食いっぱぐれない人10の特徴

人生

食いっぱぐれない人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

変化が大きい時代だけれど、食いっぱぐれない人が沢山いると思うよ。

イタチ
イタチ

柔軟な人かな?

ピゴシャチ
ピゴシャチ

食いっぱぐれない人の特徴は以下になるよ。

食いっぱぐれない人の特徴

技術を持っている

薬剤師の免許があるから、とりあえず食いっぱぐれはなさそうだわ。

「技術を持っている」のは食いっぱぐれない人の特徴の一つです。

食いっぱぐれがない人と聞いた時に誰しも納得するのは、技術を持っている人ではないでしょうか?医師免許、看護師免許、美容師免許、調理師免許など国家資格を持っている人は食いっぱぐれがないことが多いでしょう。

また、それらの免許を取得するためには、知識や技術が求められます。そのおかげで、独立し自分の力で稼ぐことが可能になるでしょう。組織に属しても、一人で働くことも可能です。

メンタルが強い

食いっぱぐれない人の特徴の一つは「メンタルが強い」です。

頭脳明晰で能力がある人でも、食いっぱぐれることがあります。様々な状況が考えられますが、メンタルが弱い人が相当数いるのではないでしょうか?

一方で、ごく一般的な能力であったとしても食いっぱぐれない人もいます。そういった人の中には、メンタルが強い人も多いのではないでしょうか?

どのような状況でも心折れない強靭なメンタルを持っている人は、様々な状況に適応することができ、それは最終的に食いっぱぐれが無いことに繋がるでしょう。

体力がある

あまり勉強は出来ないけれど、体力のおかげで食いっぱぐれがなかったと思うよ。

「体力がある」のは食いっぱぐれない人の特徴の一つです。

食いっぱぐれない人の中には、体力がある人も含まれるでしょう。どんなに機械化が進んでも、人がやらなければならない仕事というのは沢山あります。また、 仕事がコンピューター化されたとしても、多くの場合それを操るのは人間でしょう。

そうなると、体力がある人の方が有利になるのではないでしょうか?ガンガン働き続けることができる人は、最終的に様々な仕事に就くことが可能だったり、人よりもバリバリ働くことができるので食いっぱぐれるリスクは減りそうです。

プライドが高くない

食いっぱぐれない人の特徴の一つは「プライドが高くない」です。

食いっぱぐれる人の中には、プライドが問題であることも多々あるのではないでしょうか?働かない人の中には、そんな人も多くいるでしょう。

例えば、リストラなどで転職を余儀なくされたとしましょう。そのような時に「こんな仕事は自分はできない」などとプライドが邪魔し、目の前に仕事があるのにも関わらず、働き始めることができないために結果として食いっぱぐれてしまう・・という場合もあるでしょう。

プライドが高くなければ、どのような仕事も受け入れることができ、仕事に困ることが少なくなるのではないでしょうか?

確固たる自分を持っている

「確固たる自分を持っている」のは食いっぱぐれない人の特徴の一つです。

食いっぱぐれない人の中には、確固たる自分を持っている人も多いのではないでしょうか? 長い人生、必ず様々な苦難があります。そのような時に確固たる自分を持っている人は、へこたれないでしょう。

また、その時において最善の選択肢を、自分の頭で考えながら選んでいくことができるでしょう。もし自分軸がない人は、人の話や世の中の流れに振り回されて判断を誤ることすらあるかもしれません。 そうなると食いっぱぐれることもあるでしょう。 

自分軸で生きる ってどういうこと?

柔軟に物事を考えられる

食いっぱぐれない人の特徴の一つは「柔軟に物事を考えられる」です。

頭が固い人がいるものです。Aという選択肢が駄目な場合は、Bという選択肢を選べばいいだけであるのに、そうすることが出来ない人がいます。

そうなるかならないかは、物事を柔軟に考えることができるかどうかではないでしょうか?一つの事柄に囚われると、周りが見えなくなりネガティブな気持ちになったりしがちです。

ところが柔軟に考えることができると、どのような状況でも適応できます。結果として、食いっぱぐれることは少なくなるのではないでしょうか? 

多くのことを平均点以上でこなせる

私は物事全てを60点くらいで出来ると思うわ。

「多くのことを平均点以上でこなせる」のは食いっぱぐれない人の特徴の一つです。

食いっぱぐれがない人の中には、多くのことが平均点以上でこなせる人も多いのではないでしょうか?

人に負けないスキルを持つということは重要なことですが、時代の変化などで、そのスキルがコンピューターに取って代わられたり、機械化の波に飲み込まれてしまうこもあるでしょう。そうなると、 人並外れた技術も活かせなくなります。

一方で、どのような物事でも、60点以上の点数を出せる人は、環境の変化があり転職や配置転換を求められることがあったとしても、うまく対応できることが多いのではないでしょうか?

人に頼れる

食いっぱぐれない人の特徴の一つは「人に頼れる」です。

食いっぱぐれない人は、人に頼れる人も多いのではないでしょうか?いつも誰かに依存する人は困った存在ですが、本当に困った時に人に頼ることができない人も考えものでしょう。

例えば、失職し金銭的に困っているとしましょう。もし、そのような時に身近な人に相談することができれば、仕事を紹介してもらえたり、就職のためのヒントをもらえるかもしれません。

ところが人に頼ることができない人は、そういったことができないために、食いっぱぐれてしまうこともあるかもしれません。

人間関係が良好

良好な人間関係を構築できる人は、いつの時代でも強いね。

「人間関係が良好」なのは食いっぱぐれない人の特徴の一つです。

以前、どのような職場でも必ず人間関係で揉めるという人の話を聞いたことがあります。そして、その人は転職を頻繁にするのだそうです。

いくら能力があったとしても、組織で働いている限りは、人間関係の問題が生じます。人と喧嘩ばかりしたり職場の雰囲気を悪くするなど、人間関係を良好に保てない人は、食いっぱぐれることがあるかもしれません。

人間関係を良好に保ってる人は、ごく平均的な能力であったとしても、食いっぱぐれる確率は減るのではないでしょうか?

変化を楽しめる

食いっぱぐれない人の特徴の一つは「変化を楽しめる」です。

人生100年時代と言われます。そして、就労年数が非常に長くなってきている現実です。仮に大学を卒業し22歳から働いたとしましょう。そして、70歳まで働き続けたとしましょう。そうすると、48年間働くことになります。おおよそ人生の半分です。

50年あまり働いていると、必ず大きな変化に遭遇することでしょう。こういった変化が起きる時に、右往左往してしまう人と変化を楽しめる人がいます。後者の人は柔軟に現実に合わせることができ、食いっぱぐれることは少ないのではないでしょうか?

まとめ 

いかがだったでしょうか?食いっぱぐれない人の特徴は以下になります。

技術を持っている・メンタルが強い

体力がある・プライドが高くない

確固たる自分を持っている

柔軟に物事を考えられる

多くのことを平均点以上でこなせる

人に頼れる・人間関係が良好・変化を楽しめる

変化の激しい世の中です。そして、就労年数が長くなりつつあります。そういった状況でも食いっぱぐれがない人になりたいものです。専門技術を持ちつつ、様々な状況に臨機応変に対応することが出来る柔軟性を持った人とメンタルの強い人が、 食いっぱぐれしないで生き残ることができる可能性が高いのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました