上級国民10の特徴

人生

上級国民10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

あなたは上級国民ですか?

イタチ
イタチ

そんな訳ないよ。超庶民派だよ。上級国民の世界に憧れるな。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

上級国民の特徴は以下になるよ。

上級国民の特徴

強力なコネを持つ

私は中流だから、強力なコネは皆無だわ。

「強力なコネを持つ」のは上級国民の特徴の一つです。

テレビなどを見ていると、有名人の子供などが出ていることがあります。このような時に「上級国民はコネを持っていて良い」と一般庶民は思うのではないでしょうか?

一般庶民は、かなりの学歴と能力を持っていても、入社試験などで落ちてしまうということはザラにあるものです。

そんな場面でも、上級国民の子弟であるというだけで、優遇される場合もある現実に存在するのでしょう。強力なコネを持つのが上級国民というものです。 

迅速にサービスを受けられる

上級国民の特徴の一つは「迅速にサービスを受けられる」です。

ちょっと具合が悪くなった時に診てもらったり、ホテルの空き部屋を見つけたり、交通機関の空席を見つけたりなど、一般庶民が断られる状況でも上級国民は迅速にサービスを受けることもあるでしょう。

そのような時に、一般庶民は立場の違いを感じたり、 不平等だと不満を持つ人も多いのではないでしょうか?

交通機関などで、コンピューター上は満席となっているはずなのに、上級国民用の特別席は存在するのかもしれません。 

発言が独特

話し方や話す内容などで上級国民であることが解る時があるわ。

「発言が独特」なのは上級国民の特徴の一つです。

上級国民の話を聞いていると「浮世離れしている」と感じることが多々あるのではないでしょうか?

上級国民が何か発言をした際に、そのあまりにもかけ離れている感覚のせいで、失言と解釈されることも多々あるでしょう。このような人は、頻繁に失言が多い人であることも多いでしょう。

それは、小さな頃からの育ちが違うために、本人に悪気はなくても、一般庶民が聞くと反感を持ってしまうような発言をしてしまうためです。

庶民の世界がわからない

上級国民の特徴の一つは「庶民の世界がわからない」です。

一般庶民と上級国民の違いを感じるのは「庶民感覚があるかどうか?」ではないでしょうか? 上級国民は小さな頃から上級国民として暮らしていることが多いため、一般庶民の感覚とは大きな違いがあっても不思議ではないでしょう。

ですから、物の値段などを尋ねられた時に、一般庶民の常識感覚とはかけ離れた値段を言うこともあったりするのではないでしょうか?

本人に悪気はないのでしょう。単に、一般庶民の感覚を知らないが故でしょう。

知らない世界を知っている

「知らない世界を知っている」のは上級国民の特徴の一つです。

一般庶民が知っている世界はかなり限られているのかもしれません。それは、経済的に制約があることと、特権を持っていないからでしょう。

世の中にはお金をたくさん持っているかどうか?で、見ることができる世界と出来ない世界があります。

また、ある種の特権があるかどうかで、知ることができる世界とそうでない世界も存在しそうです。上級国民になることで、より大きな世界を経験することが出来るのでしょう。 

顔パスが通用する

上級国民の特徴の一つは「顔パスが通用する」です。

警備が厳重なところに入る場合、一般庶民は何度もセキュリティーチェックをされるのが一般的ではないでしょうか?

ところが、 上級国民と呼ばれる人達は、顔パスが通用するために、そのようなチェックを受けなくても良いということも多々あるのではないでしょうか? 顔が証明書代わりになるのです。実にうらやましい限りではないでしょうか?

ドラマなどを見ていると「〇〇さんだから、大丈夫です。」 などと、顔バスが通用する場面があります。一般人が知らないところで、そのような世界は沢山あるのでしょう。 

妬まれる

俺は生まれながらの上級国民。妬まれても仕方ないね。

「妬まれる」のは上級国民の特徴の一つです。

上級国民は、人口比から考えると1%未満でしょう。そのような人達は、迅速に何かのサービスを受けたり、 強力なコネクションを持つものです。

一般庶民がそのような状態を目撃すると、あまりにも世間一般感覚とはかけ離れているために衝撃を受けることが多いでしょう。また、どんなに努力しても手に入らない世界を知ることで歯がゆい思いをすることも多いのでしょう。

結果として、上級国民は一般庶民から妬まれる人になるのです。 

有名人が知り合いにいる

上級国民は、「有名人が知り合いにいる」ことが多いでしょう。テレビで見る有名芸能人、政治家、起業家などの知り合いがいることが多いのではないでしょうか?

一般庶民が目撃すると思わず「キャー」と言ってしまうような人でも、上級国民にとっては見慣れた存在である為に、今更ながら驚くものでもないのでしょう。

一般庶民が、たまたま上級国民の結婚式などに招かれたりすると、有名人が多く来ているのを目撃し、思わず「住んでいる世界が違う」と思うのではないでしょうか? 

独特な判断が働く

上級国民には庶民が持たない特権があるね。

「独特な判断が働く」のは上級国民の特徴の一つです。

一般庶民と上級国民の違いを感じる場面には様々なものがありますが、住んでいる国によっては、何かの事件を起こした時に、その後の結果に大きな違いが生じることが多いのではないでしょうか?

庶民感覚で言えば「明らかに極刑だろう」という場面でそうならなかったり、罪に問われないことすらあるのでしょう。

そのような時に、ある種の独特な判断が働いたと一般庶民は思うのでしょう。 

わがままが許される

上級国民の特徴の一つは「わがままが許される」です。

一般庶民がわがままを言うと、周りから煙たがられたり、 ひどい場合には相手にされなくなるでしょう。

ですが、上級国民はそのようなことが少ないのではないでしょうか?「あの人は育ちが違うから仕方がない」「上級国民はそのようなものだ」などと、黙認され受け入れられているのではないでしょうか?

わがままは悪い特徴かもしれませんが、上級国民ゆえにそれが暗黙の了解として認められるのも特権の一つと言えるでしょう。 

まとめ

いかがだったでしょうか? 上級国民の特徴は以下になります。

強力なコネを持つ・迅速にサービスを受けられる

発言が独特・庶民の世界がわからない

知らない世界を知っている・顔パスが通用する

妬まれる・有名人が知り合いにいる

独特な判断が働く・わがままが許される

一般庶民からすると上級国民は憧れの存在でもあり、時には嫉妬や妬みの対象となるでしょう。様々な恩恵や特権を持ち、一般庶民が得ることができない多くのものを手に入れることができているのも確かでしょう。ですが、それと同時に人目を気にしたり、極度のプレッシャーがかかる環境にも置かれているのかもしれません。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました