嫌な先生 対処法10選!

人生

嫌な先生 対処法10選!

ピゴシャチ
ピゴシャチ

嫌な先生がいると、学校に行きたくなくなる若者の気持ちはわかるな。

イタチ
イタチ

そうよね。毎日嫌な人に顔を合わせるのはストレスが溜まるわね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

嫌な先生の対処法は以下になるよ。

嫌な先生 対処法

そんな物だと割り切る

良い先生もいれば、嫌な先生もいるわよね。そんなものだわ。

「そんな物だと割り切る」のは嫌な先生 対処法の一つです。

世の中には多くの人がいるものです。育った背景や現在の状況によって、人は良くも悪くもなるでしょう。

先生も例外ではないでしょう。仮に嫌な先生がいたとしたら、世の中はそんなものだと割り切ることも大切なのではないでしょうか?

嫌な先生10の特徴

隣の担任の先生が良かった」などと思う事はざらにあるでしょう。ですが、比較をしても現実が変わるものでもありません。良い人もいれば、悪い人もいるのだと冷静に割り切ることが大切でしょう。

見下しながら聞く

嫌な先生 対処法の一つは「見下しながら聞く」です。

先生よりも生徒の方が賢いと言う場合は、世の中にたくさんあるでしょう。

例えば、数学の先生の中には、解答方法を一度教科書やノートで眺めた後でなければ、板書できないと言う人もいるでしょう。一方で、優秀な学生の中には、先生が知らない解法で解くことができる人もいるでしょう。

そんな時に自分の能力不足を認めたくないために「誰がそんな解き方でやれと言った!」などと怒り出す先生もいるでしょう。

そのような場合には「プライドを傷つけられて困っているんだ。だったら勉強しろよ」と思いながら見下していれば良いでしょう。

褒めて転がす

適当に褒めると関係が良くなる場合もあるね。

「褒めて転がす」のは嫌な先生 対処法の一つです。

先生の中には、ちょっと変わり者もいるものです。私が実際に目撃したのは、返事の仕方が悪いと言うだけで、ほぼ毎時間腹を立てる体育教師でした。この先生は、昔の軍隊式教育を受けた人なのでしょう。納得のいかない挨拶をすると、授業を放棄することもありました。大人気ない対応で、ほぼ全ての生徒から嫌われていました・・。

世の中には挨拶をしてもしない人もいるのですから、返事をするだけまだマシだと思うのですが、そのように割り切ることができないのでしょう。

このような頭の固い先生は、褒めて転がすと言うのも1つの手でしょう。生徒に嫌われる先生と言うのは、人望がなかったりするものです。疎まれて、相手にされなかったりするものです。心の中は案外寂しかったりするものです。

ですから、適当に褒めると喜んで、自分に優しく接してくれたりすることもあります。上述の先生がまさにそれでした。

聞いている振りをする

嫌な先生 対処法の一つは「聞いている振りをする」です。

昔気質の先生は、目を見ながら話などをしないと怒り出す人もいるものです。「なんだその態度は!」などと怒鳴り出す人もいるでしょう。実に面倒なタイプです。嫌な先生と言われるのも無理は無いかもしれません。

このような先生を相手にする時には、とりあえず聞いているフリをしておくのが賢明でしょう。「そうですね。すいません」などと生徒が言ってくれることで、気持ちが穏やかになる先生も多々いることでしょう。

とりあえず聞いておくふりをしておくのは、案外お手軽な方法と言って良いでしょう。

相手の状況を考える

「相手の状況を考える」のは嫌な先生 対処法の一つです。

先生の中には、自分の感情をコントロールできない人もいるものです。元々持った性格もあるかもしれませんが、プライベートでストレスを抱えており、そうなってしまう人もいるでしょう。

実際に私が聞いたことがあるのは、何度も離婚していると言う先生の話です。たまたま運悪く良いパートナーに恵まれなかったのかもしれません。また、先生の性格に問題があって、何度も何度も結婚生活に失敗してしまうのかもしれません。ですが、プライベートでストレスを抱えていれば、歪んだ性格になってしまうことがあるのは、先生も一緒ではないでしょうか?

たとえ理不尽な怒り方をする先生であっても「あの人はプライベートで問題があるらしいから、仕方がない。かわいそうな人なのだ」と思うと生徒の方も気が楽になるでしょう。

相手が喜ぶことを考え実行する

嫌な先生 対処法の一つは「相手が喜ぶことを考え実行する」です。

先生の中には、しょうもない宿題を出す人もいるものです。このような先生は、生徒から嫌われても仕方がないものですが、先生にもプライドと言うものがあるでしょう。自分の出した宿題をほとんどの生徒がやってこない場合、プライドはズタズタに引き裂かれてしまうでしょう。

人間は、相手の喜ぶことをすることで、相手の欲求を満たすことができます。しょうもない宿題を出す先生の場合、その宿題をやって提出することが、相手の欲求を満たす場合もあります。相手を喜ばせることで、嫌な先生もそうではなくなることもあるでしょう。

理不尽な場合はその他の先生に助けを求める

他の先生に助けを求めるのも一つの手だわ。

「理不尽な場合はその他の先生に助けを求める」のは嫌な先生 対処法の一つです。

先生は本来、生徒に対して真摯に向き合うべきですが、中にはめちゃくちゃな先生もいることでしょう。そのような時には、他の先生に相談することも1つの手でしょう。

例えば、女子生徒がセクハラまがいのことを男性教師からされる場合には、女性の先生に相談してみるのは有効な方法の1つかもしれません。女性の先生だからこそ、セクハラまがいの行為に対して、より共感してくれる場合もあるでしょう。

証拠を突きつける

嫌な先生 対処法の一つは「証拠を突きつける」です。

先生の中には、生徒の主張を聞かない人もいるでしょう。仮に生徒の方が正論を主張したとしても「そんなことを覚えていない」などと、とぼける人もいるでしょう。そのような時には証拠を突きつけるのも1つの手でしょう。

ただし、気をつけなければならないのは、証拠を突きつけられると先生の方が追い詰められ、逆上してしまうと言うこともあります。「ガキの癖に生意気だ!」などと怒る人もいるでしょう。

証拠を提示しながら追い詰めつつも、相手の逃げ道を残しておく必要はあるでしょう。そうすることで余計なトラブルが減るものです。

友達と連携する

学生時代に、女子生徒にベタベタ触る気持ち悪い先生がいたわ。

「友達と連携する」のは嫌な先生 対処法の一つです。

人間一人では無力であったとしても、複数の仲間と束になることで、大きな力が発揮できる時もあります。

先生の中には、女子生徒に対していやらしい態度で接する人もいるでしょう。変態は典型的な嫌な先生の一人です。

例えば、女子生徒にだけはベタベタ触りたがる先生もいるものです。仮に一人の女子生徒に対してベタベタ触る先生は、大抵他の女子生徒にもやっていることでしょう。

このような時には、友達と連携してみることで、よりうまく対処することができることもあるでしょう。

行政に訴える

嫌な先生 対処法の一つは「行政に訴える」です。

嫌な先生に対処するために、学校長などに訴えた時に問題が発生することがあります。その一つは、内部で揉み消される可能性があると言うことです。

自分のキャリアを傷つけたくないタイプのトップがいる場合は、内部で処理して表に出さないような行動を取るかもしれません。

このような時には泣き寝入りするのではなく、行政に訴えてみることも一つの手でしょう。証拠を持ち、行政に訴えてみることで改善される場合もあるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?嫌な先生 対処法は以下になります。

 

そんな物だと割り切る・見下しながら聞く

褒めて転がす・聞いている振りをする

相手の状況を考える・相手が喜ぶことを考え実行する

理不尽な場合はその他の先生に助けを求める

証拠を突きつける・友達と連携する・行政に訴える

 

生きていれば様々な人に出会うことになります。ですから、問題行動を犯す先生にたまに当たることもあるでしょう。そのような時には冷静に対処し、ストレスをため込まないようにしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました