でのライバル心を持つ

姉を良きライバルとして見習っていきたいな・・

兄弟への劣等感に対する対処法の一つは「良い意味でのライバル心を持つ」です。

自分の兄弟姉妹が自分よりも優秀な要素を持っている時には、それを目標に自分も頑張ってみることで自分の能力を向上させることが出来るでしょう。良い意味でのライバル心です。

努力もせずに妙なライバル心だけを抱くと、相手との関係は悪くなってしまうでしょう。また、余計に相手の強さに目が行く事となり劣等感が強まるでしょう。

優れている部分をお手本にして見習うと言う意識を持つことです。

兄弟間の弱点を補うことを考える

「兄弟間の弱点を補うことを考える」のは兄弟への劣等感に対する対処法の一つです。

兄弟姉妹間では必ず相手が自分よりも優れていることもあれば、自分の方が優れていることもあります。それぞれの強みで補うことを考えてみるとうまく行くのではないでしょうか?

例えば、社会的ステータスの高い兄弟が一人いれば、それは勿論一家にとって強みになるでしょう。ですが、その兄弟が親との関係があまり良くないなどと言うことがあるでしょう。会えばいつも喧嘩ばかりしているという状態です。一方で、自分は両親との関係が良好で、潤滑油として機能できるのであれば、家族の平和という観点から非常に優れた存在と言えるでしょう。

兄弟間の弱点を補うという発想で考えると、劣等感は和らぐでしょう。

兄弟が優秀な場合は感謝する

兄が優秀で良かったよ。

兄弟への劣等感に対する対処法の一つは「兄弟が優秀な場合は感謝する」です。

自分よりも勉強が出来る兄、自分よりも容姿が優れている妹がいる というのは考え方によってはありがたいことです。

例えば、自分よりも勉強出来る兄がいたとしましょう。そうすると「兄に負けていられるか」と良い意味でのライバル心を持って、自分も頑張ることが出来るでしょう。これがもし不良の兄であればどうでしょうか?大変ではないでしょうか?自分もグレてしまうかもしれません。

容姿が優れている妹がいれば、将来子供が生まれた時に可愛い姪っ子や甥っ子に会えるかもしれません。これは実に楽しみなことではないでしょうか?

自分の楽しみを最優先する

「自分の楽しみを最優先する」のは兄弟への劣等感に対する対処法の一つです。

兄弟との劣等感に苦しむこともあるでしょう。そんな時に、その苦しみから解放されるために〝妙なライバル心〟を抱いて相手に勝とうと思うことが楽しいことでしょうか?

また、仮に自ら努力し〝兄弟に勝った〟と思う事で一時の達成感を感じることはあるかもしれませんが、その状態が幸福感に繋がるでしょうか?

恐らくどちらの場合でも、それほど幸せな気持ちにはなれないのではないでしょうか?

兄弟への劣等感に苦しむ時は、そんな事について悩むよりも、自分がワクワクすることを考え、それをドンドン実行していく方が自分の精神的な充実度は増すでしょう。

自分の楽しみを最優先するべきでしょう。

兄弟仲が悪くなることは避ける

兄弟への劣等感が原因で兄弟仲が悪くなるのは残念ね。

兄弟への劣等感に対する対処法の一つは「兄弟仲が悪くなることは避ける」です。

自分が兄弟姉妹に対して劣等感を抱いた時に気をつけなければならないことは、兄弟の仲が悪くなることは避けることです。

兄弟 仲悪い時の10の対処法

兄弟の方が優れている部分があるとこちらが感じていても、相手はその部分についてそれ程意識していないかもしれません。〝一つの要素が優れている〟程度にしか思っていないかもしれません。

それにも関わらず、妙な劣等感を抱き、態度や言動が悪化してしまうと兄弟関係は悪くなってしまうでしょう。そんな状態になるのは悲しいものです。関係が悪くならないように配慮したいものです。

このページに興味がある方にオススメのページ

長女に見えない人

 

まとめ

いかがだったでしょうか?兄弟への劣等感の対処法は以下になります。

 

勝ち負け意識を持たない

自分の弱みに焦点を当てない

色々な物差しを持つ

自分の強みを考える

人の比較は気にしない

人生は長いことを考える

良い意味でのライバル心を持つ

兄弟間の弱点を補うことを考える

兄弟が優秀な場合は感謝する

自分の楽しみを最優先する

兄弟仲が悪くなることは避ける

 

兄弟を単なる競争相手と捉えてしまうと、戦う事や負かすことにしか意識が行かなくなるのではないでしょうか?また、そこで勝たなければ余計に劣等感は強まるばかりではないでしょうか?

自分の強みは必ずあるものです。そこに焦点を当てながらワクワクすることを意識して生活することが一番でしょう。そして、兄弟連携しながらお互いの弱点を補う発想があれば劣等感は和らぐのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました