往生際が悪い人10の特徴

人生

往生際が悪い人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

先日ニュースを観ていたら、結果が明らかであるのに、それを認めない往生際が悪い人が出ていたよ。

イタチ
イタチ

ああ!あの人のことね!

ピゴシャチ
ピゴシャチ

往生際が悪い人の特徴は以下になるよ。

往生際が悪い人の特徴

ごまかす

往生際が悪いだけならまだしも、ごまかすのは困るわ。

「ごまかす」のは往生際が悪い人の特徴の一つです。

明らかに悪いことをしたにも関わらず、往生際が悪い人はごまかそうとするでしょう。例えば、意図的に割り込みをする人に対して「割り込みをしないでください」などと言うと「あら、並んでいらっしゃった?」などと言い、ごまかす人がいます。

実に往生際が悪いと言えるのではないでしょうか?もっとも、そのくらいの図々しさがあるからこそ、割り込みできるのかもしれません。

結果を認めない

往生際が悪い人の特徴の一つは「結果を認めない」です。

世の中の悪人の中には、犯罪を犯しているにもかかわらず、自らその罪を認めない人さえいるものです。取り調べの最中に、明白な証拠を突きつけられているにも関わらず「これは本当に証拠になるのですか?」などと食ってかかる人さえいるでしょう。往生際の悪い人と言えるでしょう。

自分が悪いことをした時には、潔く認めなければ、後々罪が重くなったり、自分の人生を振り返ったときに後悔することさえあるかもしれません。

逆切れをする

相手が悪いにも関わらず、逆切れをされると困るわ。

「逆切れをする」のは往生際が悪い人の特徴の一つです。

世の中には、たくさんの困った人がいるものです。例えば、警察官がスピード違反の取り締まりをしている時に、切符を切られたとしましょう。

往生際が悪い人は、ここで逆ギレをすることが多いのではないでしょうか?「あんた達は税金で飯を食っているくせに!」などと、捨て台詞を吐く人さえいることでしょう。逆切れされる方の立場で考えてみると、たまったものではありません。

潔さがない

往生際が悪い人の特徴の一つは「潔さがない」です。

人間は、何か結果を突きつけられた時に、潔さが求められるのではないでしょうか?例えば、スポーツの名選手がライバルにこっぴどく負けたとします。その時に潔く引退を宣言すると、誰しもその潔さに感銘を受けることでしょう。

キャリア全盛期には、圧倒的な強さで負け無しであったにもかかわらず、今ではあっさりと負けてしまうと寂しくなるかもしれませんが、それが現実だと受け入れて潔く引退することで、かっこいいと多くの人から思われることでしょう。

我が強い

「我が強い」のは往生際が悪い人の特徴の一つです。

往生際が悪い人は我が強いことが多いでしょう。昔、海外旅行に行った時に、往復で乗車する人以外は乗れないバスがありました。帰りのバスに乗って出発を待っていると、1人の外国人が入ってきました。往復のチケットを持っていない様子でした。その為、バスドライバーから降りるように言われていました。

ところが、その外国人が席に座ったままでいたため、なかなかバスが出発できませんでした。実に往生際が悪いと思ったのですが、最終的にそのわがままを貫き通し、バスが出発することとなりました。

チャレンジ精神がある

往生際が悪い人の特徴の一つは「チャレンジ精神がある」です。

往生際が悪い人と言うのは、勝ち負けに非常にこだわる人でしょう。チャレンジ精神が強い人とも言えるのではないでしょうか?明らかに無理と人から言われていても、チャレンジ精神が強くて最後まで食い下がろうとするでしょう。

例えば、学生の中には先生から「今の成績では、この学校は絶対に受からない」と言われていても、1%の確率にかける勝負する人でしょう。

根気強い

往生際が悪い人は、見方を変えれば根気強いのかもね。

「根気強い」のは往生際が悪い人の特徴の一つです。

往生際が悪い人と言うのは、見方を変えると根気強い人とも言えるかもしれません。例えば、スポーツの世界などで、ライバルにこっぴどく負けた際に、往生際が悪い選手がいます。国際大会などで、判定に対してケチをつけて結果を覆そうとする人さえいるものです。その抗議の様子を見ていると、良い言い方をすれば実に根気強いと思うものです。

勝利に対する執念が、その根気強さを生み出すのかもしれません。間違った方向で根気が強すぎると、周囲に迷惑をかけることになるので注意が必要です。

地位に居座ろうとする

往生際が悪い人の特徴の一つは「地位に居座ろうとする」です。

往生際が悪い人の中には、結果を認めないために、その地位に居座ろうとする人がいるものです。

例えば、選挙で敗れたにもかかわらず、その地位を去ろうとしない人のニュースを見たことがある人は多いでしょう。また、役員会などで追放されたにもかかわらず、現職に留まろうとする人の姿をテレビなどで見ることもあるものです。そのような人は、多くの人が往生際が悪いと思うでしょう。

不貞腐れる

・・・。

彼女は往生際が悪くて、不貞腐れるんだ。

「不貞腐れる」のは往生際が悪い人の特徴の一つです。

子供の中には、何か勝負事で負けた時に不貞腐れることがあるものです。それは可愛らしいことでしょう。例えば、トランプをして負けた際に不貞腐れ、時には泣いてしまう子供もいます。子供のこのような姿を見てると「まだ子供だから仕方がないなぁ」と思うでしょう。

ところが、大人が同じことをするとどうでしょうか?幼稚な人だと思われることになるでしょう。往生際が悪い人は不貞腐れ、そして醜態を晒してしまうことになるのです。

負け惜しみを言う

往生際が悪い人の特徴の一つは「負け惜しみを言う」です。

時々何かで負けた時に、負け惜しみを言う人がいるものです。例えば、高校生位で競争意識が高い場合は、テストの結果が悪かった時には「あの時は体調が悪かったから・・」などと負け惜しみを言う学生もいるでしょう。

また、社会人になり会社に勤めているケースでは、同期社員が先に出世した時には「良い上司に恵まれただけだ」などと、往生際の悪さを晒し、負け惜しみを言うことがあるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?往生際の悪い人は以下になります。

 

ごまかす・結果を認めない・逆切れをする

潔さがない・我が強い

チャレンジ精神がある・根気強い

地位に居座ろうとする

不貞腐れる・負け惜しみを言う

 

往生際が悪いことが良い場合と悪い場合があるでしょう。その差は、人に迷惑をかけるかどうかではないでしょうか?人に迷惑をかける往生際の悪さは、自分も含めて誰の利益にもならないのではないでしょうか?そのような行動は慎みたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました