過去にとらわれる人10のデメリット

人生

過去にとらわれる人10のデメリット

ピゴシャチ
ピゴシャチ

上司が昔のやり方をいつまでも変えてくれなくて迷惑しているよ・・

イタチ
イタチ

きっと過去にとらわれているんだわ。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

過去にとらわれるとあまり良いことは無さそうだね。どのようなデメリットがあるかな?

過去にとらわれる人のデメリット

過去は変えられないと割り切れない

過去を悔やんでも絶対変えられないのに、いつまでも昔の出来事にとらわれてしまう自分だな・・。

「過去は変えられないと割り切れない」は過去にとらわれる人のデメリットの一つです。

長く生きていると誰しも失敗の一つや二つがあります。

人にひどい事を言って傷つけた・・。思いもよらぬ形で人から裏切られた・・。子供がグレてしまった・・。などなど、失敗や苦労はあるものです。

こういった過去の失敗をどれだけ悔やんでも、過去は変えることは出来ません。過去にとらわれる人は〝過去は変えられない〟となかなか割り切ることが出来ないものです。

くよくよしてしまう

過去にとらわれる人のデメリットの一つは「くよくよしてしまう」です。

〝人間は忘れる生き物だ〟などと言いますが、言われているほど簡単に忘れることが出来ないでしょう。人への恨みが消えないことはその一つの好例ではないでしょうか?

過去のことにいつまでもとらわれて、悲しみにくれたり、怒りを持ち続けるなどくよくよしてしまうことはないでしょうか?

人からされた嫌な事、人から言われた暴言、など過去にとらわれることが無ければ、生活はもっと楽しくなるでしょう。

くよくよしがちな人は「自分は過去にとらわれていないだろうか?」と問いかけをすることで少し冷静になれるでしょう。

慢心してしまう

俺はかつて超売れっ子だったんだ。

「慢心してしまう」のは過去にとらわれる人のデメリットの一つです。

芸能界で成功した大物がいつまでも威張り続けていることなどがあります。これは過去にとらわれている弊害の一つではないでしょうか?

成功すると謙虚さを忘れるものです。その結果慢心してしまうものです。頂点に行き着くとその余韻にいつまでも浸りたくなるのでしょう。過去の絶頂時代、人からちやほやされた時代など過去の遺産にとらわれると、どうしても慢心してしまうのでしょう。

成長できない

過去にとらわれる人のデメリットの一つは「成長できない」です。

「自分はこれだけの事を成し遂げたんだ!」という思いは、自分の自信を強くするでしょう。ですが、その過去の栄光に取りつかれたままでいると、そこから成長する事はできないものです。

成長できない時が長く続けば、いつのまにか自分が人に後れをとることになります。自信を持つために過去を思い出すのは良い事ですが、成長を止めることになるのではあまりにも残念なことではないでしょうか?

頑固になる

頑固な性格なあまり、プライドが強くなってしまったな・・

「頑固になる」のは過去にとらわれる人のデメリットの一つです。

頑固な人がいます。ひどい時には周囲が交流するのが不可能になる位の人もいます。頑固な人は過去にとらわれていることが多いものです。

昔の立場や栄光を捨て去ることが出来ずに、プライドだけは持ち続けていたり、先輩などから教えられてきたことを意味も考えずに従い、それを変えようとすると「生意気だ」と怒ったりします。

過去にとらわれると頑固になってしまうものでしょう。

考えなくなる

過去にとらわれる人のデメリットの一つは「考えなくなる」です。

「〇〇した方が早く終ると思います」と部下が上司に伝えたら、上司が「こうするのは、我が社の良い伝統だから」の一言で済まされ、旧来の体質に染まりきっている自社に改めてショックを受けた・・という話を聞いたことがあります。

過去にとらわれると、思考停止状態になります。昔からやってきたことをひたすら反復するだけでは、何も考えなくなってしまっても不思議ではないでしょう。

過去の栄光にとらわれる

私が20代の時は凄くモテたんだから・・。

「過去の栄光にとらわれる」のは過去にとらわれる人のデメリットの一つです。

一度挫折した人が、過去の栄光を思い出し、再起を図ろうと懸命に努力する姿をみていると、心打たれたり応援したくなるものです。

一方で、過去の栄光を相手に伝えても相手に伝わらないばかりか不快に感じる人もいるのも確かです。そのように感じてしまうのは、過去の自慢話をしていると感じたり、単に見栄を張る人にしか見えないからでしょう。

過去の栄光にとらわれる人の注意するべきポイントでしょう。

周囲が迷惑することもある

過去にとらわれる人のデメリットの一つは「周囲が迷惑をすることもある」です。

職場の飲み会などで「俺の若い頃はこうだった・・」などと話をするおじさんがいます。これが楽しい事であれば、皆喜んで聞くでしょう。

ところが、悲しいことに、説教じみたことを言う人がいます。「自分が若い頃は先輩が〇〇すれば○○したものだ・・」などと言うケースです。周囲は大変迷惑しているのに、そんな事はお構いなしです。嫌なおじさんによく見られる特徴でしょう。

過去にとらわれることで周囲が迷惑することもあると知っておくことは大切でしょう。

人生の軌道修正が出来ない

明らかに自分の望んだ未来と違っているな。軌道修正したいな・・。

「人生の軌道修正が出来ない」は過去にとらわれる人のデメリットの一つです。

自分の人生を良い方向に導きたいと思いながらも、なかなか腹をくくることが出来ずにいる人も多いでしょう。その一つの原因は、過去にとらわれ続けることです。

例えば、長年付き合っていた彼女との関係が悪化し、別れた方が良い状態であるにも関わらずズルズル引きずることがあります。これは、過去の彼女との関係にとらわれ過ぎているからではないでしょうか?自分が一緒に過ごした楽しい時間といった過去にとらわれているからではないでしょうか?

恋愛においては、あまりにも過去にとらわれ過ぎると、良縁を引き寄せる機会を失ってしまうこともあるでしょう。過去にとらわれない姿勢も大事ではないでしょうか?

独創的な発想が浮かばない

過去にとらわれる人のデメリットの一つは「独創的な発想が浮かばない」です。

何か新しいものを作り出すことが仕事の人は、常にアイデアを生み出す必要があります。既存のものを改良することを考えアイデアを得ることも出来ます。

ですが、過去にとらわれ過ぎると、ユニークで斬新なアイデアのひらめきを生みだすことは難しいものです。

一度これまでやってきたこと、これまでの常識を捨て去る必要があるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?過去にとらわれるデメリットは以下になります。

 

過去は変えられないと割り切れない・くよくよしてしまう

慢心してしまう・成長できない

頑固になる・考えなくなる

過去の栄光にとらわれる・周囲が迷惑することもある

人生の軌道修正が出来ない・独創的な発想が浮かばない

 

過去の出来事とどう向き合うか?により人生は大きく変わるのではないでしょうか?自信をもったり、同じ過ちを繰り返さないという意味において、過去のことを大切にするのは良い事でしょう。ですが、その一方で、過去にとらわれ続け、自分の人生が好転しないのは残念な結果であると言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました