子供を学校に行かせたい時に考えるべき事10選!

人生

子供を学校に行かせたい時に考えるべき事10選!

ピゴシャチ
ピゴシャチ

親であれば、我が子が学校に行かないと心配するね。

イタチ
イタチ

そうだね。だけど無理に学校に行かせるとこじれる時もあるね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

子供を学校に行かせたい時に考えるべき事は以下になるよ。

子供を学校に行かせたい時に考えるべき事

子供の気持ちを理解しているか?

子供の気持ちを理解することが一番大事ね。

「子供の気持ちを理解しているか?」は子供を学校に行かせたい時に考えるべき事の一つです。

学校に行きたがらない子供や学校嫌いな子供を抱える親御さんは、心配で仕方がない場合も多いでしょう。そのような状況になると、子供をついつい行かせたくなりますが、一番重要であるのは子供の気持ちや考えていることではないでしょうか?

子供がどのように考えているのか?が理解できなければ、良い解決策は見つからないでしょう。ですから、まず子供の気持ちや考えていることを把握することが大切でしょう。

行きたくない理由を把握しているか?

子供を学校に行かせたい時に考える事の一つは「行きたくない理由を把握しているか?」です。

子供が学校に行きたがらない場合、その背景には色々なケースがあるでしょう。時には、親が想像できないケースさえあるものです。 大人から見ると「そんな些細なことで・・」と思っても、 人生の経験が不足している子供にとっては大問題であることもあるでしょう。

ですからまずじっくり話をし、行きたくない理由をしっかりと把握することが大切でしょう。理由が分かると解決策が見えてくる場合もあるでしょう。

学校にあまり行かずに済む方法を考える

学校に行けない場合は、あまり行かずに済む方法を考えるのも一つの手だね。

「学校にあまり行かずに済む方法を考える」のは子供を学校に行かせたい時に考えるべき事の一つです。

子供を学校に行かせたいと思い悩む親御さんは多いでしょう。ですが、どんなに子供と話し合い、学校に行きたくない気持ちを理解したとしても、それだけでは子供が学校に行けない場合もあるでしょう。このような場合、不登校になってしまうこともあるかもしれません。

もしそのような状況に陥った場合は、学校に行かずに済む方法を考えてみるのも一つの方法かもしれません。高等教育以上であれば、通信制もあります。あまり通学しなくても良くなるので、検討してみる余地はあるでしょう。

友人に聞いてみる

子供を学校に行かせたい時に考える事の一つは「友人に聞いてみる」です。

学校に行きたがらない子供の背景には様々な理由があるでしょう。親がどんなに子供に聞いても、なかなか本音を話してくれないという場合もあるかもしれません。そのような場合、 友人に聞いてみるのも一つの手でしょう。

学校で何が起きているのか? 友人関係はどうなっているのか? といった情報を、子供目線で的確に捉える場合もあるでしょう。 それが解決策に結びつくこともあるでしょう。

無理強いしない

「無理強いしない」のは子供を学校に行かせたい時に考えるべき事の一つです。

学校に行きたがらない子供に無理強いをさせるのは良くないのではないでしょうか?子供も学校に行きたいと思っている場合が多いでしょう。また、親に迷惑をかけてすまないという思いを持っている場合も多いでしょう。

ですから、本人が葛藤していることがよくあるものです。そのような状況で、 子供に無理強いさせると余計にこじれたことになってしまう場合があるでしょう。あまり無理しないように気をつけたいものです。

学校の先生に相談してみる

子供を学校に行かせたい時に考える事の一つは「学校の先生に相談してみる」です。

学校に行きたがらない子供を抱えていると心配するものです。自分なりに努力して子供を学校に行かせたいと思っても、思うようにいかなくてイライラする場合もあるでしょう。我が子であるから自分が一番よく知っているという思いがあれば歯がゆい気持ちになるでしょう。

ですが、学校の様子を意外に親が知らないというケースはたくさんあります。ですから子供が学校に行かない場合、 学校の先生と話し合う必要があるでしょう。学校内のことは自分よりも先生の方が知っていることが多いでしょう。

少しでも行けないか聞いてみる

完全に通学するのが難しくても、少しなら行けるかもしれないね。

「少しでも行けないか聞いてみる」のは子供を学校に行かせたい時に考えるべき事の一つです。

学校に行きたがらない子供を無理強いすることはよくないですが、かといって子供の意思ばかり優先していると心配になる場合もあるでしょう。

そのような場合は、少しでも学校に行けないか?と聞いてみるのも一つの手でしょう。少し遅れて学校に行けないかどうか聞いてみたり、給食の時間から行けないか聞いてみるのも手でしょう。もちろん、こうするためには学校の先生の協力も必要になるでしょう。

勉強に遅れが出ないように気を配る

子供を学校に行かせたい時に考える事の一つは「勉強に遅れが出ないように気を配る」です。

学校に行きたがらない子供を無理強いして行かせると、ますます嫌になることもあるでしょう。無理をさせるのはあまり良いことではないかもしれません。しかしながら、学校に行かなければ勉強に遅れが出る場合もあるでしょう。

元々学校に行きたがらなかった子供が、勉強で遅れが出ればますます行きたくなくなるでしょう。そのような場合に備えて、勉強面での遅れが出ないように気を配りたいものです。

褒美で釣ってみる

褒美で子供が学校に行くのなら、それも時には使える手だと思うわ。

「褒美で釣ってみる」のは子供を学校に行かせたい時に考えるべき事の一つです。

学校に行きたがらない子供の中には、怠け癖がついている子もいるものです。このような子供に叱りたくなる気持ちもわかりますが、ますます意固地になって学校に行きたがらない場合もあるでしょう。そのような場合は、褒美で釣ってみるのも手かもしれません。

「学校に今週しっかり行けたら〇〇をあげるよ」などと提案してみるのです。そうすると褒美に釣られて学校に行く場合もあるでしょう。気をつけなければならないのは、 この手ばかりを使うと褒美がなければ行動しない子供になってしまうことでしょう。

友人と学校に行かせる

子供を学校に行かせたい時に考える事の一つは「友人と学校に行かせる」です。

学校に行きたがらない子供は、たいてい朝の時間が肝心なのではないでしょうか?完全に不登校の場合を除いて、朝の気乗りしない時間を乗り越えることができると、スムーズに学校に行けることが多いでしょう。

そのような傾向がある子供の場合、毎朝友達と一緒に学校に行かせると良いかもしれません。友達に家に迎えに来てもらえると、スムーズに学校に行けることも多いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?子供を学校に行かせたい時に考えるべきことは以下になります。

子供の気持ちを理解しているか?

行きたくない理由を把握しているか?

学校にあまり行かずに済む方法を考える

友人に聞いてみる・無理強いしない

学校の先生に相談してみる

少しでも行けないか聞いてみる

勉強に遅れが出ないように気を配る

褒美で釣ってみる・友人と学校に行かせる

我が子が学校に行ってくれないと、親であれば誰もが不安に思うことでしょう。一番重要なのは、学校に行かせることではなく、子供の事を一番に考えることでしょう。ですからまず、子供とじっくり話し合い、本人が考えていることを把握する必要があります。本人が心を打ち明けてくれない時には、友人や先生のサポートも必要でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました