子供好きな人10の特徴

人生

子供好きな人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

子供が本当に好きな人がいるね。

イタチ
イタチ

そうだね。子供にとってはありがたい存在だね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

子供が好きな人の特徴は以下になるよ。

子供好きな人の特徴

子供が可愛い

子供が可愛くて仕方がないわ。

「子供が可愛い」のは子供好きな人の特徴の一つです。

子供が好きな人は、基本的に子供が可愛いと思うのではないでしょうか?自分の甥っ子や姪っ子が小さい時に、溺愛してしまうタイプで、時間があれば理由をつけて会いに行きたくなるのではないでしょうか?子供が嫌いな人は、そのような気分になれないでしょう。

このように、子供が可愛くて仕方がないと言う人は、子供好きと判断して間違いないでしょう。

子供を育てる事に喜びを感じる

子供好きな人の特徴の一つは「子供を育てる事に喜びを感じる」です。

世の中には残念ながら、子供に愛情が持てず放置してしまうタイプの親がいるものです。間違いなく毒親でしょう。

一方で、趣味が子育てと言う人もいるのではないでしょうか?このようなタイプの人は間違いなく子供好きであると言って良いでしょう。子供が小さい時から一緒にいる時間を多く持ち、愛情を注ぎ続け、子供がある程度の年齢となり親離れする頃になると、子供の成長が寂しいと感じてしまうタイプなのではないでしょうか?

このような人は本当に子供好きと言って間違いないタイプでしょう。

一緒に過ごす事に幸せを感じる

子供と一緒の時間が幸せだな。

「一緒に過ごす事に幸せを感じる」のは子供好きな人の特徴の一つです。

子供好きな人は、我が子はもちろん、親戚の子供、他人の子供であったとしても子供と一緒に過ごす時間に喜びを感じるのではないでしょうか?

子供好きの人から見れば「それは当たり前のことだ」と思うかもしれませんが、世の中には子供が好きではない人もいるものです。

幼少期に親からの愛情を感じずに育ってしまったタイプの人は、子供を見ても「子供の何が可愛いの?」などと思ってしまい、子供と接していても幸せを感じないこともあるでしょう。子供と一緒にいることで幸福感一杯になるのは、子供好きだからでしょう。

子供と接するのが好きであれば、それを職業にするのも一つの手かもしれません。

優しい性格

子供好きな人の特徴の一つは「優しい性格」です。

子供好きな人は基本的に優しい性格であるのではないでしょうか?人間としてギスギスしている部分があったり、性格がきつい人はあまりいないでしょう。

愛情たっぷりの優しい人だからこそ、自分の思い通りに行動してくれない子供であったとしても、優しく接することができるのでしょう。

子供に対して笑顔

「子供に対して笑顔」なのは子供好きな人の特徴の一つです。

子供が嫌いな人は、子供を見ても仏頂面していることが多いのではないでしょうか?自分が可愛いと思えなければ当然の反応かもしれません。

一方で、子供を見ると自然な笑顔になれる人もいます。このような人は、子供が好きなのでしょう。ですから、自然に微笑むことができるのかもしれません。

また、子供が好きで接する機会が増えれば、自然な笑顔を作ることもできるようになるかもしれません。子供と触れ合う時間が少なければ、ぎこちない笑顔になるのではないでしょうか?

子供と同じ感覚になれる

子供好きな人の特徴の一つは「子供と同じ感覚になれる」です。

子供好きな人は、子供と同じ目線でものを考えたり、同じ気持ちになることが得意なのではないでしょうか?子供の視点で考えることができれば、子供が伝えたい気持ちをより正確に汲み取ることができるでしょう。

何か問題を抱えていても、それをうまく伝えることができない子供はいるでしょう。ですが、子供好きな人は、そのような子供の気持ちを察し、うまく対応できることでしょう。

結果として、子供と良い関係を築くことができるのではないでしょうか?

子供に話しかけるのが楽しい

子供に話しかけるのが楽しいな。

「子供に話しかけるのが楽しい」のは子供好きな人の特徴の一つです。

子供が嫌いな人は、子供に話しかけるのが楽しいとは思わないでしょう。ただの苦痛なのではないでしょうか?

一方で、子供が好きな人は、子供とたわいもない話をすることだけでも、喜びを感じることができるのではないでしょうか?子供が小さい時は、なかなか上手に話すことができませんが、成長とともに話すのが上手になるものです。この過程を見守るのも楽しいと感じるのではないでしょうか?

子供をよく褒める

子供好きな人の特徴の一つは「子供をよく褒める」です。

子供に叱ってばかりいる人と子供をよく褒める人がいるものです。その違いは一体何なのでしょうか?様々な原因が考えられますが、子供が好きであるかどうかが大きいのではないでしょうか?

子供に対する愛情があっても、毎日クタクタになるまで働き、子供についつい八つ当たりをし、叱ってばかりいる人もいるでしょう。そんな自分を不甲斐なく思いながら、子供に対し申し訳ないと言う気持ちを抱えている人もいるでしょう。このような人は、子供に対する愛情はあっても、あまり子供好きでは無いのかもしれません。

子供好きな人は、ストレスがある状況で働き疲労困憊していても、子供を見るだけで嬉しくなってしまい、褒めることが多くなるのではないでしょうか?

子供と遊ぶのが上手

夫は子供好きで、一緒に遊ぶのが上手ね。

「子供と遊ぶのが上手」なのは子供好きな人の特徴の一つです。

子供好きな人は、子供と遊ぶのは非常に上手なのではないでしょうか?子供好きでない人は、子供と遊ぶ時に何をやって良いのか分からなくなり、子供を退屈させてしまうこともあるでしょう。子供の時に「あのおじさんやおばさんと遊ぶとつまらなかった」と言う体験は誰にでもあるのではないでしょうか?

一方で「あのおじさんと遊ぶのは非常に楽しかった」と言う人もいるでしょう。このような人は、子供と遊ぶのが非常に上手であり、子供好きだったのでしょう。

子供と接する経験が豊富

子供好きな人の特徴の一つは「子供と接する経験が豊富」です。

子供好きな人は子供と接する経験が豊富なのではないでしょうか?元々あまり子供が好きでなかったと言う人も、子供と接する時間が増えて子供の様々な側面を目の当たりにし、子供好きに変貌してしまうケースもあるかもしれません。

私も以前にそのような人を目撃したことがあります。子供が好きではないと言っていた人が、甥っ子と2人で家で留守番することとなり、残りの家族は心配して出かけたのですが、帰宅後こっそり2人の様子を観察してみると、実に中睦まじくやっているのです。甥っ子と接する時間と経験が増え、子供好きに変わってしまったようでした。

まとめ

いかがだったでしょうか?子供好きの人の特徴は以下になります。

 

子供が可愛い・子供を育てる事に喜びを感じる

一緒に過ごす事に幸せを感じる・優しい性格

子供に対して笑顔・子供と同じ感覚になれる

子供に話しかけるのが楽しい・子供をよく褒める

子供と遊ぶのが上手・子供と接する経験が豊富

 

子供が好きである人は基本的に優しい心の持ち主であり、子供と時間を共有することに幸せを感じることができる人でしょう。少子化社会において、このような存在は貴重なのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました