地獄行きの人8の特徴

人生

地獄行きの人8の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

人間悪いことをしていれば、地獄行きになると思うな。

イタチ
イタチ

そうだね。世の中には、人を苦しめてもなんとも思わないような人がいるね。そういう人はそうなっても仕方ないのかもしれないね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

地獄行きの人の特徴は以下になるよ。

地獄行きの人の特徴

自分の事しか考えない

自分の事しか考えずに、好き勝手ばかりして、周りを悲しませる事ばかりすれば地獄行きも不思議ではないわね。

「自分の事しか考えない」のは地獄行きの人の特徴の一つです。

世の中には自分のことしか考えない人が多数いるのではないでしょうか?このような人は最終的に地獄へ行くことになるのではないでしょうか?

親が生活に困っているにも関わらず、見て見ぬふりをしている人がいるものです。お金を持たない人のところには、たとえ親であっても見て見ぬふりをし、一切の関心を示さず見殺しにしようとする人です。

一方で、お金を持つ別の親族の所には頻繁に顔を出し「あれも欲しい」「これも欲しい」とたかるような行為を繰り返すのです。己の事しか考えず、他者に対する優しさや配慮に欠ける人は地獄へ行っても仕方がないのではないでしょうか?

人の幸せを奪う人

地獄行きの人の特徴の一つは「人の幸せを奪う」です。

例えば、不倫する女性が「自分が好きになってしまったのだから仕方がない」と言う台詞とともに、家庭のある異性に対して離婚をするように迫り、間接的に相手の家庭を破壊し、残された家族が壮絶な人生を歩んでしまうケースなどをたまに聞く事は無いでしょうか?

また、ここまで酷くはなくても、人の恋人に色目仕掛けで迫り、まんまと自分のものとし、残された相手に心の底までえぐる様な思いをさせる人がいるものです。これらは実に身勝手な行為で許されるべきものではないでしょう。

現実の法律で裁くことができなければ、あの世できっちり裁かれるのではないでしょうか?

人が嫌がる事を継続的にする人

人が嫌がることを継続的にしていれば、何処かで罰を受けると思うな。

「人が嫌がる事を継続的にする人」は地獄行きの人の特徴の一つです。

世の中には人が嫌がることを何度もわざとする人がいないでしょうか?

例えば、相手が特段自分に対して悪い事をしているわけでないにも関わらず、面白半分に相手が嫌がるような言動や態度を何度もわざわざ取るような人がいるものです。相手がどのような気持ちになるのか?などお構いなしです。

また、自分の利益のために社員を牛馬の如くこき使った挙句に、継続的にサービス残業を強いたり、給料を継続的に払わないような経営者も同じようなものではないでしょうか?

使われた方が体を壊して、働けなくなり、結果的に家族が路頭に迷うようなことがあるのではないでしょうか?己の利益のために、従業員をここまで追いやった経営者は地獄行きではないでしょうか?

意図的に多大な迷惑をかけた人

地獄行きの人の特徴の一つは「意図的に多大な迷惑をかけた人」です。

人間生きていれば、わざとではなくても人に迷惑をかけることが多々あるものです。

仮に意図しなくても人に迷惑をかけた時には責任を問われるのは言うまでもありません。このようなケースでは、反省し責任を取ればある程度許されるのではないでしょうか?

一方で、意図的に多大に迷惑をかける人もいるものです。この人達は、絶対に許されないのではないでしょうか?

例えば、自分のストレスや鬱憤を晴らすために、周囲の人に迷惑をかけるような人達です。テレビや新聞のニュースを見ていると「むしゃくしゃしたからやった」などと言う実に身勝手な動機で人を傷つけたり死に追いやる人がいないでしょうか?また、人の命に関わるような事故を起こしたにもかかわらず逃げ回って責任を取らないような人達も同じようなものではないでしょうか?

このような人達は地獄に行ってしまっても、無理がないのではないでしょうか?

非人道的行為をした人

非人道的行為が許される訳はないね。

「非人道的行為をした人」は地獄行きの人の特徴の一つです。

世の中には己の身勝手さから非人道的な行為に手を染めた人がたくさんいるものです。このような人は、誰もが地獄へ行くと思うのではないでしょうか?

非人道的扱いを受け、命を奪われた人は当然ながら壮絶な苦しみや悲しみを体験したことでしょう。生きていれば普通に出来た事が、一人の人間の身勝手な行動で奪われたのですから、悔やんでも悔やまれないものです。

また、そのような形で命を奪われた人の家族や親族も壮絶な悲しみで苦しむのは言うまでもないでしょう。彼らにとって、この悲しみは一時的なものではありません。生きている限りこの悲しみが続くわけです。

無実の人間が、好き勝手をやった人間のために苦しまなければならないと言うのは、実に理不尽なことではないでしょうか?このような目に遭わせた人が地獄へ行っても仕方ないのではないでしょうか?

人を内面から破壊する人

地獄行きの人の特徴の一つは「人を内面から破壊する人」です。

世の中には、人を内面から破壊するのが得意な人がいるものです。

例えば、自分のストレスや鬱憤を晴らすために、職場で陰湿ないじめをしている人などがそういう人ではないでしょうか?また学校などで同じようなことをしている人も同様です。

己の憂さ晴らしのために、他人を内面から破壊するような行動に出れば、被害者は最悪の場合、一生を棒に振るような傷を心に負うこともあるかもしれません。

そのようなことを全く考えずに、相手に対して陰湿なやり方で追い詰めるような真似をしていれば、この世で罰を受けるだけでは済まず、あの世でも地獄を味わうことになるのではないでしょうか?世の中、自分のやった事は必ず自分に返ってくることが多いのではないでしょうか?

実際に私が聞いた話ですが、小学校時代にクラスメイトをいじめる少年がいたのだそうです。ところが中学校に入り、逆にいじめられる側に代わり、ほぼ2年半の間、学年中の人全員から無視をされ、保健室への登校を繰り返したのだそうです。この時にこの少年は「自分がいかに昔酷いことをしていたのか・・」と気付き、それ以降他者に対しての優しさを覚えたのだそうです。この世でこの少年は償いをしたのかもしれませんが、もしここで反省が足りなかったり、また同じようなことをすれば、次は地獄行きとなるのではないでしょうか?

過ちを詫びない人

相手を傷つけるようなことをしておきながら、過ちを詫びない人は地獄へ行くと思うわ。

「過ちを詫びない人」は地獄行きの人の特徴の一つです。

時々、負けず嫌いな人などが自分がやった過失を認めず、周囲の人から咎められるような状態に陥る人を見たことがないでしょうか?

周囲の人が腹を立てているにも関わらず、過ちを認めないどころか、逆ギレをする人などはいないでしょうか?このような人達は内心は「悪いことをした」と分かっているのかもしれません。ですが「自分のプライドが許さないから、過ちを認めない」となる人も多いのではないでしょうか?

内容にもよりますが、人の人生や生活に大きな影響与えるような真似をしておいて、過ちを謝罪しない人はきっと地獄に行ってしまうのではないでしょうか?

反省の心がない人

地獄行きの人の特徴の一つは「反省の心がない人」です。

時々自分が悪いことをしたにも関わらず、全く反省の心がない人はいないでしょうか?

分かっているのに謝らないのではなく、反省する考えが頭の中に微塵もない人です。酷い場合には、また同じようなことを繰り返し、他者を傷つけるようなことをする人です。

例えば、相手は違えども何度も何度も、他人の家庭を壊し続け、色に狂っている人などはそのような人達ではないでしょうか?人間、一度の悪い行いでも、その責任は一生に及ぶことがあります。ところが、そのような行為を何度も何度も繰り返し、大勢の人に迷惑をかけ、そして生活や人生を取り返しのつかないようなことをする人がいないでしょうか?これは反省の心がない証拠ではないでしょうか?

このような人達は、誰しも地獄へ行って然るべきだと思うのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?地獄行きの人の特徴は以下になります。

 

自分の事しか考えない・人の幸せを奪う人

人が嫌がる事を継続的にする人・意図的に多大な迷惑をかけた人

非人道的行為をした人・人を内面から破壊する人

過ちを詫びない人・反省の心がない人

 

地獄行きになるような人は、やはりそれなりの行いをした人と言って良いのではないでしょうか?よくも悪くも自分がやった事は自分に跳ね返ってくるものではないでしょうか?永遠に自分のした悪行から逃げるのは出来ないのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました