真似する人に腹が立つ時の10の対処法

人生

真似する人に腹が立つ時の10の対処法

ピゴシャチ
ピゴシャチ

「自分の真似をいつもする人がいて腹が立つ」という不満を聞いたよ。

イタチ
イタチ

毎回やられると不快になるよね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

真似する人に腹が立つ時はどのように対処すると良いかな?

真似する人に腹が立つ時の対処法

相手と距離を取る

不快な相手とは距離を取るのが一番ね。

真似する人に腹が立つ時の対処法の一つは「相手と距離を取る」です。

相手が自分の真似をする時に、あまりにもそれが気になり腹が立つ場合は、相手と距離感を保って接するのが一番でしょう。相手と顔を合わせることがなければ、相手が自分の真似をしたということに気付くこともなくなります。

自分の友人が自分と同じことをして腹が立つと感じるのであれば、もしかすると、相手は自分にとって、もはや友人ではないのかもしれません。そのような場合には、無理に顔を合わせる必要もないのかもしれません。

相手は悪気がないかもしれないと考える

「相手は悪気がないかもしれないと考える」も真似する人に腹が立つ時の対処法の一つです。

相手が自分の持ち物や行動を真似することに悪気が無い場合もあるでしょう。純粋にこちらの持ち物、行動に良い印象があり、それで自分も取り入れたいと考えていることもあるでしょう。

世の中で流行っている事を、自分も何となく真似てみる・・ということは誰にでもあるのではないでしょうか?それと同じことを相手が悪気無しにしているだけかもしれません。

自分は憧れの存在だと考える

真似されることが多い私は、憧れの存在なのね。

真似する人に腹が立つ時の対処法の一つは「自分は憧れの存在だと考える」です。

芸能人の服、靴、カバン、時計などは世間一般の人が気になり、真似して買うケースが多々あるのではないでしょうか?それに腹を立てる芸能人はいないでしょう。憧れの存在であることに満足感を覚えるケースの方が多いでしょう。

自分も同じように考えれば良いのではないでしょうか?相手から真似をされるというのは、相手からみると芸能人であるのです。スターです。

身近な世界の憧れの存在なんだ と考えると、多少イライラする気もなくなるでしょう。

真似する相手のSNSは見ない

「真似する相手のSNSは見ない」も真似する人に腹が立つ時の対処法の一つです。

相手が自分の真似をするのが嫌であれば、それに対する接触を減らすことです。相手が真似することは、相手に直接会った時にも分かりますが、SNSを通じても分かるでしょう。真似する人がSNS好きな人の場合、まず間違いなく真似たことが分かる投稿をするでしょう。

人が料理をして投稿したら相手も同じものを作って投稿している・・ 自分が行ったレストランを投稿したら相手も同じようにしている・・ このような事がSNSを通じて分かると、イライラして仕方ないでしょう。

そうであれば、SNSで相手の状態をチェックするのを止めた方が、精神的にも良いのではないでしょうか?

絶対真似できないスピードでやる

真似する人に腹が立つ時の対処法の一つは「絶対真似できないスピードでする」です。

真似されるのに腹が立つのであれば、相手が真似できないスピードですることです。例えば、自分が何かの料理をしSNSに投稿すると相手も真似をする・・そしてそれに腹が立つ・・ というのであれば、真似できないスピードでしてみるのも手でしょう。

例えば、料理の写真を何枚も取って置き、数時間ごとに投稿するのです。さすがに相手も同じように投稿することはできなくなるのではないでしょうか?

少しだけ冗談ぽくからかってみる

「少しだけ冗談ぽくからかってみる」のも真似する人に腹が立つ時の対処法の一つです。

例えば、高級品に似たデザインのものが格安に売られていることがあります。格安のデザインの物をあたかも高級品を買ったかのように演出します。相手が真似をする時は、恐らく高級品を買うでしょう。

そんな時に「この間のあれ、私のは格安のものだったんだ。あなたのは高級で良いわね。」と言うと相手を少し驚かせることが出来るかもしれません。

少しだけ冗談ぽくからかう位にしましょう。あまりやり過ぎると、相手はよく思わないばかりか憎しみを覚え始めるかもしれないからです。

真似できない方法でする

真似できない方法ですれば、真似される心配はないな。

真似する人に腹が立つ時の対処法の一つは「真似できない方法でする」です。

服やカバンなど購入可能なものであれば、相手も同じことが出来るのであまり効果は無いかもしれませんが、SNSなどに投稿する自分の一日の活動内容、高度な技術を必要とする活動などであれば、相手はなかなか真似できないでしょう。

例えば、レストランに行った時の投稿であれば、店名は伏せておき、料理だけは載せておくと、相手は気にはなるものの真似はできなくなるでしょう。相手が気になり聞いてきた時は「それはちょっと秘密なんだ」とでも言っておけば良いでしょう。

相手と張り合わない

「相手と張り合わない」ことも真似する人に腹が立つ時の対処法の一つです。

真似をする人に対して腹が立つのは、自分が何かをする度に、相手が真似をしてくるからです。一度や二度ならそうでもないでしょう。これが、何度も何度も起きるからではないでしょうか?

これを逆に考えると、こちらが何もしなければ、相手も真似をすることが少なくなるということでしょう。相手は張り合ってくる人かもしれません。こちらが張り合えば張り合うほど、状況はエスカレートするでしょう。そのような相手には下手に刺激をしない方が無難でしょう。

相手に対して張り合う意識が強くなると、相手が真似をした時に「自分の真似をした」という意識が強くなりイライラは増すでしょう。逆に相手に対抗する意識がなくなればどうでしょうか?真似をされても、そこまで腹は立たないのではないでしょうか?

また、相手と張り合おうとすれば、相手も張り合う場合もあるでしょう。そんな事が続けば、ひたすら疲れるだけではないでしょうか?

相手と張り合わないようにすることを意識すると良いでしょう。

相手に反感を持たれないようにする

反感を買う行動だけは避けた方が無難ね。

真似する人に腹が立つ時の対処法の一つは「相手に反感を持たれないようにする」です。

たとえ相手がいつも真似をし、こちらが不快な思いをしていても、それに対して対抗し相手が不満や憎しみの感情を持ち始めたら、問題は大きくなります。そんな状態は避けた方が賢明です。

例えば、いつも自分が真似をされて不快な思いをしていたとしましょう。もし相手をラクに上回る経済力があれば、経済力に物を言わせて真似できないようにしてしまうことも可能です。

「先月買ったカバンに続いて、今月もこのカバンを買いました」などと、100万円位するような買い物を2か月連続ですると、相手は恐らく対抗できなくなるでしょう。ここで真似大会に勝利したことは確かかもしれません。

ですが、相手は「自分には買えないことがわかっていて、相手はやったんだ」と思うこともあるのではないでしょうか?そうなると、自分に対して憎しみの気持ちを持ったり逆恨みするようになるかもしれません。

こうなると、この先どんな問題が起きて来るのか予測すらできなくなるでしょう。

自分の行動を楽しむことを意識する

「自分の行動を楽しむことを意識する」ことも真似する人に腹が立つ時の対処法の一つです。

自分が買い物をしたり、自分が作った料理、自分が行ったレストランなどをSNSに投稿することは、本来自分の楽しみであるはずです。

ところが「相手が真似をしていらいらする」というのは、自分の行動を楽しむ事を忘れている瞬間ではないでしょうか?相手をただ意識しているだけです。これでは腹が立つばかりで楽しくないでしょう。

そんな時は「楽しむのは自分なのだ」と今一度思い出してみる必要があるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?真似する人に腹が立つ時の対処法は以下になります。

 

相手と距離を取る・相手は悪気がないかもしれないと考える

自分は憧れの存在だと考える・真似する相手のSNSは見ない

絶対真似できないスピードでやる・少しだけ冗談ぽくからかってみる

真似できない方法でする・相手と張り合わない

相手に反感を持たれないようにする・自分の行動を楽しむ事を意識する

 

何度も何度も真似をされると腹が立つかもしれません。ですが、相手に張り合うことを考え始め、力で制圧しようとすると、単なる真似事が、大問題になりかねません。真似をされるということは、自分のやっていることに憧れを持ってくれているからだと解釈し、必要以上にやり返さない方が無難でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました