失言が多い人10の特徴

人生

失言が多い人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

失言でメディアから叩かれる有名人を頻繁に観るね。立場が高くなればなるほど、迂闊な一言が大きな問題となるね。

イタチ
イタチ

そうだね。敵を作るような一言は波紋を呼びやすいから気を付けたいところだね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

失言が多い人の特徴は以下になるよ。

失言が多い人の特徴

思いつきで話す

失言が多い人は思いつきで話す人が多いと思うな。

「思いつきで話す」のは失言が多い人の特徴の一つです。

マスコミに叩かれるような失言を繰り返す人がいます。このような人は、思いつきで話すことがよくあるのではないでしょうか?

思いつきで話すことが良い結果につながることが多いのであれば、それはそれで良いのかもしれませんが、悪い結果に繋がることが多いのであれば、損してしまうことが多いでしょう。

そのような人は、少しばかり思いつきで話すのを控えたほうが良いでしょう。

正直

失言が多い人の特徴の一つは「正直」です。

失言が多い人を見ていると、正直な人でもあるでしょう。自分の本心をはっきりと言うからです。

問題は、その本心が世間的に受け入れられなければ、失言となることでしょう。社会的立場が高くなればなるほど、たった一つの失言が命取りになることが増えるものです。

正直であることも良いですが、自分自身の首を絞めてしまわないように注意することも必要でしょう。

相手の立場を考えない

相手の立場を考えると、言動に慎重になるものだと思うわ。失言が多い人は、そういう配慮が足りないと思うな。

「相手の立場を考えない」のは失言が多い人の特徴の一つです。

ついつい余計なことを話してしまう人の中には、相手の立場や気持ちを考えない人も多いのではないでしょうか?

周囲から失言とみなされてしまう場合、それは自分の発言に腹を立ててしまう人がいると言うことでしょう。

そうならないためには、自分が〇〇と言った場合に、気分を害したり、腹を立ててしまう人がいないかどうか?を考えることが大切ではないでしょうか?そうするだけでも、かなり失言を減らすことができるでしょう。

後先を考えない

失言が多い人の特徴の一つは「後先を考えない」です。

失言が多い人は、物事の後先を考えない傾向が強いのではないでしょうか?「自分がこのようなことを言えばどうなるか?」「本当は〇〇だけれど、こんなことを言うと損してしまうだろう・・」ということをしっかり考える人は、失言が少ないでしょう。

ところが、後先を考えないで喋ってしまう人は、どうしても人よりも失言が多くなってしまうのではないでしょうか?

失敗に懲りない

「失敗に懲りない」のは失言が多い人の特徴の一つです。

著名人などで失言が多い人を見ていると、失敗に懲りない人が多いのではないでしょうか?一度かなり痛い目にあっているにも関わらず、それくらいではへこたれないのです。失敗したこと自体を忘れてしまっているもかもしれません。

失敗に懲りないことは長所にもなりえますが、失言することで自分自身が精神的に疲弊してしまったり、周囲の迷惑に繋がるのであれば、発言には気をつけたいものです。

暴言が多い

失言が多い人の特徴の一つは「暴言が多い」です。

有名人の失言がメディアを賑わせる時には、大抵暴言があるものです。失言する人というのは、日常生活においても暴言が多いのかもしれません。普段自分が使っている言葉や考え方は早々に変えることができません。

従って、自分が日常的に暴言を繰り返していると、どうしても失言に繋がってしまうのでしょう。失言したくないのであれば、日常的な言葉遣いや行動を変えてみるのが良いでしょう。

感情的

感情的な人ほど失言が多いと思うから気を付けないと。

「感情的」なのは失言が多い人の特徴の一つです。

失言する人を見ていると、感情的であると感じることはないでしょうか? 職場などで嫌われるおばさんなどを見ていると、失言が多いものです。不必要なことを言ったばかりに多くの人から嫌われてしまうのです。

その背景にあるものは大抵、感情的であるその性格に問題があることが多いのではないでしょうか?このような人は、性格が変わらない限り失言を繰り返すことでしょう。

辞任に追い込まれる

失言が多い人の特徴の一つは「辞任に追い込まれる」です。

有名人や権力者が辞任に追い込まれるケースを、私たちは何度見てきたことでしょうか?失言=辞任という公式を頭の中に思い浮かべる人も多いでしょう。

社会的な立場が高くなればなるほど、不用意な発言が辞任に繋がることが多々あります。だからこそ、自分の立場がそれなりになった時には、発言をする時には慎重であるべきということなのでしょう。決して感情的になってはいけません。

悪気はない

失言が多い人は悪気がないことも多いと思うわ。だけど、それでは済まないことが殆どね。

「悪気はない」のは失言が多い人の特徴の一つです。

失言が多い人を観ていると「この人は悪気はないのだろう」と思うことはないでしょうか?正直な人ほどそういうタイプが多いのかもしれません。

ですが、いくら悪気がなかったとしても、発言内容に問題がある時には失言と言うことになってしまいます。「悪気はなかった」と自分の中で思っていても、世間的にはそれが受け入れられないこともあることを認識するべきでしょう。

調子に乗りやすい

失言が多い人の特徴の一つは「調子に乗りやすい」です。

不用意な発言や失言が多い人を見ていると、調子に乗りやすい人が多いのではないでしょうか?周りの人から褒められたりヨイショされると、ついつい言動が大きくなってしまったり暴言を吐いてしまうタイプなのかもしれません。

気をつけなければならないのは、調子に乗りやすいタイプだということを相手が悪用してくることもあるということです。失言を引き出そうとするために、焚きつけるタイプの人がいることを心に留めておくべきでしょう。 

まとめ

いかがだったでしょうか?失言が多い人の特徴は以下になります。

思いつきで話す・正直

相手の立場を考えない・後先を考えない

失敗に懲りない・暴言が多い

感情的・辞任に追い込まれる

悪気はない・調子に乗りやすい

言葉は有効な武器となることもありますが、自分に悪影響を及ぼすことも多々あるものです。もし自分の発言が問題となることが多いのであれば、「自分の言葉遣いに少し気をつけよう」という意識がまず必要なのではないでしょうか?そのような意識を持つだけで、失言を減らすことになるでしょう。たった一言の失言が、自分の人生の致命傷になることすらあります。後で後悔しないためにも、発言する時には慎重になりたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました