あるだけお金を使う人10の特徴

人生

あるだけお金を使う人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

あるだけお金を使う人の話を度々聞くな。

イタチ
イタチ

なかなかその習慣を断ち切れない人もいるよね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

あるだけお金を使う人の特徴は以下になるよ。

あるだけお金を使う人の特徴

物欲が強い

物欲が強いと、お金を使うことは増えるわね。

「物欲が強い」のはあるだけお金を使う人の特徴の一つです。

世の中には物欲がなく質素な暮らしをしている人もいます。一方で、物欲が非常に強い人もいるものです。このようなタイプの人は、とにかくモノやサービスを手に入れたいと言う気持ちが強いのではないでしょうか?ですから、あればあるだけどんどんお金を使ってしまうでしょう。

物欲は余程のことがない限り、なかなか変わらないのではないでしょうか?ですから、もしこのような人が、お金をどんどん使い困るのであれば「自分が使えるお金は毎月〇〇円」などと決め、その範囲の中で生活することを心がけ、習慣付けなければならないでしょう。そうしなければ、後々大変なことになるでしょう。

我慢できない・しない

あるだけお金を使う人の特徴の一つは「我慢できない・しない」です。

お金をあるだけ使ってしまう人の中には、我慢できなかったり、しない人も多いのではないでしょうか?このような人は大抵、後々大変な問題を抱えることになることが多いのではないでしょうか?

例えば、人からお金を借りたり、たかる人になったり、金融機関から借金を重ねることになることが多いのではないでしょうか?そして、本人が苦しむだけではなく、その尻拭いをするために、周りの人も迷惑を被ると言うケースが多いでしょう。

自分の欲望をコントロールできないために、周囲に迷惑をかけるのは言語道断でしょう。

浪費しても困らない環境

お金を散財しても困らなければ、お金をドンドン使ってしまう人になると思うよ。

「浪費しても困らない環境」なのはあるだけお金を使う人の特徴の一つです。

あれだけお金を使う人の中には、環境が許してくれると言う部分もあるのではないでしょうか?

例えば、あるだけお金を使ったとしても、その後自らその分を返済しなければならなくなると、自分が困ることになるものです。そうなると大変になるので多くの人は自分の行動を抑制することが出来るでしょう。

ところが、浪費しても困らない人もいるでしょう。例えば、夫が妻の支払いの穴埋めをしてくれたり、実家が裕福で支払いの肩代わりをしてくれるなどと言う環境にあれば、自ら責任を負わなくてもよくなります。そのような環境の中にいれば、自然にあるだけお金を使ってしまうことになるのではないでしょうか?

癖がついている

あるだけお金を使う人の特徴の一つは「癖がついている」です。

お金をあるだけ使うと言うのは、そのような癖がついているからでしょう。質素な生活をしていた人が、何かの拍子で大金を手に入れた時に、大きく生活が変わり散財したために、元の水準に戻るどころか以前よりも悪くなってしまう人がいるものです。

このような人は、お金があればあるだけ使う癖がついてしまったからでしょう。一度ついた癖を取り除くのは難しいかもしれませんが、癖を取り除くには、そのような悪習を断ち切る事を心に誓い、毎日の生活を少しずつ改善するよう心がけるしかないでしょう。

身勝手

「身勝手」なのはあるだけお金を使う人の特徴の一つです。

あるだけお金を使う人は、身勝手な人も多いのではないでしょうか?自分がどんなにお金を使っても、最終的にその支払いを他人に迷惑をかけずにするのであれば、誰も文句は言わないでしょう。ですが、実際は迷惑をかけることが多いのではないでしょうか?

例えば、カード地獄に陥り自分で返済できなくなった人は、周囲がその穴埋めをすることになるでしょう。また、自分の生活水準以上にお金を使い込んでしまい、一緒に生活している家族が迷惑を被ると言うこともあるでしょう。時には、毎月子供の将来のために貯蓄しておいたお金が、親の散財の穴埋めに使い込まれてしまうこともあるでしょう。これは、家族に迷惑をかけていることになります。

このように、お金をあるだけ使ってしまう人は、周囲の人に対する悪影響を考えずに、自分のことしか考えていない身勝手な人と言えるのではないでしょうか?

ストレスが多い

あるだけお金を使う人の特徴の一つは「ストレスが多い」です。

お金があるだけ使ってしまう人の中には日々の生活の中でストレスが多い人もいるのではないでしょうか?

例えば、私が実際に目撃したことがある例ですが、非常にストレスがかかる仕事についていた人は、買い物が非常に好きでした。高級な服を買ったり、海外旅行によく行く人でした。そして、あるだけお金を使ってしまっていたのです。

もし、この人があまりストレスがない仕事についていたのであれば、そこまでお金を使う人になっていなかったのかもしれません。

カードをよく使う

クレジットカードは使い方を誤ると危険だね。

「カードをよく使う」のはあるだけお金を使う人の特徴の一つです。

あるだけお金を使ってしまう人の中には、カードをよく使う人も多いのではないでしょうか?カード1枚あれば、何でも買えたり、様々なサービスを手に入れることができるのは素晴らしいことですが、お金を散財する人にとっては、あまり良いものでは無いのかもしれません。気付けばカードでどんどんショッピングをしていて、後で支払いの時に困ってしまう人もいるのではないでしょうか?

私が実際に聞いたことがある話ですが、ある女性の娘さんが専業主婦だったのだそうですが、夫に内緒でカード中毒になり、最終的に本人が支払うことができない位にまで借金が膨らんだのだそうです。その娘さんの夫にも相談することが出来ず、見るに見かねて、親である知り合い女性が肩代わりしたのだそうです。ですが、この娘さんはこれで懲りず、再び同じ状況に陥り、また知り合い女性がこの借金を肩代わりすることになったのですが、今後二度と同じような状況に陥られると親族共々迷惑を被るので、カードを取り上げたのだそうです。この娘さんは典型的なあるだけお金を使うタイプの人であったのでしょう。そのような人にカードを持たせると非常に危険なこともあります。

見栄を張る

あるだけお金を使う人の特徴の一つは「見栄を張る」です。

お金をあるだけ使ってしまう人の中には、見栄を張る人もいるのではないでしょうか?例えば、見栄を張りたいばかりに、自分の生活水準とは見合わないような高級車に乗ったり、高級カバンを持ったりしていないでしょうか?

また、あまりお金がないにもかかわらず人と食事に出かけたり、飲みに出かけたりする度におごる人ではないでしょうか?

お金を使うことで人からチヤホヤされたり、一目置かれたりすることに快感を覚えてしまい、お金をついつい使ってしまいたくなるのでしょう。

貯蓄に興味がない

貯蓄に興味がなければ、お金を使ってしまうと思うよ。

「貯蓄に興味がない」のはあるだけお金を使う人の特徴の一つです。

お金をあるだけ使う人は、お金が貯まることにあまり喜びを感じないのではないでしょうか?

お金をあまり使わない人の中には、貯金通帳の中の数字が少しずつ増えてくることに喜びや快感を感じることが多いでしょう。通帳を見つめニタニタと笑っている人も多いでしょう。

ところが、お金をどんどん使う人は、このような喜びを感じることが少なかったり、貯蓄に興味がないのではないでしょうか?通帳の中の数字が増えることを喜ぶよりも、現実にものを手に入れたり、何かしらの形でお金を使うことを喜ぶのではないでしょう?

将来をあまり考えていない

あるだけお金を使う人の特徴の一つは「将来をあまり考えていない」です。

将来のことを真剣に考えている人ほど、貯蓄に励む傾向があるのではないでしょうか?また、将来について不安がある人ほど財布の紐がきつくなるでしょう。

一方で、お金をどんどん使う人は、将来のことをあまり考えていなかったり、未来に対して非常に楽観的な思いを持っているのではないでしょうか?結果として、将来の事など考えず、あるだけお金を使ってしまうのではないでしょうか?相当稼いでいるにもかかわらず、貯蓄があまりないと言う人は、少しお金を貯蓄する意識を持っても良いのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?あるだけお金を使う人の特徴は以下になります。

 

物欲が強い

我慢できない・しない

浪費しても困らない環境

癖がついている・身勝手

ストレスが多い・カードをよく使う

見栄を張る・貯蓄に興味がない

将来をあまり考えていない

 

あるだけお金を使ってしまい困っている人は、「自分は一体どのくらいお金を使っても良いのか?」と言うことを、まず理解しなければならないでしょう。そして、自分がお金を使う時に「他の人に迷惑をかけていないか?」ということを、真剣に考えてみる必要があるのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました