頭が柔らかい人10の特徴

人生

頭が柔らかい人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

時々凄く頭が柔らかい人に会う事があるよ。

イタチ
イタチ

柔軟な発想が出来る人は貴重だね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

頭が柔らかい人の特徴は以下になるよ。

頭が柔らかい人の特徴

好奇心旺盛

頭が柔らかい人は、好奇心が強い人が多いと思うわ。

「好奇心旺盛」なのは頭が柔らかい人の特徴の一つです。

頭が柔らかい人は大抵、 好奇心が旺盛であることが多いのではないでしょうか?テレビに出ているタレントさんなどで頭が柔らかいという人は、色々なことに興味を持っている多趣味な場合が多いのではないでしょうか?

様々な物事に興味を持ち試したり考えたりするので、自然に応用力を身につけることができるのでしょう。もし自分が頭が柔らかい人になりたいと思うのであれば「こんな子供みたいなこと」などと固定観念にとらわれずに、積極的に様々なものを試してみるのが一番でしょう。 

精神的に強い

頭が柔らかい人の特徴の一つは「精神的に強い」です。

時々職場の仕事が忙しくなると周囲に当たり散らしたりする人がいないでしょうか?突然喧嘩口調で「もうこんな会社になんか居られない!辞めてやる!」などといったメッセージを周囲に送るような人です。

このような人は、基本的に頭が固いので物事を一つの方向からしか考えられないのでしょう。ですから、それはやがてストレスとなり発散する相手や場所が必要になります。頭が柔らかい人はそのようなことは少ないはずです。 

突破力がある

頭が柔らかい人は突破力があるね。

「突破力がある」のは頭が柔らかい人の特徴の一つです。

時々映画などを見ていると、窮地に陥った主人公が見事その状況を打開することがあります。大抵そのような主人公は、頭が柔らかく機転が利く人が多いでしょう。

窮地に陥ったとしても、 冷静に状況を見極め最適な策を考え実行することで、窮地から脱することができるのです。もし頭が固い人が同じ状況に置かれると、何も出来ずにそのまま終わってしまうことが多いのではないでしょうか? 

遊び心がある

頭が柔らかい人の特徴の一つは「遊び心がある」です。

仕事をたくさんして疲れている時に、精神的にイライラしたり落ち込む人もいれば、逆にハイになる人もいるものです。両者の違いはもしかすると、遊び心から来ているのかもしれません。

頭が柔らかい人は、ストレスがかかる状況だとしても、その状況をうまく遊びに転換することが出来るのではないでしょうか?

たくさんの仕事を目の前にした時に「この仕事を3時間で終わらせてやるぞ!」などと前向きに考えられるのです。一方で頭が固い人は「この仕事何時になったら終わるのか?」と考えてしまい、ストレスが溜まるのではないでしょうか? 

心に余裕がある

「心に余裕がある」のは頭が柔らかい人の特徴の一つです。

すぐに怒り出す人とそうでない人がいるものです。 怒る原因には様々なものがありますが、頭が固い人は怒り出すことも多いのではないでしょうか?

実際に、私はある人から真剣に相談を受けたことがあります。その内容は「僕はジョークだと思うけれど、そうならないだろうか?」というものでした。一枚の写真を添付して知り合いにメールを送ったところ「こんなくだらないメールを送るな!」と激怒されたのだそうです。

頭が柔らかい人は、きっと同じ写真を見せられても笑い、感謝のメールをするかもしれません。頭が柔らかい人は心に余裕があることが多いため、物事を笑いに変えることもできるでしょう。 

変化を楽しめる

頭が柔らかい人の特徴の一つは「変化を楽しめる」です。

世の中の変化のスピードはすごいものです。毎年毎年これまで考えられなかったような出来事が起きたり、新しい技術が出現し、それに対応することを求められるものです。

そのような時に、頭が固い人は時代についていけない人になることも多いのではないでしょうか?一方で頭が柔らかい人は「こんな新しい物が出た!試してみよう!」などと、変化を楽しめる場合も多いでしょう。 

人の話に耳を傾ける

頭が固い人って人の話を聞きたがらない人が多いと思うわ。

「人の話に耳を傾ける」のは頭が柔らかい人の特徴の一つです。

職人気質な人の中には、人の話など決して聞き入れないという人も多いのではないでしょうか?よく言えば強いこだわりがあると言えますが、悪く言えば非常に頑固であると言えるでしょう。

頭が柔らかい人はこういった事があまりなく、人の話に耳を傾けることが多いのではないでしょうか? ですから「あの人は頑固者で困ったものだ」などと陰口を叩かれることもないでしょう。

人とは違う発想が出来る

頭が柔らかい人の特徴の一つは「人とは違う発想が出来る」です。

時々話をしていると「この人はずいぶん面白い発想をする人だ」という創意工夫ができる人に出会うことがあります。 このような面白い発想する人は大抵、人と違う視点を持っているものです。頭が柔らかい証拠ではないでしょうか?

常識や従来の慣習にとらわれると、どうしてもそれにしか目が行かなくなるものです。頭が柔らかい人は、常識や慣習を理解した上で、さらに違う視点を見つけることができるのではないでしょうか?その結果、人とは違う発想が出来るのです。

アイデア ひらめき を得る11の方法 

たくさんの引き出しがある

引き出しの多さは頭の柔らかさや応用力と関係すると思うな。

「たくさんの引き出しがある」のは頭が柔らかい人の特徴の一つです。

時々マルチな能力を持った人がいるものです。「あの人は色々な趣味もやっているし、料理も得意で凄いな」そんな知り合いが私にもいます。

私のような不器用な人から見ると、その人は非常に多くの引き出しを持っていると感じます。引き出しが多いから頭が柔らかく見えるのか、その逆であるのかはわかりませんが、どちらにしても頭が柔らかいと感じることが多々あります。

不器用な人の11の生き残り方

不器用な人だからこそ持ち得る6つの長所

頭が柔らかい人は引き出しが豊富であることが多いでしょう。 

ありのままに受け入れられる

頭が柔らかい人の特徴の一つは「ありのままに受け入れられる」です。

生きていれば、実に様々なことが起こるものです。 自分の想定していない楽しいこともあれば、逆に想定外の悲しい出来事もあるものです。 前者である場合に困ることは無いですが、後者であると大変な思いをすることもあるものです。

頭が固い人は、そこで自分で自分を追い込む人となりストレスを抱えてしまうことさえあるかもしれません。想定外の悲しい出来事があったとしても、頭が柔らかい人は「そんなものさ」とありのまま現実を受け入れることができるのではないでしょうか? 

まとめ

いかがだったでしょうか?頭が柔らかい人の特徴は以下になります。

好奇心旺盛・精神的に強い

突破力がある・遊び心がある

心に余裕がある・変化を楽しめる

人の話に耳を傾ける・人とは違う発想が出来る

たくさんの引き出しがある・ありのままに受け入れられる

人生は長いものです。長い人生を楽しく生きるためには、様々な状況に適合でき、様々な人と理解し合えるような頭が柔らかい人の方が良い場合が多いでしょう。頭を柔らかくするためにはやはり多くの物事に興味を持ち、 そして実際に試してみることが一番ではないでしょうか? 

コメント

タイトルとURLをコピーしました