家から出たいと思う10の理由

人生

家から出たいと思う10の理由

ピゴシャチ
ピゴシャチ

家から出たいストレスを抱えている人や、家から出たい時がある人は結構いると思うよ。

イタチ
イタチ

そうだね。自分以外の人と同じ家で暮らすのは、たとえ親子であっても難しい時があると思うよ。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

家から出たいと思う理由は以下になるよ。

家から出たいと思う理由

暴力が酷い

夫の暴力が酷くて、家から出たい時が多々あるわ。

「暴力が酷い」のは家から出たいと思う理由の一つです。

家から出たいと思う理由には様々なものがあるものです。そのような中でも、一番緊急性を要するのは、自分の体に危険が及ぶ時ではないでしょうか?

例えば、夫が腹を立てればすぐに殴ったり、蹴り飛ばしたりするような タイプであれば、一秒でも早く家を出たいと思うのではないでしょうか?

また、身体的な暴力だけではなく言葉の暴力もそうでしょう。腹を立てればすぐに暴言を吐き、心を傷つけるような相手では家にいられなくなるでしょう。

監視に嫌気がさす

家から出たいと思う理由の一つは「監視に嫌気がさす」です。

家から出たいと思うのには、監視もあるでしょう。例えば、10代の遊び盛りの大学生が実家暮らしをしているとしましょう。高校生であれば、門限があるのも理解できますが、大学生になっているのに「何時に帰ってくるの?」「誰と遊びに出かけるの?」「どこに出かけるの?」などと細々質問をされると、監視されてるような気分になるでしょう。結果として、家にいたいと思えなくなることでしょう。

親がうるさい

親がうるさくて参るよ。家から出たいな。ストレスだよ。

「親がうるさい」のは家から出たいと思う理由の一つです。

家から出たくなる理由の一つに、親があまりにもうるさいことがあげられるでしょう。例えば、中学生や高校生が顔を合わせる度に「勉強しているの?」「次のテストでは良い点数が取れるの?」 などと親から言われたとしましょう。

本人が勉強していないのであれば仕方ないと思えるのかもしれませんが、 それなりに勉強しているにも関わらず、教育ママの親から毎日そのようなことを言われると、家から出たいと思うでしょう。

家族から当たられる

家から出たいと思う理由の一つは「家族から当たられる」です。

世の中には立派な親もいますが、親というだけで精神的に成熟していない人もいるものです。 ストレスなどがあると、子供に当たり散らす親もいるでしょう。そんな場合、子供は家を出たくなるかもしれません。

また逆に、親はしっかりしていても、子供が過度なストレスにさらされていて、親に対して当り散らすこともあるでしょう。受験勉強真っ只中の子供が、プレッシャーを感じていたり、学校で人間関係に問題を抱えているような場合、親に当たり散らすこともあるでしょう。いくら我が子でも、いつもそのような感じで当たられると、親と言えども家を出たいと思うこともあるでしょう。

兄弟に問題がある

「兄弟に問題がある」のは家から出たいと思う理由の一つです。

仲の良い兄妹もいれば、悪い兄弟もいるものです。同じ家に住んでいるにもかかわらず、 兄弟と数年あまり話をしたことがないという家庭もあるでしょう。そのような雰囲気を嫌って、家を出たくなることもあるでしょう。

まだこの程度であれば良いのかもしれません。兄弟仲が悪すぎて、兄や姉から意地悪をされる弟や妹もいるでしょう。そのような場合も、やはり家から出たくなるでしょう。

生活環境が悪い

家から出たいと思う理由の一つは「生活環境が悪い」です。

住んでいる家族との人間関係は良好でも、 家の生活環境があまりにも悪いという場合があるでしょう。

例えば、自分が夜勤中心の生活をしているにも関わらず、同居している家族が日中を中心とした生活をしていると、生活リズムが悪くなり、肉体的にも精神的にも疲れてしまうことになるでしょう。このような状況では、たとえ人間関係は良くても家を出たいと思うでしょう。

知り合いがいない所へ行きたい

誰も知り合いがいない所へ行きたいよ。

「知り合いがいない所へ行きたい」のは家から出たいと思う理由の一つです。

家を出たくなる理由は、人間関係が理由であることが多いと思いますが、今自分が置かれている社会的状況をリセットしてしまいたいという気持ちの人もいるでしょう。

今現在の生活に別に問題を感じていなくても、ふと誰も知り合いがいないところへ行って、完全に人間関係をリセットしたいという場合もあるでしょう。そのような時にも、家を出たくなるのではないでしょうか?

もう同居したくない

家から出たいと思う理由の一つは「もう同居したくない」です。

義理の親と同居している人の中には、非常に良好な人間関係を築いている時もあるかもしれませんが、最悪の状態に陥っている場合もあるでしょう。

義理の親とうまくやる10の方法

義理の親との人間関係がうまくいくかどうか?は相性もあるものです。わがままな義母とこれまで我慢して生活していたものの、もうこれ以上耐えることができないと思えば、今住んでいるところを出てしまい、ストレスの原因を断ち切りたいと思うことでしょう。 

両親と仲が悪い

両親とは昔から仲が悪くて、やはり同じ家には住めないわ。

「両親と仲が悪い」のは家から出たいと思う理由の一つです。

いくら血が繋がっていても、お互いに分かり合える関係と分かり合えない関係があるでしょう。小さな時から父親や母親と相性が悪いということがあるでしょう。

相手は自分のことが好きでも、自分は相手が好きではないということもよくあるものです。このような状況では、家にいることが苦痛になって仕方がないのではないでしょうか? そして「早く家から出たい」と思うようになるでしょう。

気を遣い疲れる

家から出たいと思う理由の一つは「気を遣い疲れる」です。

家から出る理由には様々なものがありますが、気を遣い疲れるという場合もあるでしょう。

例えば、学生や社会人がどこかの家で間借りしているとしましょう。家の人達は非常に親切で、ご飯も美味しく、生活環境が申し分なかったとしても「今お風呂に入って大丈夫だろうか?」などと毎日気を遣っていると、精神的に疲れてしまうでしょう。そして、気が休まるために早くこの家から出たいと思うことになるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?家から出たいと思う理由は以下になります。

暴力が酷い・監視に嫌気がさす

親がうるさい・家族から当たられる

兄弟に問題がある・生活環境が悪い

知り合いがいない所へ行きたい

もう同居したくない

両親と仲が悪い・気を遣い疲れる

複数の人達と一つの家で暮らす時には、たとえ親しい親子関係であったとしても、気遣いなどが必要になることがあります。もし精神的な疲労が原因で、良好な人間関係が悪化するようなことがあれば、思い切って家を出るのも一つの選択肢かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました