眠たい時は寝るべき10の理由

人生

眠たい時は寝るべき10の理由

ピゴシャチ
ピゴシャチ

眠たい時に無理をしても、あまり良いことはないと思うな。

イタチ
イタチ

そうだね。様々な問題の原因になるね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

眠たい時は寝るべき理由は以下になるよ。

眠たい時は寝るべき理由

能率が上がらない

眠たい時に無理をしても、能率は上がらないわ。

「能率が上がらない」のは眠たい時は寝るべき理由の一つです。

食事をした後などに、よく眠たくなるものです。学生さんや働いている人は、 特に昼食後に眠くなることが多いのではないでしょうか?このような時に、コーヒーやエナジードリンクなどを飲んで無理に目を覚まそうとしても、あまり状況は改善しません。眠たい時は思い切って寝るべきでしょう。

無理をして起きていることの弊害の一つは、 能率が上がらないことです。頭が爽快な時に30分で出来ることが、眠気を我慢しながらやっていると2時間位かかってしまうこともあります。これは実に無駄な時間でしょう。

睡眠が足りていない証拠

眠たい時は寝るべき理由の一つは「睡眠が足りていない証拠」です。

眠たい時は寝るべき理由として、睡眠が足りていない証拠とも考えられることが挙げられます。 人それぞれ必要な睡眠時間というのは違ってくるものです。5時間程度でも大丈夫な人もいれば、7時間で足りない人もいるでしょう。本来朝が弱い人であるにも関わらず、無理やり早起きしているために、睡眠不足になる場合もあるでしょう。

もし睡眠時間が足りなければ、1日のどこかで必ず眠気が襲ってきます。 不足している睡眠時間を補うためにも、眠たい時には寝るべきでしょう。

我慢しても変わらない

眠気を我慢しても、解消されることは殆どないね。

「我慢しても変わらない」のは眠たい時は寝るべき理由の一つです。

眠たい時に寝るべき理由の一つは、 我慢しても変わらないからです。非常に眠たいと感じながら仮に1時間頑張ったとしましょう。1時間後にその眠気はなくなっているでしょうか?大抵の場合、眠気は続いているものです。

もし我慢しても変わらないのであれば、 思い切って寝るべきではないでしょうか?我慢しても何も得はありません。

少し寝れば回復することもある

眠たい時は寝るべき理由の一つは「少し寝れば回復することもある」です。

眠たい時は寝るべきなのは、少し寝れば回復することもあるからです。 例えば、昼食後眠たくなったとしましょう。10分程度昼寝をするだけで、かなり眠気がなくなることが多いのではないでしょうか?

10分程度を惜しんで無理に起きていても、パフォーマンスが低下するだけで何も良いことはないでしょう。 そうであれば、10分間だけ寝て、起きたらすぐに仕事や勉強に取り掛かる方が時間を有効に使えるでしょう。

危険が増す

「危険が増す」のは眠たい時は寝るべき理由の一つです。

眠たい時は寝るべき理由の一つとして、眠たい時に何か作業をすると危険性が増すことです。例えば車の運転をしているとしましょう。運転中に眠気が襲ってくることがあります。このような時に無理をして運転していれば、事故を起こすかもしれません。その事故が人の生命を奪うこともあり得るでしょう。

また機械などを取り扱う人も、眠気のために集中力が低下し、事故に繋がることもあるでしょう。

見た目の問題

眠たい時は寝るべき理由の一つは「見た目の問題」です。

眠たい時は寝るべき理由の一つとして、見た目の問題があります。眠たい時に無理に起きていると、目の下にクマができたり、いかにも疲れているという表情になるものです。

また、何日も徹夜などをしていると肌が荒れるという場合もあるでしょう。女性の場合は、見た目の問題に影響が出てくることを気にする人も多いでしょう。

眠たい時には、 パフォーマンスの低下ばかりではなく、 見た目の問題にも影響が出ることを考慮するべきでしょう。

判断を誤る

眠たい時は、重大な判断を誤りかねないから、注意が必要だね。

「判断を誤る」のは眠たい時は寝るべき理由の一つです。

仕事や勉強をしていると、判断力を問われる場合があるでしょう。例えば、仕事によっては、一つの判断を誤るだけで会社に莫大な損失をもたらすこともあるでしょう。それが、経営上の問題に繋がれば死活問題にもなります。

学生さんの場合は、試験などを受ける時に眠たい状態であれば、答えを間違えたりすることもあるでしょう。 一点の差が合格や不合格に繋がる入試試験などの時には絶対に起きてはならないことでしょう。試験前日に無理をして起きていると、あまり良いことはないでしょう。眠たい時には寝ることによって、判断力を 必要以上に失わないで済むでしょう。

イライラする

眠たい時は寝るべき理由の一つは「イライラする」です。

どんなに性格的に穏やかな人であったとしても、眠気が強くなるとイライラしやすくなるのではないでしょうか?そんなイライラが原因で、不必要な言葉を吐いてしまったり、態度に出てしまったりすると、その後の人間関係が悪化したり、人からの評価を失ってしまう場合もあるかもしれません。

少し寝るだけで、そのようなリスクを回避できるのであれば、わざわざ我慢して起きている必要はなくなるでしょう。 

ひらめきが悪くなる

眠たい時は、ひらめきが悪くて駄目ね。

「ひらめきが悪くなる」のは眠たい時は寝るべき理由の一つです。

クリエイティブの仕事をしている人は、眠気が襲ってくるとひらめきが悪くなると感じることがあるのではないでしょうか? ひらめきを得るためには、ある一定時間真剣に物事を考える必要があります。睡眠不足になると、集中して考えることが難しくなり、結果としてひらめきを得ることができなくなるでしょう。

また、クリエイティブな仕事をしていない人でも、 仕事や勉強をしている時には、やはりある程度ひらめきが必要になるものです。眠気のためにひらめきがなくなってしまっては、時間を無駄にすることになるでしょう。

健康上の問題に繋がる 

眠たい時は寝るべき理由の一つは「健康上の問題に繋がる」です。

眠たい時は寝るべき理由の一つとして、 健康上の問題に繋がることが理由の一つとして挙げられるでしょう。例えば、眠たいにも関わらず、無理をして仕事をしたり勉強したりしていると、頭痛に繋がることはよくあるのではないでしょうか?

また、目が疲れてきたり、 乾燥してくることも経験しているでしょう。健康上の問題に繋がるのであれば、思い切って寝てしまう方が得ではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?眠たい時は寝るべき理由は以下になります。

能率が上がらない・睡眠が足りていない証拠

我慢しても変わらない

少し寝れば回復することもある

危険が増す・見た目の問題

判断を誤る・イライラする

ひらめきが悪くなる・健康上の問題に繋がる

睡眠は人間が活動していく上で必要不可欠なものです。仕事などが多忙でついつい無理をし、睡眠時間を削ることもありますが、眠たい状態を我慢していると、健康上の問題や事故などといった大問題につながることもあります。眠たい時にはシッカリ寝た方が長い目で見れば良いことが多いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました