社会の役に立つ人10の特徴

人生

社会の役に立つ人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

社会の役に立てる人には頭が下がるよ。

イタチ
イタチ

そうだね。スケールの大きな人なのかもね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

社会の役に立つ人の特徴は以下になるよ。

社会の役に立つ人の特徴

自分の幸福を考える

自分の幸福が社会の幸福に繋がると思うな。

「自分の幸福を考える」のは社会の役に立つ人の特徴の一つです。

社会に役立つ人は、周りのことを考える人でもありますが、同時に自分の幸福も考える人ではないでしょうか?自分が満たされていないのに、誰かを満たすことは出来ないでしょう。自分が幸福でないのに、社会の役に立つ事はできないでしょう。まず、自分がきちんと満たされてこそ、世の中の幸せを追求できるのではないでしょうか?

もし、社会のために役に立つ人になりたいと思うのであれば、自分の幸せを最大限に追求することが最初にするべき事でしょう。

人が喜ぶのが嬉しい

社会の役に立つ人の特徴の一つは「人が喜ぶのが嬉しい」です。

社会に役立つ人は大抵、人が喜ぶのが嬉しい人が多いのではないでしょうか? 

世の中には様々なタイプの人がいるものです。人が困っている顔を見ていると嬉しいと感じる捻くれ者もいることでしょう。ですが、このような人が社会の役に立つ人となったと言うケースはあまり聞かないでしょう。

社会に役立つ人と言うのは大抵「人の喜びが自分の喜びでもある」と考えるような人が多いのではないでしょうか?

広い心を持っている

社会の役に立つ人は、広い心を持っている人だと思うな。

「広い心を持っている」のは社会の役に立つ人の特徴の一つです。

器が小さい人が社会に役立つ人となった話は、あまり聞かないのではないでしょうか?

例えば、人を妬む人が誰かの役に立つ人となった話はあまり聞かないでしょう。「妬むなら、妬ませておけば良い」と考えるような広い心を持っている人が、社会に役立つ人となるでしょう。

社会に役立つようなことをする人は大抵、人とは違う行動や発言をする人であるでしょう。ですから目立つ人となり、結果として、人から妬みを買うことなど日常茶飯事かもしれません。ですが、そのような状況でもさらっと水に流すことができる人でしょう。

使命感がある

社会の役に立つ人の特徴の一つは「使命感がある」です。

社会に役立つ人は大抵の場合、使命感を持っているケースが多いのではないでしょうか?

例えば、貧しい地域に現れた神童と呼ばれるような学生が、苦学の末に社会的地位を獲得するに至った場合に「あの人がこの世に生まれたのは、貧しいこの地域を変革するためなのだ」などと思えるケースを多くの人が目撃していることでしょう。

薄っぺらい気持ち程度では、社会に役立つ人になるのは厳しいのではないでしょうか?

社会を良くしようと思う

「社会を良くしようと思う」のは社会の役に立つ人の特徴の一つです。

時々テレビや雑誌などを見ていると「社会に役立ちたいのです」と答える人がいます。

私自身が、そのような観点で考えたことがないので、感服してしまうものです。多くの人は、ついつい自分のことだけを考える個人主義に走ることが多いのではないでしょうか?社会のことなど考えて行動していないことが殆どでしょう。

ところが、社会に役立つ人と言うのは、例えば「貧困で苦しむ人が多いこの国を良くしたい」などと社会の役に立つようなことを考えます。この考え方をするだけでも、常人とはレベルが違うものだと思い知らされます。

長期的ビジョンで考える

社会の役に立つ人の特徴の一つは「長期的ビジョンで考える」です。

歴史上に名前を残すような国家のリーダーたるものは、長期的ビジョンで物事を考えることが多いでしょう。ですから、短期的に見ると、あれこれ批判されることが多いのではないでしょうか?

ところが時間が経ち、リーダーたる人が亡くなった頃に、具体的な成果となって現れ、そのリーダーの偉業が人々に徐々に理解されるようになることが多いでしょう。

抜本的な社会改革を進めたいと思うのであれば、長期的ビジョンがなければならないでしょう。

人の批判を恐れない

人の批判を恐れていて、社会の役になど立てないわ。

「人の批判を恐れない」のは社会の役に立つ人の特徴の一つです。

人間は大物になればなるほど、人からの批判も多くなるのではないでしょうか?人からの批判を恐れていると、自分が思っている考えを実行する事はなかなか難しくなるでしょう。

社会に役立つ人は、人の批判を恐れずに、役に立つことを実行できる人であるでしょう。「今自分が考えている事は後になれば必ず理解される」などと思いながら、考えを実行に移すケースが多いのではないでしょうか?

人気取りを考えない

社会の役に立つ人の特徴の一つは「人気取りを考えない」です。

よく選挙が近くなると、人気取りに走る政治家がいるものです。選挙で当選することを考えると、それは当然のことなのかもしれません。選挙で当選しなければ、自分のやりたい構想を具現化できないからと言う部分もあるでしょう

ですが、人気取りに走った政治家が社会に役立つ人になったと言う話はあまり聞かないものです。社会に役立つ人はむしろ、人気取りを考えないことが多いのではないでしょうか?

責任感がある

責任感がある人でなければ、社会の役には立てないと思うわ。

「責任感がある」のは社会の役に立つ人の特徴の一つです。

ちゃらんぽらんな人が、社会に役立つ人になるはずはないでしょう。そもそもそのような人は、自分の考え自体がしっかりまとまっていないことが多いのではないでしょうか?そのような人が、社会を変革していくことなど出来るはずないでしょう。

社会に役立つ人は、責任感を持っているでしょう。自分の考えていることや、やっていることがうまくいかない時には、とるべき責任は自ら取る位の覚悟を決めていることでしょう。

一味違うことが出来る

社会の役に立つ人の特徴の一つは「一味違うことが出来る」です。

歴史に名を残すような人と言うのは大抵、一味違うことができるのではないでしょうか?

先人達を見習う事は大切ですが、同じような考え方をし、同じような行動をとっているだけでは、なかなか社会に役立つ人になることは難しいのではないでしょうか?

独自の発想や行動力がある人こそが、社会に役立つ人となれるのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?社会の役に立つ人の特徴は以下になります。

 

自分の幸福を考える・人が喜ぶのが嬉しい

広い心を持っている・使命感がある

社会を良くしようと思う・長期的ビジョンで考える

人の批判を恐れない・人気取りを考えない

責任感がある・一味違うことが出来る

 

社会の役に立つ人は選ばれた存在であるでしょう。もし、自分にそのような力が備わっていると感じるのであれば、その能力を無駄にしてはいけないでしょう。与えられた力を有効に生かさなければならないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました