自分を偽っている 診断 30項目でチェック!

人生

自分を偽っている 診断 30項目でチェック!

ピゴシャチ
ピゴシャチ

自分を偽っている・・と思い悩んだり葛藤している人が多いと思うな。

イタチ
イタチ

そうだね。自分を偽らないと周囲と衝突することも多いからね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

自分を偽っている 診断と注意点は以下になるよ。

自分を偽っている 診断

以下の質問に答えることで、自分を偽っている度合いが分かります。

 

Q1.自分の本音は言わない方だ。

Q2.人に合わせることを優先する。

Q3.外と家では態度が大きく違う。

Q4.二重人格だと思う事がよくある。

Q5.心に闇を抱えていると思う。

 

Q6.人からは良い人だと思われているが実は悪い人だ。

Q7.顔は笑っていても心は笑っていないことが多い。

Q8.本音を隠してこれまで生きてきた。

Q9.協調性を重視する環境で育った。

Q10.人と違うことを恐れる。

 

Q11.人に合わせ過ぎて疲れることが多い。

Q12.本音を言うと引かれると思う。

Q13.顔色をついつい伺う。

Q14.いい人を演じてしまう。

Q15.人からの視線が気になる。

 

Q16第一印象と大きく違うとよく言われる。

Q17.本当の自分がよくわからない。

Q18.我慢し過ぎて爆発する時がある。

Q19.素の自分をさらけ出せる人が羨ましい。

Q20.ついついニコニコ笑ってしまう。

 

Q21.人から嫌われるのは嫌だ。

Q22.自分の気持ちよりも相手を優先してしまう。

Q23.既に自分の本性がバレていて嫌われていると思っている。

Q24.人の求めるキャラになってしまっている。

Q25.本音と建前のバランスに悩むことが多い。

 

Q26.自分の意見がなかなか言えない。

Q27.信頼出来る人に八つ当たりしてしまう。

Q28.自分一人になりたいと思うことが多い。

Q29.一番の悩みは人間関係。

Q30.多くの人は偽って生きていると思う。

 

該当個数・・5以下。自分を偽っている度合いは低いでしょう。

該当個数・・6ー9以下。自分を偽っている度合いは中程度でしょう。

該当個数・・10以上。自分を偽っている度合いは高いでしょう。ストレスも多いはずです。

自分を偽っている人 注意点

本音で話せたらどんなに気楽だろう・・

人間誰しも多かれ少なかれ自分を偽って生きているものではないでしょうか?そこで悩む人と悩まない人の差が生まれるのは、偽っている度合いがどれだけ自分にストレスを与えているかではないでしょうか?

他者と関わる時に、 本当の自分が思っていることと違う態度をとっていても、それがストレスと感じないのであれば、別に偽っていると過度に思うこともないのでしょう。

ですが、もしストレスを感じるのであれば、自分の本音を抑えることで相当なストレスを感じているということなのでしょう。

たしかに、自分の気持ちをストレートに表現することでストレスがなくなることもありますが、それが原因で人間関係の軋轢が生まれ、ストレスが発生するということもあります。

例えば、昔職場で多くの人と揉め事を起こすおばさんがいました。この人は自分の本音を言ってばかりいてストレスはなかったのかもしれませんが、人からとにかく嫌われてギスギスした空気が張りつめていたので、人間関係ではストレスがあったのかもしれません。

一方で、本音を言わないことで人間関係が円滑に進み、対人関係でのストレスが減るということもあります。

自分の心を優先しながら、人間関係においてストレスが少なくなるような妥協点を探ることが一番ではないでしょうか? 

自分を偽っている人 診断に興味がある人にオススメのページ

自分をさらけだせない人10の特徴

腹を割って話せる人の12の特徴

自分に嘘をつく10のデメリット

自分を理解してくれる女性10の特徴

自分を偽っている人 診断に興味がある人にオススメ診断

心を閉ざしている 診断

嫌われてる 思い込み 診断

まとめ

いかがだったでしょうか?

自分の本音を言えるならば、どれだけ気楽で素晴らしいのか?は多くの人が知っているところです。ですが、本音を言い過ぎることで、人間関係が崩壊していくのであれば、多少偽ることも必要になります。自分を偽るという言い方をすると、あまり良く思えないかもしれませんが、自分が生きて行く上で最善の状況を模索するのが一番ではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました