資産運用する人10の特徴

人生

資産運用する人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

資産運用する人が多いね。

イタチ
イタチ

そうだね。世の中に対する不安などがあるのかな?

ピゴシャチ
ピゴシャチ

資産運用する人の特徴は以下になるよ。

資産運用する人の特徴

ある程度お金がある

少し元手が出来たから、資産運用してみようかな?

資産運用する人の特徴の一つは「ある程度お金がある」です。

資産運用する人の中には、ある程度元手となるお金が貯まったからと言う人も多いのではないでしょうか?

例えば手元に1万円しかない人が投資をしようとしても、リスクの方が高いと言えるのではないでしょうか?ところが、手元に100万円あればどうでしょうか?少し投資に回すことができるようになるでしょう。

資産運用する人の中には、ある程度お金があるからと言う人も多いでしょう。

老後が不安

「老後が不安」なのは資産運用する人の特徴の一つです。

昔の人達は、退職後はほとんど年金だけで生活していたと言う人が多いでしょう。言い方を変えれば、年金がそれなりにあれば余裕を持って生活していくことができたということでしょう。

ところが、様々な要因が重なって年金受給が将来的にかなり少なくなり、殆ど年金をあてにすることができないとなれば、自ら積極的にお金を用意するしか術がなくなるでしょう。

資産形成をする人の中には、老後への不安を感じている人も多いでしょう。

経済に不安を感じる

経済に不安を感じるから、自分で何とかしなければならないね。

資産運用する人の特徴の一つは「経済に不安を感じる」です。

わが国の経済に関して不安を感じる人は多いのではないでしょうか?

昔は経済が良かったので、銀行や郵便局にお金を預けておくことで相当な利子が付き、簡単にお金を増やすことができましたが、今はそのような事はありません。また、仮にお金を持っていなかったとしても、社会福祉がシッカリしていたので、困った時には福祉の助けを借りると言う選択肢もあったかもしれません。

ですが経済が悪ければ、そのようなことも望めないでしょう。そういった状況では、資産形成を始めとして自ら積極的にリスクを取ってでもお金を増やそうとするでしょう。

お金を低金利で預けるのがバカらしい

「お金を低金利で預けるのがバカらしい」のは資産運用する人の特徴の一つです。

高度成長期の時代は、年利5%等と言うことがざらにあったでしょう。サラリーマンとして働き、働いたお金をせっせと貯金に回すことで、自動的にお金が膨らんでいったと言うことです。今からすれば考えられないことでしょう。

現在は、かなりのお金を金融機関に預けても、その利子で1年に1回ファミレスにすら行けないと言う状況です。このような状況では、ただ預けるだけではお金を増やす事はできません。ですから、積極的に資産を運用し、お金を増やそうとする人も多くなるでしょう。

自分の会社の先行きに不安を感じる

資産運用する人の特徴の一つは「自分の会社の先行きに不安を感じる」です。

自分の勤務している会社が、経済の影響をもろに受けやすいと言う場合もあるでしょう。景気が良い時はボロ儲けでボーナスも良くなったりしますが、逆の場合は大変なことになります。

減退しつつある経済の影響を受け、自分が勤める会社がその影響を受けている場合には、先行きに不安を感じるのも不思議ではないでしょう。そのような人の中には、資産形成をしようと思う人もいることでしょう。

副収入が欲しい

「副収入が欲しい」のは資産運用する人の特徴の一つです。

サラリーマンとして働いていると、どんなに働いても、それが大幅なサラリーアップといった形で金銭面に反映される事は少ないものです。毎年数千円など、わずかばかりの昇給しかない場合が多いでしょう。生活の安定を保障されている代わりに、そのような負の側面もあるものです。

働く上で、モチベーションをもたらしてくれるものの1つは、やはりお金でしょう。サラリーマンが副収入が欲しいと渇望する場合には、資産形成をする場合が多いのではないでしょうか?

資産形成の勉強をしたい

本格的に資産運用の勉強をしてみたいな。

資産運用する人の特徴の一つは「資産形成の勉強をしたい」です。

「老後には○○円必要です」などと言う話を頻繁に聞いたり、そのような話をネットなどで頻繁に見るようになると、不安な気持ちになるでしょう。とはいっても、自分が働く収入だけでは限界があると言うこともあるでしょう。

そのような状況に追い込まれれば「資産形成の勉強をしたい」と自然に思うようになるのではないでしょうか?

資産運用の勉強をするためには、実際に自ら運用してみなければならなくなるでしょう。

投資の手軽さに惹かれる

「投資の手軽さに惹かれる」のは資産運用する人の特徴の一つです。

昔は株を買うのも大変だったでしょう。証券会社に出向いたり、電話でのやりとりが必要だったものです。

ところが今は、昔と比べて格段に楽になったと言えるでしょう。インターネットの普及により自宅で自ら売買できるのはもちろん、スマホの登場によって外出先でもそれが可能です。コンピューターと指先だけでお金を生み出すことができるので楽でしょう。

資産を運用する人の中には、手軽さが魅力と言う人もいるでしょう。ですが、気をつけなければならないのは、手軽さの背景には資産を失うスピードも恐ろしく速いと言う点でしょう。

周りがしているからなんとなく

最近、資産運用する人が増えたな・・私もしてみようかな?

資産運用する人の特徴の一つは「周りがしているからなんとなく」です。

社会人になると、自分の周りの人が資産形成をしている話をよく耳にするようになるのではないでしょうか?「妻が株をやっていて少し儲けが出た」「仮想通貨ブームに乗って少しやってみた」などと言う話を周りの人から聞く機会があるでしょう。

資産形成にほとんど興味がない人でも、そのような話を頻繁に聞くようになると、自分もやってみたくなるものではないでしょうか?

不労所得を形成したい

「不労所得を形成したい」のは資産運用する人の特徴の一つです。

もし自ら積極的に働くこと無しに、寝ている間などにお金を稼ぐことができれば素晴らしいことではないでしょうか?

サラリーマンとして自分の労力を使う他に、不労所得を手に入れることができれば、素晴らしいでしょう。

資産形成する人の中には、この不労所得の魅力に取り憑かれた人もいることでしょう。不労所得は最初の間は少ないかもしれませんが、勢いがつくと、一気に多くのお金を手に入れることも不可能ではありません。

まとめ

いかがだったでしょうか?資産運用する人の特徴は以下になります。

 

ある程度お金がある・老後が不安

経済に不安を感じる・お金を低金利で預けるのがバカらしい

自分の会社の先行きに不安を感じる・副収入が欲しい

資産形成の勉強をしたい・投資の手軽さに惹かれる

周りがしているからなんとなく・不労所得を形成したい

 

なかなか貯蓄を増やせない・・と言う人が世の中には多いのではないでしょうか?そのような人にとっては、資産運用と言うのは魅力的な選択肢の1つになり得るでしょう。リスクを考えながら運用する人が多いのも納得でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました