PR

安全意識が低い人10の特徴

人生
記事内に広告が含まれています。

安全意識が低い人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

安全意識が低い人がいるよね。あまりにも安全意識が低いと、自分の命に係わるようなケースもあると思うよ。

イタチ
イタチ

そうだね。用心するに越したことはないからね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

安全意識が低い人の特徴は以下になるよ。

安全意識が低い人の特徴

玄関の鍵をかけない

玄関の鍵をかけないのは、危険だと思うわ。

安全意識が低い人の特徴の一つは「玄関の鍵をかけない」です。時々田舎の家などでは、玄関に鍵をかけないと言う家があるものです。それだけ近所の人との人間関係が良好であったり、治安が良い証なのかもしれません。ですが、現在ではそれが通用しなくなってきているのではないでしょうか?確かにその地域に住んでいる人は固定されており、お互い顔見知りであれば安心できるかもしれません。ですが、もしそこに住んでいない人が突然他の場所から現れ、人の家に押し入るようなことがあればどうでしょうか?鍵をかけるのが面倒だと言う人もいるかもしれませんが、鍵をかけておいた方が安全でしょう。

鍵をなくす

「鍵をなくす」のは安全意識が低い人の特徴の一つです。よく物をなくす人がいます。なくしてもあまり困らないようなものもあるでしょう。ですが、なくしてしまうと大変なものもあるでしょう。例えば、スマートフォンや鍵などです。もし、それらを拾った人が悪用しようとすれば、多くのことができてしまうでしょう。鍵をなくす人の中には、頻繁になくす人も多いでしょう。このような人は安全意識が低いのではないでしょうか?最悪の場合、鍵をなくすと言う事は自分の命に関わる事もあることを考慮するべきでしょう。

確認せずにドアを開ける

確認せずにドアを開けるのは危険ね。

安全意識が低い人の特徴の一つは「確認せずにドアを開ける」です。得体の知れない人が、インターホンを押すことがないでしょうか?モニターなどで確認すると、自分が見たこともないと言う人が立っていることがあります。実に不気味なものです。インターホンが鳴るとすぐにドアを開ける人はいないでしょうか?もし得体の知れない人が、ドアを開けた瞬間に隙間に足を挟み、強引に家の中に入ってくるようなことがあればどうでしょうか?確認せずにドアを開けるのはやめたほうが良いでしょう。用心するのに越したことはないでしょう。

夜道でイヤホンをつけ音楽を聴く

「夜道でイヤホンをつけ音楽を聴く」のは安全意識が低い人の特徴の一つです。真夜中に外を歩いている時などに、両耳にイヤホンをさしたままで音楽に夢中になっている人がいます。毎日疲れている中で、静かな夜中に音楽でも聞いてホッとしたいのかもしれません。ですが、周囲の状況が全くわからない状況で、音楽に夢中になると言うのは危ないのではないでしょうか?悪党が突然後ろから襲いかかってくるかもしれません。そして、財布などの持ち物を奪うかもしれません。また、突然押し倒されてしまい、打ち所が悪ければ生涯にわたって障害が残ることさえあるかもしれません。夜道でイヤホンをつけたまま歩くのは控えた方が良いでしょう。

夜道でスマホに夢中になる

安全意識が低い人の特徴の一つは「夜道でスマホに夢中になる」です。夜にスーツ姿でスマホの画面を見ながら歩く人がいます。残業した後クタクタになりながら、帰宅までの道のりをリフレッシュしながら帰りたいと言う気持ちなのかもしれません。ですが、これは両耳にイヤホンをさした状態で歩くのと同じ位危険ではないでしょうか?確かに、スマホの画面を見るだけであれば、周囲の音は聞こえるかもしれません。ですが、面白い動画やネットのニュースに夢中になれば、聞こえるものも聞こえない可能性があるのではないでしょうか?

また、電話好きな人が夜道で電話に集中し過ぎるのも危ないでしょう。

一人暮らしの女性が簡単に男性を家に入れる

「一人暮らしの女性が簡単に男性を家に入れる」のは安全意識が低い人の特徴の一つです。さっぱりした女性の中には、男性を異性と意識することなく付き合う人もいるでしょう。これはこれで良いことなのですが、一番危険なのは、男性を自分の家に簡単に入れることでしょう。家族と同居していれば、その危険は少なくなるかもしれませんが、一人暮らしの女性が男性を家に入れると言うのは危険があることを認識しなければならないでしょう。自分は単に友達と思っていても、相手の男性はそのような気持ちでは無いかもしれません。いつ豹変し襲われるかもしれないと言うリスクを考えるべきでしょう。

個人情報を簡単に教える

個人情報を簡単に教えてはダメだよ。

安全意識が低い人の特徴の一つは「個人情報を簡単に教える」です。現在はネットで検索さえすれば、かなり多くの情報が上がってくるものです。ですから、個人情報を簡単に教えると言う事は控えておいた方が良いでしょう。SNS好きな人の中には、自分の情報を投稿する人がいます。これは、自分の知り合いだけではなく、不特定多数の人に自分の重要情報を教えているようなものです。物騒な世の中ですから、このような事は控えた方が良いでしょう。

カバンを開けたまま歩く

「カバンを開けたまま歩く」のは安全意識が低い人の特徴の一つです。電車などに乗っていると、時々鞄の中が丸見えの状態の人がいるものです。ファスナー等がついていればまだしも、そのようなものがなく、完全に丸出しになっている状態は危ないでしょう。ぼーっとしている間に、後から何者かに財布を抜き取られたり、携帯電話を盗まれてしまうと言うこともあるでしょう。そして、いつどこでそれが盗まれたのかさえわからなくなってしまうこともあるかもしれません。リュックが好きな人の中には、このような状態が嫌いだからという人もいるでしょう。

カード情報を伝える

カード情報を教えてはいけないよ。

安全意識が低い人の特徴の一つは「カード情報を伝える」です。キャッシュカード、クレジットカード等、カードに関する情報は、決して他人に伝えない方が良いでしょう。例えば「私はキャッシュカードの暗証番号を誕生日にしているの」などと誰かに伝えたとしましょう。もし、これを聞いた相手が悪い人であるならば、キャッシュカードを盗むことさえできれば、多額のお金を引き出すことも可能になってしまうでしょう。決してカード情報を教えてはいけないでしょう。

他人をすぐに信用する

「他人をすぐに信用する」のは安全意識が低い人の特徴の一つです。正直者が馬鹿を見ると言うことがあります。他人をすぐに信用し、自分のことをあまりにも伝え過ぎると、それを悪用されてしまうことなどあるでしょう。例えば、自分の親族の中にお金持ちがいるとしましょう。悪い人の中にはそういった情報を聞いて、悪用しようとする者さえいるでしょう。例えば、強盗に入ったり、誘拐したりするなどです。現代では詐欺を企む人さえいるのではないでしょうか?むやみに他人を信用し、話し過ぎない方が良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?安全意識が低い人の特徴は以下になります。

 

玄関の鍵をかけない・鍵をなくす

確認せずにドアを開ける

夜道でイヤホンをつけ音楽を聴く

夜道でスマホに夢中になる

一人暮らしの女性が簡単に男性を家に入れる

個人情報を簡単に教える・カバンを開けたまま歩く

カード情報を伝える・他人をすぐに信用する

 

自分がどんなに善良な人間であったとしても、周りの人が自分と同じであるとは限りません。世の中にはたくさんの悪い人がいると考えておいた方が安全ではないでしょうか?そのためには、一見して相手に分かるような隙を与えてはいけないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました