反応が薄い人10の特徴

人生

反応が薄い人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

反応が薄いと感じる人が時々いるよ。以前の職場にも、それが原因で浮いている人がいたよ。

イタチ
イタチ

様々な原因が考えられそうね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

反応が薄い人の特徴は以下になります。

反応が薄い人の特徴

人に関心がない

人に関心がなければ、どうしても反応は薄くなると思うわ。

「人に関心がない」のは反応が薄い人の特徴の一つです。

世の中には、自分のこと以外興味がない人がいるものです。このような人は、どうしても反応が薄くなってしまうのではないでしょうか?相手が話をしていても興味が湧かないので、表情も変わらないでしょう。

話をしている方からすると「自分が真剣に話をしているのに、相手は全く自分の話を聞いてくれないなぁ」と思ってがっかりしたり、時には腹立たしいことがあるかもしれません。

冷静

反応が薄い人の特徴の一つは「冷静」です。

相手を思いっきり驚かせようとしたにも関わらず、相手が全く驚かなかったり、リアクションが薄い時があります。絶対驚くだろうと思っていたにもかかわらず、そのような反応をされるとがっかりする時もありますが、そのような人は基本的に冷静な人なのでしょう。

自分が絶対驚くと思う状況でも、冷静に振る舞うことができる人がいるものです。これはもう個性の問題と言って良いでしょう。

知的好奇心がない

知的好奇心がなければ、人の話や行動に興味が薄くなるな。

「知的好奇心がない」のは反応が薄い人の特徴の一つです。

知的好奇心が高い人は、相手の発言や行動から多くの刺激を受けることが出来るでしょう。結果として、良いリアクションをしたり、楽しそうな表情を浮かべたり、返答をするのではないでしょうか?

一方で、知的好奇心がない人は相手の行動や発言から何も喜びや驚きを感じないでしょう。そうすると、どうしても受け答えが冷淡になってしまうのも仕方がないでしょう。

話を聞いていない

反応が薄い人の特徴の一つは「話を聞いていない」です。

反応が薄い人の中には、相手の話をきちんと聞いていない人もいるでしょう。よく自分の頭の中で空想ばかりしているような人や、自分の世界に浸っている人がいるものです。このような人は、人の話を聞かないということが多々あるでしょう。

結果として、相手が話をしていても話を聞いていないために、反応が薄くなってしまうのは当然でしょう。

相手の求めるものが理解出来ない

「相手の求めるものが理解出来ない」のは反応が薄い人の特徴の一つです。

「あんたはリアクションが悪い人だね」などと言われる人がいるでしょう。このように言われる人は、自分がしたリアクションが、相手の期待通りではなかったことでガッカリさせてしまい、不満を感じさせたからでしょう。

例えば、ギャグを言った時に笑ってくれなかったり、相談した内容に対して心がこもった返答をしてくれなかったりする場合でしょう。反応が薄い人の中には、相手が求めている物を察することが出来ないと言う人もいるでしょう。

話を理解していない

反応が薄い人の特徴の一つは「話を理解していない」です。

相手が凄くインテリな人であったり、逆に支離滅裂な話をする人の話の流れを追うのは難しいものです。真剣に耳を傾けていても、話の内容を理解できていなければ、どう反応して良いのか分からなくなるでしょう。

理解することが出来れば、思わず頷いたり、鋭い質問を相手に投げかけることもできますが、理解出来ていなければ、そのようなことは出来るはずもありません。

リアクションに困っている

相手の伝えたいことは理解出来るけれど、あまりに非常識だったりすると、リアクションに困るね。

「リアクションに困っている」のは反応が薄い人の特徴の一つです。

時々、感情的な人が一方的に話をし始め、リアクションに困ると言うこともあるのではないでしょうか?そのような時に、相手の気持ちが理解できなかったり、相手の考え方に賛同出来なかったりすると、どう反応すれば良いのか分からなくなることもあるでしょう。

例えば、常識がないことが原因で職場で浮いている人から相談されたとしましょう。訴える本人は職場の人達の問題と捉えているものの、実のところ、本人の常識が欠落していることが問題で職場で浮いていると言う状態になると、たとえどんなに本人が訴えてきても、返答するのに困ってしまうでしょう。

相手の気持ちが分からない

反応が薄い人の特徴の一つは「相手の気持ちが分からない」です。

時々話をしていて「この人は一体どのように感じているのだろうか?」と思う人がいるものです。このような人と接していると、どのように答えれば良いのかわからないと言う事は多々あるでしょう。

例えば、突然全く関係のない話を始めたり、無表情のまま話をされたりする場合に、そのような気持ちになるのではないでしょうか?相手の気持ちが分からず反応できなくなるのです。

相手に合わせることが出来ない

相手に合わせることが出来なくて、反応が薄くなることがあるね。

「相手に合わせることが出来ない」のは反応が薄い人の特徴の一つです。

人間関係でイライラする事はどのような人でもあるかもしれませんが、波長が合わない人に対しては、特にこのようになることが多いのではないでしょうか?

波長が合わない人と接していると、相手に合わせることができないので、不快な気持ちになったりイライラさせられることが多々あるものです。本当は怒りたくもなりますが、そんなことをすると大人げないので、無関心を装って反応しないと言うこともあるでしょう

オーバーな人が嫌い

反応が薄い人の特徴の一つは「オーバーな人が嫌い」です。

反応が薄い人の中には、オーバーな人が嫌いと言う人もいるでしょう。全ての物事に対して大袈裟な人であり、オーバーなリアクションをする人がいるものです。

「そんなに大したものでもないのに、どうしてそんなにオーバーな反応するのだろうか?」と思うような反応をする人がいるものです。このような人に対して興ざめしてしまうと、反応が薄くなってしまうと言う事はあるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?反応が薄い人の特徴は以下になります。

人に関心がない・冷静・知的好奇心がない

話を聞いていない・相手の求めるものが理解出来ない

話を理解していない・リアクションに困っている

相手の気持ちが分からない

相手に合わせることが出来ない・オーバーな人が嫌い

反応が薄いと言う状況にも様々なものがあるものです。自分が相手に対して話しかけたり行動した時に、相手の反応が薄い場合には、自分に問題がある場合と相手に問題がある場合、どちらの場合も考えられるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました