寒い時に温まる方法10選!

人生

寒い時に温まる方法10選!

ピゴシャチ
ピゴシャチ

冬が本格的になると、寒くて大変だな。

イタチ
イタチ

私はいつも寒くて大変な思いをしているよ。1秒でも早く温まりたいわ。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

寒い時に温まる方法は以下になるよ。

寒い時に温まる方法

風呂に入る

お風呂に入ると、スグに温かくなることが出来て衛生的でもあるから良いわね。

「風呂に入る」のは寒い時に温まる方法の一つです。

寒い時に温まる簡単な方法はお風呂に入ることでしょう。お風呂が好きな人は言うまでもありませんが、普段シャワーで済ませる人も寒い時には風呂に入りたいと思うのではないでしょうか?

寒い外から家に帰り、まずひと風呂浴び、その間に部屋の暖房をつけていれば、風呂から出た頃には体も部屋も温まり快適でしょう。

身体がさっぱりした後で美味しい食事を食べれば、心も温まるのではないでしょうか?

ヒートテック系商品を身に着ける

寒い時に温まる方法の一つは「ヒートテック系商品を身に着ける」です。

昔は寒い冬になれば、重ね着をたくさんする必要があったものです。冬が嫌いな人の中には、この手間を嫌った人もいることでしょう。

現代では、薄くて暖かいヒートテック系商品があります。寒い時には、このような衣類を身につけることで、ゴワゴワすることなく簡単に温まることができるでしょう。軽くて薄いこのような衣類は、寒い冬を乗り切る上で必須のアイテムと言っても過言ではないでしょう。

布団に入る

布団に入るだけでスグに温かくなれるから良いね。

「布団に入る」のは寒い時に温まる方法の一つです。

寒い時に温まる方法の一つは布団に入ることでしょう。布団に包まると、自分が発する体温で温まることが出来ます。

一つ気をつけなければならないのは、勉強や仕事をしている時でしょう。布団に入り眠ってしまっては元も子もなくなるでしょう。もし寝てしまいそうであれば、タイマーをかけておき、体が温まった頃に布団から出て、再び勉強や仕事に取りかかると良いでしょう。

手袋をする

寒い時に温まる方法の一つは「手袋をする」です。

外を歩いている時に、手袋をするかしないかで寒いと感じる度合いがかなり違ってくるものです。外に出た時に寒いと感じた時には手袋をしっかりした方が良いでしょう。手袋をはめ、少し早めに歩いていると、体の中から温まってくることが実感できるのではないでしょうか?体も温まり、カロリーも消費できれば健康にとっても良いでしょう。

寒がりな人が手袋をしないのは言語道断でしょう。寒い時期には、外出する際に手袋を忘れないようにしたいものです。

温かい飲み物を飲む

「温かい飲み物を飲む」のは寒い時に温まる方法の一つです。

体が寒い時には、体の外から温めるだけではなく、体の内部から温める事も同時に行うと良いでしょう。スープが好きな人はスープを飲んでみたり、お茶が好きな人はお茶を飲んでみるのも良いでしょう。

お風呂に入るには、お湯が溜まるまで時間がかかりますが、お茶等を飲むのであれば、準備するにもあまり時間がかからず、割合すばやく温まることが出来る方法の一つと言えるでしょう。

鍋を食べる

寒い時に温まる方法の一つは「鍋を食べる」です。

毎年寒い時期になると、鍋に関するコマーシャルが多くなるものです。それだけ多くの人が鍋を食べたくなる時期でしょう。

鍋の良さは、体を芯から温めてくれるだけではなく、調理の手間を省いたり、たくさんの野菜などを一度に取ることができ、栄養バランスの観点からも良いことでしょう。

仕事や勉強で疲れている時に、鍋を食べることで体を温め、しっかり栄養を取るのは最高ではないでしょうか?

軽く運動する

軽く運動すると温まるから良いと思うね。汗をかかない程度が調度よいね。

「軽く運動する」のは寒い時に温まる方法の一つです。

家の中にいて仕事や勉強をしている時などに寒さを感じる時があります。日中家の中に陽が差し込んでいる時は良いかもしれませんが、夜間は日光が家の中に入らず、寒いと感じる時もあるでしょう。

そのような時には、気分転換を兼ねて軽く運動するのはどうでしょうか?腕立て伏せをしたり、腹筋をしたりすることで体の中から温まることができて、筋肉をつけることもでき、さらに気分転換にもなり、良い事ばかりでしょう。筋トレ好きな人には、もってこいな方法でしょう。

抱き合う

寒い時に温まる方法の一つは「抱き合う」です。

寒い冬に布団に入った時が、一番辛いと感じるのではないでしょうか?体から熱が発せられていても、布団の中の冷たさが上回ってしまう時には、温まるまでかなりの時間がかかり大変なものです。

このような時には、恋人や配偶者と抱き合うのも一つの方法です。お互い抱きしめ合えば 、あまり寒さを感じないばかりではなく、愛情を深めることもできるでしょう。布団の中も温まり、相手との関係もより良くなるのであれば最高ではないでしょうか?

ペットを抱く

ペットは温かいから、寒い時に抱くのは最高ね。

「ペットを抱く」のは寒い時に温まる方法の一つです。

家の中にいる時に寒いと感じたら、ペットを飼っている人はペットを抱いてみると良いでしょう。ペットの発する熱は馬鹿にすることができないものです。ぬくもりがじんわりと伝わってきて暖かいものです。

自分の可愛いペットを抱き上げてスリスリすると、たまらない気持ちになるのではないでしょうか?身も心も温まることができます。また、ペットの方も飼い主から可愛がられていると思い、満足することでしょう。

毛布に包まる

寒い時に温まる方法の一つは「毛布に包まる」です。

寒い時に布団に入ると体が温まりますが、その心地良さからウトウトし、最悪の場合は寝てしまうこともあるでしょう。体を温める目的であったにも関わらず、眠ってしまっては意味がありません。

そのような時は、毛布に包まるのも良いでしょう。足や体を毛布で包んでみると、暖かくなるのを体感することが出来ます。勉強や仕事をしていて寒さを感じた時には、毛布で寒い部分を包んでみると良いでしょう。寒い感覚が無くなると、再び集中して取り組むことが出来るでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?寒い時に温まる方法は以下になります。

風呂に入る・ヒートテック系商品を身に着ける

布団に入る・手袋をする

温かい飲み物を飲む・鍋を食べる

軽く運動する・抱き合う

ペットを抱く・毛布に包まる

寒い冬は多くの人にとって辛い時期と言えるでしょう。そのような時に、体を冷やすと免疫力を下げることにもなります。ウイルス感染などの対策には手洗いやうがいは欠かせませんが、体を冷やさないで免疫力を下げない工夫も必要になります。ちょっとしたひと手間で温まることができるのであれば、やらない理由はないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました