空気が読めない人10の特徴

人生

空気が読めない人10の特徴

空気が読めない人の特徴

雰囲気を壊す

空気が読めない人は、雰囲気を壊すから厄介だわ。

「雰囲気を壊す」のは空気が読めない人の特徴の一つです。

折角みんなで楽しい話をしていたにも関わらず、空気が読めない人が不用意な発言をしたことで、一気にその雰囲気がぶち壊されると言うことがあるものです。そのように雰囲気を壊す人は大抵、煙たがられるのではないでしょうか?

空気が読めない人は、本人に悪気は無いのかもしれませんが、いつの間にかそうなっていることも多いでしょう。子供から大人までそのような人が一定数いるでしょう。

周囲をイライラさせる

空気が読めない人の特徴の一つは「周囲をイライラさせる」です。

空気を読めない人の特徴は何か?と言われたら、多くの人が周囲をイライラさせることを挙げるのではないでしょうか?空気を読んで生活をすることが当たり前と言う環境では、もし1人でも空気を読まない人がいれば、その人は浮いた存在となり、非常に周囲を不快にさせるかもしれません。

例えば、神経質な上司がいて皆気をつかっているにもかかわらず、同僚の1人が空気を読まないタイプであり、上司を怒らせるような不用意な発言をすれば、周囲の人達はイライラさせられることでしょう。

話の流れを気にしない

空気が読めない人は、話の流れなどお構いなしだね。

「話の流れを気にしない」のは空気が読めない人の特徴の一つです。

空気が読めない人は大抵、話の流れを気にしない人が多いのではないでしょうか?「なぜ今その話をする必要があるのか?」と思うことがないでしょうか?

本人に悪気は無いかもしれませんが、自分の頭で思い付いたことを、パッと言うからそのようなことになるのでしょう。「あんた空気が読めない人だね」などと言われることがあったら「自分がこれから話そうとする内容は、流れに合っているのだろうか?」と一度考えてみるだけで、状況は好転するかもしれません。

自分の話ばかりする

空気が読めない人の特徴の一つは「自分の話ばかりする」です。

空気が読めない人は大抵、自分の話ばかりするものです。世の中には、自分が得意なことしか話が出来ない人がいるものです。私が以前会ったことがある人の中にも、そのような人がいました。

その人は非常にコンピューターに興味がある人なのですが、それ以外の話を振ると、全く会話が成立しなくなるのです。その人が話をする時は、いつもコンピューターの話題なのです。私はコンピューターが特別詳しい訳でもないので、時々会話についていけなくなることがあり大変な思いをしたものでした。

本人に自覚がない

「本人に自覚がない」のは空気が読めない人の特徴の一つです。

空気を読めない人を見ていると、残念なことに本人に自覚がないことが多いのではないでしょうか?相手を不快な気持ちにさせるかどうか?は大抵の場合、本人がその問題を自覚できるかどうかでしょう。

空気が読めない人は、本人に全く悪気がなかったりすることが多いでしょう。例えば、相手を見下すような発言をしていても、本人がそれに気づいていなかったりするものです。

人の表情を観ていない

空気が読めない人の特徴の一つは「人の表情を観ていない」です。

空気が読めない人は、よく観察してみると人の表情を見ていないことが多いのではないでしょうか?または、人の表情を見るタイミングがズレていたりするものです。

例えば、誰かが怒っている時には、その表情から「もうこの話をするのはやめよう」などと思うものですが、空気が読めない人は表情を見ていないために、そのように切り替えることができません。

一見こっちを見ているようでも、視線を観察していると、焦点が合わずに遠くをボーっと見ているようなフシがあったりします。

人の表情から察することが出来ない

空気が読めない人は、人の表情が分からないようだね。

「人の表情から察することが出来ない」のは空気が読めない人の特徴の一つです。

空気が読めない人は大抵、人の表情から察することができない場合が多いのではないでしょうか?例えば、相手が笑っている時にも様々なケースがあるものです。楽しくて笑っている場合、相手を馬鹿にして冷ややかな笑みを浮かべている場合など様々なものがあります。

空気が読めない人は、このような違いを察することができないものです。相手が馬鹿にして笑っているにも関わらず、それに気付かなければ、馬鹿にしている方が腹を立ててしまうことがあるかもしれません。

相手が怒っていても解らない

空気が読めない人の特徴の一つは「相手が怒っていても解らない」です。

空気が読めない人は、相手が怒っていてもわからないことが多いのではないでしょうか?対面で人と接していると、空気感を感じるものです。相手がリラックスしているのか?相手が怒っているのか?といったものを空気感で判断することができるものです。

空気が読めない人は、このような判断ができないことが非常に多いものです。相手が怒っているにも関わらず、それを察することができなくて、火に油を注ぐような結果になることも多いでしょう。

自分勝手な行動をする

自分勝手な行動を取っている時に、本人に自覚がなければ周囲が大変ね。

「自分勝手な行動をする」のは空気が読めない人の特徴の一つです。

空気を読めない人は、自分勝手な行動をすることが多いのではないでしょうか?かなり前の事ですが、友達が1人しかいないと言う女性に会ったことがあります。この人は、3人兄弟の末っ子で非常に甘やかされて育ったそうです。

どうして友達が1人しかいないのか?と思い観察していたところ、常識やルールを守らない人でした。そして、自分勝手な行動を始めるのです。周囲と摩擦が起きるのは当然でしょう。本人に悪気は無かったのかもしれませんが、空気を読めない人だったのでしょう。

人間関係の揉め事が多い

空気が読めない人の特徴の一つは「人間関係の揉め事が多い」です。

空気を読めない人は大抵、人間関係の揉め事が多いものです。職場や学校で、このような人はよく人とトラブルを起こす場所があるものです。では、どうして揉め事が多くなるのでしょうか?

空気を読めない人は、まず周りの人たちをイライラさせます。そして、イライラさせていることに気付かないために、謝ったり行動を修正できないものです。これが事態を悪化させます。結果として、人間関係の揉め事が多くなるのでしょう。

性格的にわがままな人の場合、本人に自覚がある場合もありますが、空気が読めない人の場合だと残念ながら本人に自覚がないので困ったものです。

まとめ

いかがだったでしょうか?空気が読めない人の特徴は以下になります。

雰囲気を壊す・周囲をイライラさせる

話の流れを気にしない・自分の話ばかりする

本人に自覚がない・人の表情を観ていない

人の表情から察することが出来ない

相手が怒っていても解らない

自分勝手な行動をする・人間関係の揉め事が多い

空気が読めない人は苦労することが多いのではないでしょうか?また、周囲がイライラさせられることも多いでしょう。どちらにとっても不幸なことです。空気が読めないと言われたら、本人が自覚し改善する努力をした方が、状況は良くなる場合が多いでしょう。また、周囲がこの人は空気が読めない人だと思う時には、そういう特質を持った人だと配慮する必要もあるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました