劣等感の強い人15の特徴・診断

人生

劣等感の強い人15の特徴・診断

ピゴシャチ
ピゴシャチ

劣等感が強い人が職場にいて皆手を焼いているよ。

イタチ
イタチ

どんな風に?

ピゴシャチ
ピゴシャチ

最大の問題は人間関係がうまくいかないところなんだ。

イタチ
イタチ

そうなんだ。劣等感の強い人にはどのような特徴があるのかな?

劣等感診断  あなたの劣等感度は?

以下の質問に答えることで、あなたの劣等感度が分かります。

 

1.僻みを言うことがしばしばある。

2.相手に攻撃的になることがある方だ。

3.自分の自慢を人にしたくなる。

4.他者に頻繁にケチをつける。

5.自分の知り合いの自慢をしたくなる。

6.承認欲求が強い方だ。

7.他人の悪口を言うことが多々ある。

8.被害妄想があると思う。

9.人と比較をする癖がある。

10.上から目線で物を言いたくなってしまう。

11.感情論で物をいうタイプだ。

12.自分に言い聞かせる言動が多い。

13.相手に話を聞いて貰いたいことが多い。

14.疑問形で相手に話をふっかけることがある。

15.他者と問題を起こすことが多い。

 

該当個数0-1:劣等感低・・理想の状態です。

該当個数2-4:劣等感中・・劣等感が感じられます。気をつけましょう。

該当個数5以上:劣等感高・・劣等感が強いです。改善に勤めましょう。

劣等感の強い人の特徴

僻みを言う

僻みを聞くのは疲れるわ・・。

劣等感の強い人の特徴の一つは「僻みを言う」ことです。

例えば「良い学校を出ていてもダメよね。」と頻繁に言う人がいます。このような人は大抵の場合学歴に劣等感があるものです。

確かに学歴が全てではないでしょう。ですが、良い学校を出ている、悪い学校を出ているのでは 前者の方が良いと誰もが思うでしょう。

自分が劣っていると感じるからこそ、僻みを言うのです。

相手に攻撃的になる

劣等感の強い人の特徴の一つは、相手に攻撃的になることです。

何かと喰って掛かって来る人がいませんか?確かに能力的に優れている人が、パワハラ的に接してくる時もあるかもしれません。ですが、そうでもない人が攻撃的に接してくる時もあるものです。

このような場合、相手は自分に対して劣等感を持っているかもしれません。相手の劣等感を刺激しないように接しましょう。

自分の自慢をする

自慢話を聞くのもエネルギー使うよな。

劣等感の強い人の特徴の一つは、自分の自慢をすることです。

「自分はこれだけ凄いんだ」ということを自慢する人はいませんか?このような人は何らかの強い劣等感を持っているものです。

例えば「俺は大学を出てないけれど、今では大卒を使っているんだ。大したものだろう?」などという企業経営者などがいます。この人は「大学を出ていない劣等感」を抱えているのでしょう。

ケチをつける習慣がある

「ケチをつける習慣がある」のも強い劣等感を抱えている人の特徴の一つです。

人が何かを言えばすぐにケチをつける人はいませんか?このような人は大抵相手に劣等感を抱えていることが多いものです。

例えば、実際に目撃した例ですが、新しい高級バックを持っている若い女性が電車に乗っていた時に「若いのにあんなカバンを持ってろくでもない」という中年女性の話を耳にしたことがあり驚いたことがあります。

この人達は、自分の生活水準や給与に不満があるのかもしれません。自分が同様のバックを有り余るほど持っていれば、そのような事は言わないでしょう。

自分の知り合いの自慢をする

知り合いの自慢をする人が案外いるよね。

「自分の知り合いの自慢をする」のも劣等感の強い人の特徴の一つです。

自分の話ではなくて、自分の友人、家族、知り合いの自慢話をする人はいないでしょうか?そのような人は大抵自分自身に対して強い劣等感を抱いているものです。

例えば「知り合いの息子さんが〇〇社で働いている」「いとこが東大卒だ」などという知り合いの話ばかりをする人がいます。

この人は自分の知り合いの話をすることによって自分の劣等感に蓋をしているのかもしれません。

承認欲求が強い

「承認欲求が強い」ことも劣等感の強い人の一つです。

「私って〇〇なんです。凄くないですか?」などと言う人がいます。このような人は自分に何かしらの劣等感があり、それを補うためにそのような事をいうのでしょう。

自分に対して秘めたる自信を持っている人はそのような事は言わないでしょう。

他人の悪口を言う

 

劣等感の強い人の特徴の一つは「他人の悪口を言う」ことです。

心の中が満たされていないと、他人の悪口を言いたくなるものです。悪口をいうことで、自分の劣等感という憂さを晴らすのです。

ですが、このようなことをしていると、様々なものを失います。早急に止めるべきでしょう。

もし、相手に悪口を言われて腹が立つことがあったとしても悪口を言わない方法を実践することでやり返さずに済むでしょう。

被害妄想がある

「被害妄想がある」のも劣等感の強い人の特徴の一つです。

こちらが何も思ってもいないのに、被害妄想が強くて怒る人はいないでしょうか?

例えば、相手から贈り物を受け取り喜んでいる時に「こんな安いものと思っているでしょう?」などと言う人に会ったことがあります。こちらは純粋に喜んでいるのに、相手に一方的にそう思われるのでは困ってしまいます。

このような人は、劣等感があるからこそ、余計な被害妄想をしてしまうのでしょう。

人と比較をする

人との比較が、自分の劣等感を掘り起こしてしまうことに繋がることもあるよね。

劣等感の強い人の特徴の一つは「人と比較をする」ことです。

人と比較をすると相手と比べて優れていると感じる部分を発見することも出来ますが、同時に自分が劣っている部分もリアルに見えてきます。

こんな時に、自分に自信がある人は、自分の劣っている部分を素直に認め受容できるかもしれません。ところが、自分に自信がない人は、それが劣等感という形に結びつくでしょう。

上から目線で物を言いたがる

「上から目線で物を言いたがる」のも劣等感の強い人の特徴の一つです。

話をしている時に、時々上から目線で物を言いたがる人はいないでしょうか?このような人は自分に対して強い劣等感を抱いているものです。

上から目線で物をいうという事は、人から嫌われる可能性もあります。それを承知で言う事は、劣等感が半端ないのでしょう。

論理的でない

劣等感が強い人は論理的でなくて困るな・・

劣等感の強い人の特徴の一つは「論理的でない」ことです。

劣等感が強い人は、感情論が多いものです。論理が良い、感情が良いとかそういうことではありません。

バランスの問題だと思いますが自分が考えていることが、道理から外れていたり、客観性に欠けていたりすると、余計な劣等感を抱くことに繋がるでしょう。

自分に言い聞かせる

劣等感の強い人の特徴の一つは「自分に言い聞かせる」ことです。

「私も出来るから大丈夫」「私もお金持ちになるから大丈夫」などと、こちらが何も言わなくても自分に言い聞かせる人がいます。自信がないのかもしれません。

自信の欠如は劣等感からくるのでしょう。

相手に話を聞いて貰いたい

職場にも自分の話を聞いて貰いたい人案外多いかも。

劣等感が強い人の特徴の一つは「相手に話を聞いて貰いたい」ことです。

身の周りの劣等感が強い人を観てみましょう。相手に話を聞いて貰いたい人が多いのではないでしょうか?

自分の自慢話を聞いて欲しい、自分の愚痴を聞いて欲しい・・・ 自分の心の声を相手にただ静かに聞いて欲しいという人が多いはずです。

対応する方は相手の思いをどしっと受け止める、それなりの心構えが必要になるでしょう。

疑問形で相手に話かける

「疑問形で相手に話しかける」ことも劣等感の強い人に見られる特徴の一つです。

人が何かを言えば必ず疑問形で返答してくる人がいます。「そんなに〇〇ですか?」などという疑問文です。

「それってそんなに凄いことですか?」「そんなにイケメンだと思いますか?」「この子そんなに可愛いですか?」このような疑問文で返答するタイプです。

他者と問題を起こす

劣等感の強い人の特徴の一つは「他者と問題を起こす」ことです。

劣等感が強くて、捻くれ者になってしまうと、他者に対して言動が攻撃的になったり、相手の話を素直に聞けなかったりなど、様々な問題を生み出すこととなります。

結果として、他者との間で問題を起こすこととなります。自分がこのようなタイプだと思う場合、一日も早く劣等感を克服し、捻くれ根性を直した方が長い人生楽しく生きていくことが出来るでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?劣等感の強い人の特徴は以下になります。

 

僻みを言う・相手に攻撃的になる・自分の自慢をする

ケチをつける習慣がある・自分の知り合いの自慢をする

承認欲求が強い・他人の悪口を言う・被害妄想がある

人と比較をする・上から目線で物を言いたがる

論理的でない・自分に言い聞かせる・相手に話を聞いて貰いたい

疑問形で相手に話かける・他者と問題を起こす

 

劣等感が強くて良い事はないでしょう。特に他者との関係を悪くしてしまうという点が問題です。自身に兆しを感じるのであれば、自身にそのような部分がある点を意識し改善するように努めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました