婚期を逃す男10の特徴

人生

婚期を逃す男10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

見た目よし、性格もよし、お金もあるのに独身の人がいるよね。

イタチ
イタチ

独身生活を満喫しているケースもあるし、婚期を逃した人もいるかもね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

婚期を逃す男にはどのような特徴があるかな?

婚期を逃す男の特徴

仕事に没頭し過ぎる

職場と家を往復する毎日だな・・

婚期を逃す男の特徴の一つは「仕事に没頭し過ぎる」です。

仕事好きな人がいます。朝から晩まで黙々と働き毎日クタクタになっても文句一つ言わずにがむしゃらに働くことに生きがいを感じるタイプです。勤勉に働くので、職場での評価も高く順調にキャリアアップもする稼ぐ人でしょう。

ところが、問題は、仕事に自分のプライベートも含め全てを注ぎこむので、結婚するタイミングや相手に恵まれないことです。

見てくれも悪くはないのに、家と職場の間を往復するだけの生活を毎日送っていると、気付けば婚期を逃すことになっていても不思議ではありません。

仕事も勿論大事ですが、人生の伴侶が必要と感じるのであれば、プライベートで女性と接する時間も必要ではないでしょうか?

自分のやりたいことに没頭し過ぎる

「自分のやりたいことに没頭し過ぎる」のは婚期を逃す男の特徴の一つです。

自分の趣味に多くの時間やお金をつぎ込み、別に女性がいなくても困らないというタイプの男性もいるでしょう。このようなタイプの人は、婚期を逃しても不思議ではないでしょう。

沢山の時間を趣味に注ぎ込めば、女性と触れ合う時間は少なくなるでしょう。また、女性の側からみると、趣味に没頭し自分の相手をなかなかしてくれない男性には、不満を持ったり、愛情が不足していると感じるのではないでしょうか?やがて男性のもとを去るでしょう。

また、趣味に沢山のお金を費やすことに慣れていれば、結婚し家庭を持ち、妻や子供の為にお金をかけること自体が無駄に感じるかもしれません。「趣味のお金を減らしてまで、妻や子供にお金を使う理由がわからない」などとなってしまうでしょう。気付けば結婚するタイミングを逃していた・・となるのではないでしょうか?

自分のやりたい事に没頭し過ぎる男は婚期を逃してしまいます。

女性に不自由していない

俺は女性に不自由していないよ。

婚期を逃す男の特徴の一つは「女性に不自由していない」です。

見てくれも良くて、お金も持っていれば、女性が寄ってくることがあっても不思議ではないでしょう。人によっては、何人もの女性に言い寄られることもあるでしょう。

そのように女性に不自由しない暮らしを満喫していれば「もう少し色々な女の子と遊びたい。結婚すると遊べなくなるな。」などと考え、なかなか結婚するために腹をくくることは難しくなるものです。結果として婚期を逃すことになるかもしれません。

いつでも結婚出来ると思っている

「いつでも結婚出来ると思っている」のは婚期を逃す男の特徴の一つです。

「今の彼女がいなくなったら結婚することなど、自分には出来ないかもしれない・・」このように思う男性は、目の前の女性に尽くし、そして結婚のプロポーズをすることでしょう。

ところが「俺は女性に不自由はしていない。明日にでも結婚したいと思えば、してくれる女性が何人かいる・・」などとなれば、いつの間にやら結婚のタイミングを逃してしまうことでしょう。

家族の問題に直面する

婚期を逃す男の特徴の一つは「家族の問題に直面する」です。

自分の父親や母親の介護が必要になった・・・ という状態の人は、自分のパートナーを見つけることよりも、まず自分の両親の世話をすることに時間を使う事でしょう。介護が数年~10年という単位になると、いつの間にか婚期を逃してしまっても不思議なことではありません。

また、今付き合っている彼女がいるものの、自分の家族の問題に相手を引き込むのは気が引ける・・と思い、別れを選択することもあるでしょう。このような状態になれば、新たな人と付き合おうという気持ちにもなれず、いつの間にか婚期が過ぎていた・・などということもあるでしょう。

家族の問題に直面し、婚期を逃している人もかなりの数になるのではないでしょうか?

結婚を難しく考えすぎる

「結婚を難しく考えすぎる」のは婚期を逃す男の特徴の一つです。

まだしていない結婚について「結婚とは〇〇なものだ」というイメージが強過ぎれば、なかなか結婚に踏み切ることなど出来ないかもしれません。案外シンプルに考える方が結婚出来るのかもしれません。

「お互い好きで一緒に居たいから結婚する」かのように単純明快に考え、その他のことはお互いが柔軟に妥協しながらやっていけば良いと割り切れる人が結婚し、幸せな家庭生活を送ることができるのかもしれません。

結婚を難しく考えすぎると、躊躇してしまい、やがて婚期を逃すことになってしまうでしょう。

面食い

美人以外は結婚対象にはならないな・・

婚期を逃す男の特徴の一つは「面食い」です。

「どんなに気立てが良い女性でも、可愛い子や美人でなければ、結婚することは考えられない。」このように考え、見てくれのよい女性を求め続けている人もいるのではないでしょうか?

可愛い子、美人は上を見ればキリがないでしょう。行き着く果ては芸能人になるのかもしれません。ところが、なかなかそのような最高ランクの外見の人と出会うことは難しいのではないでしょうか?

そのように究極的な外見を持つ女性探しを継続している間に、婚期を逃してしまった・・という男性も多いのではないでしょうか?

我が強すぎる

「我が強すぎる」のは婚期を逃す男の特徴の一つです。

「〇〇は絶対に××なければならない。」という自分の中のルールが多ければ多いほど、婚期を逃すことになってしまうのは不思議ではないでしょう。

例えば「料理は絶対に有機食品のみで作られたものでなければならない。」「掃除は全ての部屋を完璧にこなさなければならない。」などと自分の我が強く、結婚相手にもそれを求めると、相手は非常に疲れてしまうことでしょう。そのような人に付き合える人は殆どいないでしょう。

我が強すぎると、人が自分から離れ、婚期を逃してしまっても不思議ではないでしょう。結婚生活にはある程度の柔軟性も必要です。

1人暮らしが快適過ぎる

1人暮らしの快適さを奪われたくないな。

婚期を逃す男の特徴の一つは「1人暮らしが快適過ぎる」です。

1人で暮らしていれば、好きな時に起き、好きなものを食べ、休日は自分のやりたいことを好きなだけ当たり前のようにやれるでしょう。

ところが、結婚して相手がいれば、相手のペースに配慮する必要も出てきます。また、相手の家族との付き合いも必要になり、休日や年末年始の長期休暇など、独身時代と同じ様に行動することは難しくなるかもしれません。

1人暮らしが快適過ぎる人は、その生活から抜け出せず、最終的に婚期を逃す理由の一つになっても不思議ではないでしょう。

女性に多くを期待し過ぎる

「女性に多くを期待し過ぎる」は婚期を逃す男の特徴の一つです。

あまりにも多くのことを女性に求め、婚期を逃してしまった男性は一定数いることでしょう。容姿端麗、料理・家事上手、気立てが良く、家柄も申し分ない・・ などと、このように女性に多くを期待すると、結婚するべき相手はいなくなってしまうでしょう。

また、今付き合っている人に、全てのことを求めても、出来ることと出来ないことがあるでしょう。どこかで妥協が必要になるでしょう。

例えば「気立てがよく見た目も悪くないけれど、料理は得意ではないから、メシマズ嫁になることは覚悟し、料理は結婚後に自分が率先してこなす必要がある」などと思わなければ結婚など出来ないでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?婚期を逃す男の特徴は以下になります。

 

仕事に没頭し過ぎる

自分のやりたいことに没頭し過ぎる

女性に不自由していない

いつでも結婚出来ると思っている

家族の問題に直面する

結婚を難しく考えすぎる

面食い・我が強すぎる

1人暮らしが快適過ぎる

女性に多くを期待し過ぎる

 

結婚は本人が自由に選択するべきもので、強制されるものではありません。ですが、もし結婚生活を望むのであれば、結婚出来るような考え方や体制を整えることが重要になるでしょう。そのように出来なければ婚期を逃してしまうことになるのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました