期待されない人10の特徴

人生

期待されない人10のメリット

ピゴシャチ
ピゴシャチ

期待されない人は悲しいと思われがちだけど、見方によっては気楽かもしれないよ。

イタチ
イタチ

確かにそういう見方もあるかもね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

期待されない人のメリットは以下になるよ。

期待されない人のメリット

プレッシャーがない

親からは完全に期待されていないからね。逆にプレッシャーがなくなったよ。

「プレッシャーがない」のは期待されない人のメリットの一つです。

プレッシャーに弱い人と強い人がいます。もともと持って生まれた部分もあるかもしれませんが、プレッシャーに弱い人は殆どの場合、期待されているケースが多いのではないでしょうか?

何かの大会などで、プレッシャーに押し潰されてしまい、思ったように結果を残せなかった選手が「期待して頂いたのに申し訳ありません。」などと言っているのを見たことがあるでしょう。期待されると、それに応えようとプレッシャーを感じてしまいます。ですが、期待されなければ、そんな心配などないでしょう。

他人の目を気にする必要がない

期待されない人のメリットの一つは「他人の目を気にする必要がない」です。

よく良い子を演じる子がいます。見えっ張りな子供もいるかもしれませんが、これは案外期待されているからなのかもしれません。「できて当たり前」「しっかりしていて当然」などと思われると、常に人目を気にして行動したり発言することになるでしょう。

一方で、期待されない子供はどうでしょうか?自分の思ったことを言ったり思ったように行動することができるでしょう。他人の目を意識する必要が無いからです。

自分のやりたいことに専念出来る

期待されていないから、自分のやりたいようにやれて良いよ。

「自分のやりたいことに専念出来る」のは期待されない人のメリットの一つです。

会社などに勤めて中間管理職ともなると、上司の顔色をうかがう人となりつつ、部下の様子も見ていなければなりません。上からも下からも期待される人であればあるほど、自分のやりたいことに専念できなくなることも多々あるでしょう。実に苦しい立場ではないでしょうか?

そのような期待を全くされていない人は、自分の仕事に思う存分専念できることでしょう。管理職としての能力はないため、出世しない人かもしれませんが、仕事能力が高い人になってしまうことがあるのかもしれません。

周囲に合わせる必要がない

期待されない人のメリットの一つは「周囲に合わせる必要がない」です。

期待されればされるほど、周囲に合わせる必要性が生まれてくるでしょう。多くの人から期待されると言う事は、裏を返せば多くの人からの調和が必要になるのではないでしょうか?そして、調和を求めると自分の意思に反して周囲に迎合したり合わせる必要が出てきます。協調性がある人が求められるのです。

期待されなければどうでしょうか?周囲に合わせる必要などほとんどなくなることでしょう。合わせなくても良いと言うのは、すごくストレスフリーな状態であるでしょう。

少し成果を出しただけで喜ばれる

「少し成果を出しただけで喜ばれる」のは期待されない人のメリットの一つです。

いつも100点ばかり取っていた人が、たまに90点を取ると周りが驚いたり、親が怒り出したりするでしょう。一方で、いつも50点位しか取らない人が90点取った場合はどうでしょうか?すごく点数が伸びたと褒められることでしょう。

期待されればされるほど、ミスした場合は目立つようになるものです。一方で、期待されなければ、ちょっとしたミスは当然のものとしてみなされ、逆に少しでも成果を上げれば、すごく褒められるでしょう。

余計なことを考えなくなる

期待されない人のメリットの一つは「余計なことを考えなくなる」です。

生きていく上で可能な限り減らしたいものはストレスでしょう。ストレスと言うのは人からの文句や苦情などといった外的要因もありますが、自ら生み出す内部的要因もあるでしょう。考えなくても良い余計なことを考えるのはまさにそれでしょう。

期待されると、ついつい余計なことを考えるのではないでしょうか?「失敗したら顰蹙を買うだろう」「期待されているので自分勝手なことはできない」などと余計なことを考えると、それが原因となって次々と余計なことを考えてしまい自動思考に陥ってしまうでしょう。そうなるとストレスの連続でしょう。

自動思考を止めるのに効果が高かった5つの方法《体験談》

期待されない人は、余計なことを考えなくても済むと言うメリットがあります。

妬まれない

期待される人は、妬まれることが多いように思うわ。

「妬まれない」のは期待されない人のメリットの一つです。

期待される人は大抵、妬まれる人でしょう。期待されると言う事は、それなりに素質や才能があると言うことです。ところが、そういった部分は光を放っているものなので、当然ながらそれが気に食わない人にとっては妬みの対象にしかなりません。妬む人は悪口を言ったり、嫌みを言ったりすることでしょう。

期待されなければ、妬まれることも少なくなることでしょう。

人を攻撃しないで済む

期待されない人のメリットの一つは「人を攻撃しないで済む」です。

性格が良かった人が、久しぶり会ってみると、性格が悪くなったりしていることがあります。穏やかだった人が実に攻撃的な人に変貌していて、驚くことなどがないでしょうか?

このような場合は大抵、環境に問題があるでしょう。どんなに性格が良い人でも、人から妬まれたり、攻撃されてばかりいれば、自分を守る術が必要になります。その自分を守る術の1つは、他者への攻撃と言う形になるでしょう。

専守防衛ではありませんが、相手が攻撃する事を察知した場合は、攻撃される前に撃退してしまうのです。毎日そのようなことばかり考えていれば、いつの間にか人に攻撃することが当たり前と言うことになっているでしょう。期待されなければ、攻撃されることもないでしょうから、攻撃的な性格になることは少ないでしょう。

足を引っ張られない

僕に期待なんか誰もしないから、足を引っ張られることもないんだ。

「足を引っ張られない」のは期待されない人のメリットの一つです。

期待される人は、大抵妬みを買うこととなります。妬まれた時に、嫌味位で済むのであれば良いのですが、時には露骨に足を引っ張られることさえあるものです。実に厄介でしょう。

自分自身では自分の能力に関して大したものだと思っていなくても、周りが評価すると途端に期待される人に変わってしまうから厄介なものです。

期待されない人は、そんな心配もないでしょう。そのため、下手に期待などされない方が良いのかもしれません。

重要な案件が回ってこない

期待されない人のメリットの一つは「重要な案件が回ってこない」です。

組織で働いていると、能力がある人のところに重要な仕事が回ってきたり、大量の仕事が回ってくるものです。能力があるばかりに、大変な思いをすることになります。

そのような人は、どんどん昇進したりするものですが、中途半端なレベルで昇進すると、給料はあまり上がらず、作業量ばかり増えてしまうものです。また管理職になると、労働組合に守られることもなくなって、損が増えるばかりだと考える人もいるでしょう。

期待されていない人は、そこそこの仕事しか自分に回ってこないものでしょう。大きな責任を伴う仕事などがほとんど回ってこないので、肉体的にも精神的にも楽でしょう。また昇進スピードもあまり速くなく、年功序列の会社であれば、そこそこ給料ももらえて安泰なポジションにとどまることができるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?期待されない人の特徴は以下になります。

 

プレッシャーがない・他人の目を気にする必要がない

自分のやりたいことに専念出来る・周囲に合わせる必要がない

少し成果を出しただけで喜ばれる・余計なことを考えなくなる

妬まれない・人を攻撃しないで済む

足を引っ張られない・重要な案件が回ってこない

 

期待されないのは悲しいと考える人もいるかもしれませんが、見方を変えると、精神的にストレスがない状態で過ごせるチャンスと見ることもできるでしょう。別に無理して期待される人になる必要もないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました