転びやすい人10の特徴

人生

転びやすい人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

冬になると、時々転んでしまうな。

イタチ
イタチ

気を付けないと危ないね。どうして転ぶのだろう?

ピゴシャチ
ピゴシャチ

転びやすい人の特徴は以下になるよ。

転びやすい人の特徴

滑りやすい靴

滑りやすい靴を履いていると、転びやすくなるね。

「滑りやすい靴」なのは転びやすい人の特徴の一つです。

運動神経が良い人でも、転びやすい人はいるものです。その大きな理由は何でしょうか?滑りやすい靴を履いているからでしょう。冬になり雪が降ると、道路が凍結したり、雪が積もり歩きにくくなるでしょう。

もしこのような時に、滑りやすい靴を履いていれば、滑って転んでしまうのも無理もないでしょう。冬になる前に、自分の靴が滑りやすい状態になっていないか、確認したいところです。転んで怪我をすれば、後々大変なことになります。

バランスをとりにくい靴

転びやすい人の特徴の一つは「バランスをとりにくい靴」です。

特別な状況、例えば、路面が凍っているわけでもないのに転んでしまう人がいます。それは、バランスをとりにくい靴を履いているからではないでしょうか?

女性は、ヒールの高い靴を履くことがあります。バランスをとるのが難しいのは一目瞭然でしょう。ヒールを履くと、足元が綺麗に見えたりもしますが、転ばないことを第一に考えると、バランスのとれた靴を履くのが1番でしょう。

一歩一歩が大きい

大股で歩くと、転びやすくなるね。

「一歩一歩が大きい」のは転びやすい人の特徴の一つです。

滑りやすい路面を歩く時には、小幅で少しずつ進む方が転倒しにくくなるでしょう。道路が滑らない夏に歩くのと同じ感覚で、一歩一歩大きく進めば、滑りやすくなったり、バランスを崩しやすくなり転倒することになるでしょう。

よく転ぶ人の中には、これを理解していない人も多いのではないでしょうか?ちょっと気をつけるだけで、転ぶ可能性を大きく減らすことができるかもしれません。

油断している

転びやすい人の特徴の一つは「油断している」です。

人間は注意している時には、あまりミスをしないものです。大抵のミスは、油断している時に起こるものでしょう。これは、転ぶか転ばないかに関しても同じではないでしょうか?

「転ばないように注意して歩こう」と思って歩けば、あまり転ばずに済むでしょう。また、仮に転んだとしても、注意しているために怪我をする事は少なくなるでしょう。

油断している時には、転んでしまう事はもちろんですが、思わぬところをぶつけたり、怪我に繋がることもあるかもしれません。

バランス感覚が悪い

「バランス感覚が悪い」のは転びやすい人の特徴の一つです。

よく転ぶ人と転ばない人がいます。転びそうになっても、どうにか持ち堪えることができる人は大抵、バランス感覚が良いでしょう。

例えば、道路を歩いている時に、滑って転びそうになったとしても、尻餅をつかずに済みます。一方でバランス感覚が悪い人は、同じ状況で尻餅をついてしまい、お尻が痛くなったり恥ずかしい思いをすることでしょう。

高齢者

転びやすい人の特徴の一つは「高齢者」です。

高齢者が家の階段で転び、骨折などの大怪我をする話はよく聞くことでしょう。高齢になると、バランス感覚が悪くなったり、筋力も当然ながら弱るでしょう。結果として、転んでしまうのも仕方ないでしょう。

ですが、気をつけなければならないのは、怪我をすると回復するのに大変時間がかかることです。怪我をさせないように、周りの人達にも気を配りたいところでしょう。

筋力がない

筋力がない高齢者などは、転倒しやすくなると思うわ。

「筋力がない」のは転びやすい人の特徴の一つです。

転ぶ理由には、バランス感覚の問題や、注意力散漫などもあるかもしれませんが、筋力の問題もあるでしょう。バランスを失った時に、体を支えてくれるものは筋力です。いくらバランスを取ろうと思っても、踏ん張ることができなければ、倒れてしまいます。

同じ状況でも、筋力がある人は持ち堪えることができます。昔は転ばなかったのに、転ぶようになったと言う時には、筋力低下などの可能性もあるかもしれません。

疲れている

転びやすい人の特徴の一つは「疲れている」です。

よく転ぶ人は、注意力が散漫になっていることが多いものです。何か考え事をしている時などもそうですが、疲れている時にも同じ状態に陥るでしょう。

疲れていてぼーっとしていれば、周辺や足元に注意がいかなくなるのは当然です。結果として転んでしまうでしょう。日常的に睡眠不足になっていたり、疲れ気味の人はしっかりと休養を取ることを考えるべきでしょう。

滑りやすい状況を理解していない

どんな時に滑るかを知っていると、転ぶリスクを減らせるよ。

「滑りやすい状況を理解していない」のは転びやすい人の特徴の一つです。

転びやすい人は、滑りやすい状況を理解していないことも多いのではないでしょうか?例えば、路面が凍る時期に道路の表面が光っているとしましょう。濡れているようにも見えますが、道路の表面が凍っているためにそのように見えている場合もあります。

もし、この状況で「ただ濡れているだけだ」と思って歩くと、転びやすくなるでしょう。また、冬には氷の上に雪が積もっていることがあります。ただ雪が積もっていると思い、雪で覆われた氷の上を歩いてしまうと、つるっと転んでしまい、尻餅をつくことなどあるかもしれません。

たくさんの滑りやすい状況を理解していればいるほど、より注意深くなり、転ぶ可能性を低くすることができるでしょう。

経験が不足している

転びやすい人の特徴の一つは「経験が不足している」です。

雪がたくさん降る地域で育った人とそうでない人では、足元が滑ることに対する経験の量が圧倒的に違うでしょう。経験が不足していると、滑った時に体が自動的に反応するスピードが遅くなったり、受け身の取り方が違ってくるでしょう。

子供の時から雪国で育ち、何度も滑ったり転んだりしているうちに自然に学習していくことがあります。育った環境により、経験値に違いが出るのは仕方がないでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?転びやすい人の特徴は以下になります。

 

滑りやすい靴・バランスをとりにくい靴

一歩一歩が大きい・油断している

バランス感覚が悪い・高齢者

筋力がない・疲れている

滑りやすい状況を理解していない

経験が不足している

 

転ぶか転ばないかは、運もあるかもしれませんが、多くは注意力の問題ではないでしょうか?滑りやすい時や転びやすい時には、気をつけて歩こうと言う意識を持つだけで、転ぶ可能性を下げることが出来るでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました