性格 クズ診断 30項目チェック・注意点!

人生

性格 クズ診断 30項目チェック・注意点!

 

ピゴシャチ
ピゴシャチ

性格的に難があり過ぎて、対応に困る人がたまにいるね。陰で「あの人は性格 クズだ」などと言われて悲しい場合もあるね。

イタチ
イタチ

自分に問題があるのを自覚していながら、反省もせず改善する姿勢が見られないのであれば、そう言われるだろうね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

性格 クズ診断と注意点は以下になるよ。

性格 クズ 診断

以下の質問に答えることで  度合いが分かります。

 

Q1.自分の性格が原因で人から嫌われていることを知っている。

Q2.自分が悪くても人のせいにする方だ。

Q3.人からわがままだと言われることが多い。

Q4.「性格が悪い」と言われることがよくある。

Q5.陰湿なイジメをよくする。

 

Q6.話を脚色して嘘にするのが得意。

Q7.どこにいても性格が原因で人と揉めることが多い。

Q8.友達が欲しいものの、SNSの中にしかいない。

Q9.自分みたいなタイプは恋愛対象外だと思う。

Q10.人によく八つ当たりすることがある。

 

Q11.親から甘やかされて育った。

Q12.自分の能力は低いのにやたらとプライドだけは高い。

Q13.我慢することを知らない。

Q14.相手が嫌なことをしたくなる。

Q15.人から縁を切られることが多い。

 

Q16.自分に問題があるのに、相手が自分を嫌うのは許せない。

Q17.年齢の割にかなり幼稚だと思う。

Q18.人の迷惑を考えないで行動する。

Q19.相手を不愉快にさせても謝らない。

Q20.自分を丁重に扱ってほしいという願望がある。

 

Q21.努力もしないで文句ばかり言っている。

Q22.人のことをとにかく妬む。

Q23.自分を助けてくれる人はほぼいないと思う。

Q24.友達のことを心の何処かで見下している。

Q25.直接文句を言わないで、SNSなどで文句を言う。

 

Q26.実はかなりの演技派で、第一印象はかなり良い方だと思う。

Q27.性格が原因で職場の上司から怒鳴られたことが何度もある。

Q28.上司から怒鳴られた時は、反省することなくパワハラだと訴える。

Q29.人から相当恨みを買っていると思う。

Q30.自分にあだ名を付けるとすれば「ダメちゃん」がピッタリだ。

 

該当個数・・5個以下。性格 クズ度合いは低いでしょう。

該当個数・・5~9個。性格 クズ度合いは中程度でしょう。

該当個数・・10個以上。性格 クズ度合いは高いでしょう。

性格 クズ注意点

性格的に悪い部分というのは、誰しも持っているでしょう。  ですが、それは 大抵の場合、大きな問題とならないことが多いのではないでしょうか?その人の持っている長所が短所をカバーしたり、我慢するべきところは我慢するということで、人間関係を壊さないように生きているからです。

ですがもし、性格的に悪い部分が多すぎるのであれば「あの人は性格がクズだ」「どうしようもないクズ人間だ」 などと、陰口を叩かれたとしても仕方がないのかもしれません。 自分の性格が原因で、 人に迷惑をかけている場合、少しは反省しなければならないでしょう。せめて「すみません」くらいは言えるようになりたいものです。 

 よく人間関係がうまくいかないという人がいるものです。学校で生活していても、社会人になって働く事になったとしていても、多くの人と揉め事を起こし、一般的な社会生活を継続することができなくなってしまう人です。

実際に私が目撃したことがあるのは、 度重なる自分の失敗が原因で上司から注意された時に「そんなことは言われなくても分かっています!」「何度も同じことは言われたくありません!」と逆切れをした女性です。 

「性格がクズ」と同僚達からも言われ相手にされなくなるようになり、最終的に辞めなければならない状態に陥りました。

様々な状況があると思いますが「性格がクズ」と呼ばれる人は、このような状態に陥りやすいのではないでしょうか?

自分が悪ければ素直に認め、反省する姿勢を持ちたいものです。 

性格 クズ診断に興味がある人にオススメのページ

性格がきつい女性によく見られる16の特徴

心が汚い人10の特徴

逆切れする人10の特徴

性格の良さ診断

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

人と関わらないで生きていけるのであれば、周囲から何を言われても困らないのかもしれません。ですが、現実的にそうはいかないことが多いでしょう。通学したり、生計を立てるためにどこかで働くとなると人との、人との関わりが発生するためです。

「性格がクズ」と言われていて、周囲から白い目で見られても問題がないのであれば、それでも良いのかもしれません。ですが、多くの人はそうもいかなくなるでしょう。謝る部分は謝り、自ら改善出来る部分はそうした方が良いのではないでしょうか? 

コメント

タイトルとURLをコピーしました