不幸自慢する人10のデメリット

人生

不幸自慢する人10のデメリット

ピゴシャチ
ピゴシャチ

不幸自慢をする人がいるね。僕はちょっと苦手だな。そのような人とは関わりたくないよ。

イタチ
イタチ

私も苦手だな。なんだか疲れてしまうからね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

不幸自慢する人にはどのようなデメリットがあるかな?

不幸時間する人のデメリット

人のエネルギーを奪う

不幸自慢する人は人のエネルギーを奪うわね。

「人のエネルギーを奪う」のは不幸自慢する人のデメリットの一つです。

昔、不幸を呼ぶ女と呼ばれた女性がいました。この人は自分の不幸自慢を頻繁にする人でした。この人の不幸話が終わると、その場に居合わせた人は物凄くグッタリしたものです。

不幸自慢をする人は、人のエネルギーを膨大に奪うものです。自分が過去の不幸話をし、一時の安心感を得る代わりに、多くの人からエネルギーを奪っているのです。

これは実に迷惑な話ではないでしょうか?人に迷惑をかけてまでするような話でしょうか?

人に気を遣わせる

不幸自慢する人のデメリットの一つは「人に気を遣わせる」です。

不幸自慢をする人がいれば、邪険な扱いは出来ないのではないでしょうか?

聞かされる方は「こんな話は聞きたくないな」「暗い気持ちになって困るな」「ああこんなところに居なければ良かった」などと思いながら渋々話を聞いています。ですが、我慢しながら相手の話に耳を傾けるものです。

不幸自慢をするという事は、人に気を遣わせることになります。人に気を遣わせてまでするような自慢ではないでしょう。

人から疎まれる

不幸な話ばかりをしていたら人から疎まれるね。

「人から疎まれる」のは不幸自慢する人のデメリットの一つです。

不幸自慢ばかりする人が来ると、多くの人が「また恐怖の不幸自慢が始まる」と思いながら話を聞くことになるものです。

最初のうちは話に同調するなどし、付き合ってくれるかもしれません。ところが、時間が経過してくると「ちょっと用事があるので」「急いでいますから」などと言われ、相手にされなくなるでしょう。また、飲み会などにも誘われなくなるでしょう。

不幸自慢する人は、人から疎まれるものです。

時間を無駄にする

不幸自慢する人のデメリットの一つは「時間を無駄にする」です。

不幸自慢する人は、自分と他人の時間を無駄にしてしまうものです。

どんなに長い話をしても、それがためになる話であったり、面白い話であれば、有益な時間であったと誰しも思うでしょう。話をした本人も満足し、人の喜んだ表情を観てエネルギーを貰えるのではないでしょうか?

一方で、不幸自慢は殆どためにならない話であり、面白くもない話です。当然ながら相手が喜ぶはずもなく話をしたことで自分の満足感を得られることもないでしょう。自分と他人の時間を無駄にするだけです。

過去は変えられない

「過去は変えられない」のは不幸自慢する人のデメリットの一つです。

過去に不幸な目にあったのは、いたたまれないことです。ですが、この不幸な話を人にすることによって自分の過去が変わることは決してないでしょう。

自分の不幸な過去を人に伝え、同じようなことを繰り返して欲しくない時は、教訓となるのでタメになる話でしょう。過去は変えられなくても、他人の未来を良い方向へと変えることになるからです。

ですが、自分の過去を変えることは出来ないのに、不幸自慢ばかりするのは意味がないことではないでしょうか?

現実の問題が増える

不幸自慢する人のデメリットの一つは「現実の問題が増える」です。

不幸を自慢し、過去をひきずってばかりいると、現実に大きな問題が増えることが多いのではないでしょうか?人から疎まれ人間関係がうまくいかなくなったり、過去に囚われて建設的な思考が出来ないために、自分が今現在集中するべき事に注力出来ないなどです。

不幸自慢をする人は問題を増やし、過去ばかりではなく、現実や未来をも不幸にしてしまうかもしれません。やめた方が良いでしょう。

気分が落ち込む

不幸自慢をすると、自分の気分も人の気分も落ち込むわね。

 

「気分が落ち込む」のは不幸自慢する人のデメリットの一つです。

昔旅行していた時に、部屋のお世話をしてくれた仲居さんがいました。非常に親切な人だったのですが、非常に暗い顔をしており「旅行して良いですね。私は旦那に先立たれてから何も良いことがないのです・・。そして・・・」と暫くの時間不幸話を聞かされたことがありました。一緒に旅行をした人も、この女性自身も非常に気分が落ち込みました。

不幸自慢をすると自分の気分も悪くなります。そのようなことをしても何も良いことはないでしょう。そんな自慢ならしない方が良いのではないでしょうか?

人に弱点を晒す

不幸自慢する人のデメリットの一つは「人に弱点を晒す」です。

狡猾な人がいます。このような人は自分の利益の為には利用できるものは何でも利用しようとするものです。人の不幸話を聞いていて、それが心理的な弱点だと分かれば、それを利用しようと画策する人も出てくるかもしれません。

自分の不幸を自慢して誰かに狡猾に利用される位であれば、損でしかないでしょう。うかつに不幸を自慢するのは止めた方が良いのではないでしょうか?

表情が悪くなる

不幸なことばかり話している人は表情が悪くなるね。

「表情が悪くなる」のは不幸自慢する人のデメリットの一つです。

不幸自慢する人は、顔の表情が暗かったり、厳しい表情をしていたり、眉間にしわを寄せている人が多いのではないでしょうか?

いつも穏やかに楽しい事を考えて暮らしている人やポジティブな人は、表情もそういった物になるでしょう。ですが、いつも自分の不幸な出来事に意識を向けていれば、表情が曇るのもごく当然の話ではないでしょうか?

表情が曇ると、人に与える印象も良くないものです。不幸自慢をしてもあまり良いことはないでしょう。

性格が歪む

不幸自慢する人のデメリットの一つは「性格が歪む」です。

不幸自慢をする人は、性格が歪んでいる人が多いと感じないでしょうか?妙に負けず嫌いな人であったり、捻くれ者であったりするなどです。

何度も何度も過去の不幸な事ばかり思い出し、考えていれば自分の性格も段々と歪んでくるのではないでしょうか?性格が歪んでしまうのであれば、不幸自慢などすることに意味はないでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?不幸自慢をする人のデメリットは以下になります。

 

人のエネルギーを奪う・人に気を遣わせる

人から疎まれる・時間を無駄にする

過去は変えられない・現実の問題が増える

気分が落ち込む・人に弱点を晒す

表情が悪くなる・性格が歪む

 

不幸自慢をすると、人に迷惑をかけるばかりではなく、自分の気持ちを落ち込ませ、自分の現実やこれからをも不幸にすることになるかもしれません。デメリットばかりで良いことはないので控えた方が良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました