貯金しない人10の特徴

人生

貯金しない人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

今迄に貯金しない人に何度か会ったことがあるよ。結構な年収の人でも貯金を殆どしない場合もあったよ。

イタチ
イタチ

貯金しないのには様々な理由がありそうだね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

貯金しない人の特徴は以下になるよ。

貯金しない人の特徴

欲望に負ける

欲しい物が沢山あって、ついついお金を使ってしまうわ。

「欲望に負ける」のは貯金しない人の特徴の一つです。

人間には欲望がある人とない人がいるものです。欲望が強い人は、どうしても消費したいと思うのではないでしょうか?

例えば、高額な時計が欲しいという気持ちが強い人は、貯金しようという意識よりも、時計を買う意識が上回ってしまうのではないでしょうか?

日常的に欲望が強い人は、貯金しようという意識よりもお金を使うことに意識が行ってしまうでしょう。 

楽観的である

貯金しない人の特徴の一つは「楽観的である」です。

人生で何度か貯金しない人に会ったことがありますが、たいていこのような人達は楽観的な性格の持ち主であったものです。 持ち前の明るさで、どのような困難でも切り抜けられるタイプでした 。

確かに、我が国に住む限り最低限の生活は保障されているので、どうにかなってしまうものです。そう考えると、貯金しなくてもどうにかなるといえばなるのかもしれません。貯金しない人は、楽観的であることが多いでしょう。 

あまり健康に不安がない

身体が丈夫なせいか健康に不安を感じないよ。貯蓄の必要性を感じないよ。

「あまり健康に不安がない」のは貯金しない人の特徴の一つです。

もし自分の健康状態に不安を抱えていれば、いざという時のために備えようとするのではないでしょうか?保険に加入したり、高額な治療費をしっかり払えるように貯金しようとするのです。

一方で、自分の健康状態に絶対的な自信を持っている人がいるものです。「生まれてから風邪を引いたことすら殆ど無い」というくらい体が丈夫な人は、健康に不安がないために貯蓄しようという意識が低くなってしまうかもしれません。 

仕事が安定している

貯金しない人の特徴の一つは「仕事が安定している」です。

貯金しない人の中には、それなりの社会的な立場な人も多いかもしれません。そのような人は、仕事が安定している場合が多いでしょう。ですから、 あまり貯金しなくてもどうにかなってしまうのかもしれません。

もし、 不安定な会社に勤めていたり、フリーランスで働いていたりすると、 将来的な不安に備えて必然的に貯金に励むことが多いのではないでしょうか? 

お金に興味がない

「お金に興味がない」のは貯金しない人の特徴の一つです。

お金が凄く好きな人がいるものです。特に物欲がなく、貯金通帳にお金が貯まる様子を眺めているだけで、もの凄く幸せになれるという人です。。一方で、通帳に殆どお金が入っていない人は、お金そのものに興味が無いお金に執着しない人が多いのではないでしょうか?

貯める位であれば、美味しい食事をしたり、良い服を着たり、たくさん旅行をするなど、自分の体験を大切にするタイプです。「お金は貯めても意味がない。使う事に意味がある。」と考えている人ではないでしょうか? 

その日暮らしで満足

貯金しない人の特徴の一つは「その日暮らしで満足」です。

一人暮らしをしていたり、毎日なんとなく生活している人にとっては、その日それなりに食事ができて楽しむことができれば、満足という人もいるでしょう。

実際、一人暮らしであれば毎日普通に働き、それなりの給料をもらっていれば、貯蓄しなくても生活は成り立つでしょう。このような人は、あまり貯蓄する意識がなくなるのではないでしょうか?

もし自分に家族がいたり、サポートが必要な人がいれば、いざという時に備えようという意識が芽生えるでしょう。

大きな目標がない

目標が何もないせいか貯金なんかしていないわ。

「大きな目標がない」のは貯金しない人の特徴の一つです。

人生の中では、大きなお金が必要となる場合があります。例えば、住宅や自動車を購入する為や子供の教育資金などです。このようにたくさんお金がかかるものは、余程のお金持ちでない限り一度に捻出するのは難しいでしょう。

戸建てがいい」などと夢を持っていたり、大きな目標やイベントがある人は、日々貯蓄に励むのではないでしょうか?一方で、そのような大きな目標が無い人は、貯金しようという意識が低くなってしまうかもしれません。 

貯金してもあまり貯まらない

貯金しない人の特徴の一つは「貯金してもあまり貯まらない」です。

人間何かを行う時に、モチベーションを与えるものは結果ではないでしょうか?例えば、勉強することで成績がメキメキと上がれば、やる気を持ち続けることは難しくないでしょう。一方で、勉強しても成績が上がらない人は、意欲がなくなってしまうかもしれません。

貯金も同様でしょう。毎日の生活に追われ、一か月で500円くらいしか貯金できないのであれば、貯金をしようという意識がなくなってしまっても不思議ではないでしょう。 

お金を使うことでストレス解消する

お金を使うことが唯一のストレス解消法だね。

「お金を使うことでストレス解消する」のは貯金しない人の特徴の一つです。

毎日仕事をしていると、肉体的にも疲れますが精神的にもストレスが溜まるものです。そのような時に、うまくストレスを解消する方法を知っている人は、その方法を実践することでうまく気持ちを切り替えることができるでしょう。

趣味など、あまりお金がかからないもので気分転換できる人は良いのかもしれませんが、中にはお金を使うことが最上のストレス解消法という人もいるでしょう。このような人は、どうしても貯金しなくなるのではないでしょうか? 

貯金することの大切さが解らない状況・環境

貯金しない人の特徴の一つは「貯金することの大切さが解らない状況・環境」です。

お金がなくて困ることはあっても、お金があって困るということは少ないのではないでしょうか?自分一人の生活だけの事を考えるのであれば、 お金があまりなくてもどうにかなるのかもしれません。

ですが、家族を持つと家族の生活を考えることが必要になります。こうなると、自然に貯金することの大切さを認識するのではないでしょうか?貯金しない人は、貯金することの大切さが分からない状況や環境なのかもしれません。

「お金がなくなったら親が金持ちだからもらえば良い」という環境の人ならば、貯金はしなくなるでしょう。 

まとめ

いかがだったでしょうか?貯金しない人の特徴は以下になります。

欲望に負ける・楽観的である

あまり健康に不安がない・仕事が安定している

お金に興味がない・その日暮らしで満足

大きな目標がない・貯金してもあまり貯まらない

お金を使うことでストレス解消する

貯金することの大切さが解らない状況・環境

お金がどのくらい必要か?はその人の置かれている状況によるでしょう。一概に〇〇円の貯蓄が必要だと決めることは出来ないものです。ですが、ある程度持っていれば安心感を持てるのではないでしょうか?例えば「とりあえず、1年間働かなくても暮らせる貯蓄がある」というだけで、精神的なゆとりは大きく変わってくるのではないでしょうか? 

コメント

タイトルとURLをコピーしました