ペット好きな人13の特徴

人生

ペット好きな人13の特徴

イタチ
イタチ

先日ペットショップを覗いたら可愛い犬がいたよ。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

ペット好きな人なのだね。

イタチ
イタチ

自分ではあまり意識していなかったけど・・。ペット好きな人にはどのような特徴があるかな?

ペット好きな人の特徴

癒しが欲しい

ペットがいると癒されるわ。

ペット好きな人の特徴の一つは「癒しが欲しい」です。

毎日クタクタになるまで働いていると、誰しも多くのストレスを抱えるのではないでしょうか?そして、誰しも自分を癒してくれるものを求めるのではないでしょうか?そして、癒しの形は様々です。

ペット好きな人は、自分が飼っている動物から多くの癒しを欲している人でしょう。犬や猫と接する時間こそが大いに自分を癒してくれる時間でしょう。

対人に疲れている

「対人に疲れている」のはペット好きな人の特徴の一つです。

社会で生き続ける限り、対人問題は多かれ少なかれ誰しも抱える問題では無いでしょうか?ペット好きな人は、対人に疲れているのではないでしょうか?

平気で人を裏切る人がいたり、ずるい人が世の中にはいるものです。ペットは飼い主を裏切ることもなく、ずるいことをすることもありません。心の疲れを大いに癒してくれるでしょう。

仲間が欲しい

愛犬は僕の仲間だね。

ペット好きな人の特徴の一つは「仲間が欲しい」です。

引っ込み思案であったり、恥ずかしがり屋の人は、たとえ仲間が欲しくても、手に入れることが難しいことが多いのではないでしょうか?

そんな人でも、動物が好きであるならば、ペットを仲間として迎え入れることが出来ます。自分がお気に入りのペットが、最愛の仲間であると思っている人も多いのではないでしょうか?

小さい時にペットと過ごした

「小さい時にペットと過ごした」はペット好きな人の特徴の一つです。

生まれた時から側に犬や猫がいるなど、生活の一部にペットがいるとペット好きになる可能性は高いでしょう。

犬や猫が自分の身近にいる中で育つと、ペットが自分たちの家族の一員であると無理なく思えるものでしょう。自分の兄弟や姉妹のように一緒に遊んだり、言葉はわからなくても話しかけてペットの反応を見ることなども多々あるのではないでしょうか?

我が子のように感じる

愛猫は我が子みたいなものね。

ペット好きな人の特徴の一つは「我が子のように感じる」です。

ペット好きな人の中には、母性本能が強い人もいるでしょう。そのような人達にとっては、ペットが我が子のように感じられることも多いのではないでしょうか?自分の息子や、娘のように感じるのです。

自分達の本当の息子や娘が自立し、家を離れた時に、犬や猫をペットとして飼い始める人は、第二の我が子のように感じ愛情を注ぐことも多いのではないでしょうか?

恋人がいなくても気にならなくなる

「恋人がいなくても気にならなくなる」のはペット好きな人の特徴の一つです。

配偶者や恋人がおらず、誰もいない家に帰ると、少し寂しい気持ちになることも多いのではないでしょうか?

もし、そのような時に、自分が大好きなペットがいるとそんな寂しい気持ちになることは少なくなるかもしれません。

これは良い事ですが、もし恋人を探している人がそれで満足すれば、新たな出会いの可能性が減ってしまうこともあるかもしれません。

毎日家に帰るのが楽しみ

ペット好きな人の特徴の一つは「毎日家に帰るのが楽しみ」です。

朝から夕方まで、人に気を遣いながら働くのは大変なものでしょう。人への気遣いは案外、人を疲弊させるものです。時には、腹が立って仕方ないことや、無神経なことを言われて傷つくこともあるかもしれません。

たとえそんな時でも、自分が家に帰るとペットが玄関で毎日待っていてくれたり、喜んで尻尾をふって駆け寄ってくれば、嫌なことなど一気に吹き飛ぶのではないでしょうか?毎日帰宅するのが楽しみになるでしょう。

やさしい性格

「やさしい性格」なのはペット好きな人の特徴の一つです。

ペットを世話するには、お金も時間もかかりますが、何よりも愛情が必要になります。

ペットは吠えたり、フンをしたり、散歩が必要など、人間以上に手間がかかるものです。もちろん、しつけでそのような事が改善される部分もありますが、人間の場合、ある程度の年齢になればそのような手間などなくなるでしょう。

手間がかかるペットと長年の間暮らしていくには、何よりも愛情に溢れ、やさしくなければ出来ないことでしょう。

出会いの場が限定的

ペットがいると、家に居ることが多くなって、出会いの場が限られてしまうな・・

ペット好きな人の特徴の一つは「出会いの場が限定的」です。

独身の人がペットを中心とした生活をし、散歩以外の時間は家で過ごす事が多くなれば、どうしても出会いの場は限定的になってしまうでしょう。

ペット好きな人で、今現在動物を飼っている人とうまく出会う機会があれば、最高でしょう。

動物中心の生活が苦にならない

「動物中心の生活が苦にならない」のはペット好きな人の特徴の一つです。

自分中心で行動しなければ満足しない身勝手な人にとっては、ペット好きな人を理解出来ないことがあるかもしれません。それは、ペットを飼っていると、様々な制約を受けるからです。

例えば、長期で旅行に行こうとなれば、自分がいなくなり寂しがるペットのことを案ずるようになります。そうすれば、出かけることが厳しくなるものです。

ペット好きな人は、そのような制約を受ける生活でも無理なく受け入れることが出来るでしょう。

寂しがり屋

寂しがり屋の私も、ペットのおかげでどうにかなっているわね。

ペット好きな人の特徴の一つは「寂しがり屋」です。

ペット好きな人の中には寂しがり屋という人も多いのではないでしょうか?一人でいることに何も問題が無い人は、孤独な時間を大いに満喫するでしょう。

ですが、帰宅後に誰かいないと寂しくて仕方がないという人にとっては、ペットは寂しい気持ちを和らげてくれる大切な存在でしょう。

繊細

「繊細」なのはペット好きな人の特徴の一つです。

ペット好きな人は、心が繊細であることが多いのではないでしょうか?人よりも寂しがり屋だったり、人よりも気を遣い過ぎて、精神的に疲れやすいタイプです。

そんな繊細な性格の持ち主であるからこそ、どんな時でも自分を慕ってくれるペットが必要であり、そんなペットから励まされることが多いのではないでしょうか?

婚期を逃すこともある

婚期を逃さないようにしないと・・

ペット好きな人の特徴の一つは「婚期を逃すこともある」です。

ペット中心の生活で寂しさもなく、家から出る機会もあまりなく、出会いの場も限定的になってしまうと婚期を逃してしまうこともあるかもしれません。

もし、どうしても結婚したいと思うのであれば、ペットを中心とした生活でも理解が得られるパートナーを早めに探しておくことが重要になるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?ペット好きな人には、以下の特徴があります。

 

癒しが欲しい・対人に疲れている

仲間が欲しい・小さい時にペットと過ごした

我が子のように感じる

恋人がいなくても気にならなくなる

毎日家に帰るのが楽しみ・やさしい性格

出会いの場が限定的

動物中心の生活が苦にならない

寂しがり屋・繊細

婚期を逃すこともある

 

ペット好きな人にとっては、ペットの存在が自分の心に潤いを与えてくれているのは間違いないでしょう。ですが、ペットを中心とした生活にのめり込み過ぎて、出会いの場が少ないと感じたり、婚期を逃すような気がしたら、積極的にパートナーを探す行動をしてみるのも重要ではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました