体を鍛えるメリット デメリット

生活

体を鍛えるメリット デメリット

ピゴシャチ
ピゴシャチ

ある日を境に突然体を鍛え始めるようになった。

イタチ
イタチ

そうだね。前までそんなこともしていなかったのに。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

体を鍛えることにはメリットとデメリットがあったよ。

体を鍛えるメリット

見た目が良くなる

体を鍛えるメリットの一つは「見た目が良くなる」です。

当然と言えば当然でしょう。体を鍛えると、体重が落ちたり筋肉が引き締まり見た目が良くなるものです。

痩せてよかったこと 11選!

私の場合ですが、ダイエット効果と相まってお腹周りの脂肪がかなり減りました。そして、ある程度脂肪が減少してから体を鍛え始めると腹筋が割れてくるようになりました。ジーンズを履いた時などにシルエットが良くなると共に、シャツを脱いだ時にも体に筋肉が目立つようになりました。外面内面どちらも見た目が良くなりました。

8キロを4か月でラクに落としたダイエット12の方法

太っても痩せやすい体になる

体を鍛えると痩せやすい体になるよね。

「太っても痩せやすい体になる」は体を鍛えるメリットの一つです。

体を鍛えて筋力がついてくると、太っても痩せやすい体になるものです。連休などに普段よりも動かず、食べる量が増え短期間で2キロ位増えても、休み明けに通常の生活に戻せば増えた体重が落ちスグに元に戻るようになるものです。

私の場合ですが、ダイエットを開始した直後は痩せても週末に少し食べるとスグに体重が増え、それを元に戻すまでに3日ほど時間がかかったものです。ところが、体を鍛え始めてからは1日か2日で元の体重に戻るようになりました。これには非常に驚きました。

また、体重計に乗った時にも確かに〝燃えやすい〟と表示されるようになりました。脂肪が燃焼し痩せやすい体になったのでしょう。

健康意識が高くなる

体を鍛えるメリットの一つは「健康意識が高くなる」です。

体を鍛えると毎日体重計に乗って体重を気にしたり、体脂肪を気にするようになります。また日々の食生活にも自然に気を配るため空腹に耐えるようになったり太る習慣を断ち切ろうとするものです。折角減らした体重がまた元に戻るリバウンドを恐れたり、折角見た目が良くなったのにまた元に戻るのは惜しいと思うものですから、自然に体に気を配るものです。

体を鍛えることで健康意識が高くなると言えます。体を鍛えることは、単に体に筋肉がついたり、見た目が良くなるだけではなくて、日頃の健康意識への気配りも自然に出来るようになることでしょう。

努力の大切さを実感できる

体を鍛えることで努力の大切さを実感出来るわ。

「努力の大切さを実感できる」は体を鍛えるメリットの一つです。

体を鍛えて筋肉がついてきたり、見た目がよくなるなどある程度の成果が出るまでには、時間がかかるものです。

ですが、一歩一歩少しずつ努力を継続することで、確実に成果が表れます。成果が表れた時に「努力は大切だ」と実感できるものです。

その努力は単に、体を鍛えるばかりでなく、様々なことにも波及効果を与えるでしょう。

努力しない人が嫌い という人の良い特徴・悪い特徴

疲れにくい体になった

体を鍛えるメリットの一つは「疲れにくい体になった」です。

筋力トレーニングを継続していると、ある日体が疲れなくなったと感じる時が来るのは面白いものです。

太っていた時には、買い物などで街に出かけ歩きまわっていると疲労感を感じたものです。ただ歩くというだけでも、普段使っていない筋肉などが酷使されて疲労感に繋がっていたのでしょう。

しかし、筋力トレーニングを開始し筋力が強化され始めると、多少筋肉が酷使されても疲れにくくなるものです。また、体重が増えにくくなることから重い体を動かす必要もなくなり、余分なエネルギー消費も少なくなります。

体が軽く感じる

体を鍛えてから体が軽く感じるようになったな。

「体が軽く感じる」は体を鍛えるメリットの一つです。

体に筋肉がついてくる前はぜい肉も多かったこともあり、少し体を動かす時でも重いものを運んでいるような感覚があったものです。例えば座っていて立ち上がる時には重いものを持ち上げるような感覚が強いものでした。

ですが、筋力がついてくると体を動かす時に体が軽く感じるようになるものです。そのようになると体を動かすこと自体が楽しくなり、動くことが増えて消費カロリーも増し、必然的に太りにくくなると言えるでしょう。

自分に自信がつく

体を鍛えるメリットの一つは「自分に自信がつく」です。

継続的に努力し、体を鍛え筋肉がつき、見た目も良くなってくると「自分もキチンとやれる」という自信が湧いてくるものです。

一つの事で自信が生まれると、人は他のことにもやる気が湧いてくるものです。そして、次々と違うことに挑戦していけるようになるものです。挑戦する数が増えると、成果を上げるチャンスも上がるものです。それは更なる結果に繋がり益々自信が生まれます。

体を鍛えるデメリット

体を見せたくなる

「体を見せたくなる」は体を鍛えるデメリットの一つです。

体を鍛え体が引き締まったり、腹筋に筋肉がついて割れてくるなどすると、ついついそれを人に見せたくなるものです。

私の場合も太って脂肪だらけだった時には、人にお腹を見せることなどなかったのですが、腹筋が割れてくるようになってから何度も人に見せるようになったものです。

見せられる方はありがた迷惑かもしれませんが、もしそのような目に遭った方はそんなものだと思って受け流すと良いかもしれません。

ついついやり過ぎる

体を鍛えると、成果が出てくるのでついついやり過ぎるね。

体を鍛えるデメリットの一つは「ついついやり過ぎる」です。

体を鍛え始めると、次第に様々な成果が目に見える形となって現れるので益々頑張ろうと思えるものです。

ところが、ここで一つ気をつけなければならないことは、ついついやり過ぎてしまうことです。成果が出て楽しくなるとやる気に火が付き更にやりたくなるものですが、やり過ぎると筋肉や関節を痛めることにもなります。体の為にも適度な休養は必要です。

ブヨブヨ体型の人が気になる

「ブヨブヨ体型の人が気になる」は体を鍛えるデメリットの一つです。

自分の体を鍛え体が引き締まってくると、それが普通のように思い始めます。そうすると、周りのブヨブヨ体型の人が気になり出すものです。ダイエットをし痩せてきた時に人の体形が気になるのと一緒です。

人にはそれぞれ考え方があります。ぽっちゃりした体型が好きと言う人もいるかもしれません。必要以上に人の体形を気にするのも困ったものです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

体を鍛えるメリットは以下になります。

 

見た目が良くなる・太っても痩せやすい体になる

健康意識が高くなる・努力の大切さを実感できる

疲れにくい体になった・体が軽く感じる

自分に自信がつく

 

体を鍛えるデメリットは以下になります。

 

体を見せたくなる・ついついやり過ぎる

ブヨブヨ体型の人が気になる

 

体を鍛えることにはメリットデメリット両方があるものです。ですが、圧倒的にメリットの方が多いと言えるでしょう。適度な範囲で体を鍛えることは健康を維持する上で有益と言えるでしょう。デメリットを減らしながらメリットを享受したいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました