自分をさらけだせない人10の特徴

人生

自分をさらけだせない人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

自分をさらけだせない人は案外多いと思うな。

イタチ
イタチ

さらけだすことで問題が生じる場合もあるからね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

自分をさらけだせない人の特徴は以下になるよ。

自分をさらけだせない人の特徴

雑談が苦手

雑談が苦手なタイプの人は、自分をさらけだせないケースが多いと思うよ。

「雑談が苦手」なのは自分をさらけだせない人の特徴の一つです。

時々「この人とは話をしていても感覚が合わないな・・」という相手がいるものです。様々な状況が考えられますが、雑談が苦手な場合が多いのではないでしょうか?

雑談をすることができない理由の一つとして、自分のことを隠そうとするがあまり、本音で話をすることができないことが挙げられます。

また、 相手に自分のことを知られたくないという意識が働いて、差し障りのない話しかできなくなります。そのため、会話が盛り上がることがなく、結果として雑談が続かないという部分もあるでしょう。 

他人の目を気にする

自分をさらけだせない人の特徴の一つは「他人の目を気にする」です。

明るく陽気なキャラの人は、自分のことをさらけ出す場合が多いでしょう。それは、他人の目を必要以上に気にしないからでしょう。

「これを言うと引かれるかな?」「こんなことを言うと、どう思われるのだろう?」そのようなことばかり考えていれば、自分をさらけ出せなくなってしまうのは当然です。

確かに「これを言ったらまずい」というものはありますが、その点にさえ気をつければ、必要以上に他人のことを気にしなくても良いはずです。 

自分を偽っている 診断

頑固なところがある

頑固な人が自分をさらけだすと問題が生じるから、真の姿を隠そうとするのだと思う。

「頑固なところがある」のは自分をさらけだせない人の特徴の一つです。

自分をさらけ出せない人は、頑固なところも多々あるのではないでしょうか?時々学校などで普段あまり物を言わないのにも関わらず、変なところで頑固な人がいなかったでしょうか?

そんな時には第三者からすると「なんでそんなところにこだわるの?」と 周囲の人が引いてしまうこともあるでしょう。

本人の中では、絶対に譲れない重要なポイントというものがあるのでしょう。普段自分のことをさらけ出さないのに、突然頑固ぶりを発揮することがあるので、それがすごく印象に残ってしまうこともありそうです。 

日常的に表情が暗い

自分をさらけだせない人の特徴の一つは「日常的に表情が暗い」です。

自分をさらけ出せない人は、日常的に表情が暗いことが多いのではないでしょうか?「あの人の笑っているところを見たことがないな」そのようなタイプの人も少なくないはずです。

もしかすると、一人でいる時にはニコニコ笑っているのかもしれませんが、学校や職場など他人と接点がある時には、感情を表すことを隠しているのかもしれません。

表情が暗いことで、周囲の人に暗い印象を与えるばかりではなく、知らず知らずの間に嫌われてしまうことも多いのではないでしょうか?そして「どうして何もしていないのに嫌われるのだろう」と悩んでしまうこともあるでしょう。

人との関りを避けたい

「人との関りを避けたい」のは自分をさらけだせない人の特徴の一つです。

自分をさらけ出すことができない人は大抵、人との関わりを可能な限り避けたいと思うのではないでしょうか?仮に、人との関わりを持つにしても、ネット上の空間だけであることが多いのではないでしょうか?

そのような状態に陥る理由の一つとして「自分をさらけ出すことで人間関係のトラブルに巻き込まれる」という思いがあるからでしょう。このような状態になると、人との関わりを避け、自分をさらけ出すのは難しくなるでしょう。 

人に合わせるのが苦手

自分をさらけだせない人の特徴の一つは「人に合わせるのが苦手」です。

自分をさらけ出すことができない人は、人に合わせるのが苦手な人も多いのではないでしょうか?自分をさらけ出すことができない背景には、人一倍物事に対して強いこだわりがあったりし、それが原因で人間関係がうまく行かなくなったりすることが背景にあるでしょう。

よく人間関係で問題を起こす人は、人一倍こだわりが強かったりし、自分が思った通りにやらなければ気が済まないという状態に陥りがちです。そして、これが原因で人から嫌われたりするものです。

このような人は、人から嫌われること自体は嫌うため、自分をさらけ出すことを止め、人間関係のトラブルを減らそうとする方向に進むでしょう。 

自分のことが好きでない

自分のことが嫌いなら、自分をさらけ出せないのも無理はないね。

「自分のことが好きでない」は自分をさらけだせない人の特徴の一つです。

自分のことが好きな人は、自分に対して正直になることができるでしょう。ですから、自分をさらけ出すことは難しくありません。

一方で、自分のことが好きでない人は、自分に対して自信が持てません。ですから、 自分のことをさらけ出すということは難しくなるでしょう。

コンプレックスを抱えている人が、神経質な表情を浮かべたり、目線を合わすことができなくなり、自分をさらけ出すことができないというのはよくあるのではないでしょうか? 

私生活を知られたくない

自分をさらけだせない人の特徴の一つは「私生活を知られたくない」です。

自分をさらけ出せない人の多くは、自分の私生活を知られたくないという人が多いのではないでしょうか?ですから私生活が謎な人になるのです。

昔会社の中でちょっと変わった人がいたものです。同僚から忘年会の席で「〇〇さんの趣味は何?」と尋ねられた時に、必死でそれを隠そうとしていたのです。当然ながら、そこに居た多くの人は「どうして隠すのだろう?」と思っていました。また、それ以降この人に話を振ることが難しくなったのです。

自分をさらけ出すことができない人は、 私生活について尋ねられることを嫌うでしょう。

人間関係のトラウマがある

人間関係でトラウマがあれば、自分をさらけだすのは難しくなると思うよ。

「人間関係のトラウマがある」のは自分をさらけだせない人の特徴の一つです。

家庭にいれば家庭の人間関係、外に出れば学校での友人関係や職場の人達との人間関係があります。自分とすごく気が合う人もいれば、合わない人もいるものです。合わない人と問題が生じるということは多々あります。

問題が生じた時に、気にし過ぎると人間関係のトラウマを抱えてしまうことになります。気にしなければ、ただの過去の出来事の一つでしかなくなります。

トラウマを抱えた状態になると、自分をさらけ出すこと自体を恐怖と感じるようになるのではないでしょうか? 

小さなことを気にし過ぎる

自分をさらけだせない人の特徴の一つは「小さなことを気にし過ぎる」です。

人間は生きている限り、人と関わるものです。そうなると、何らかの人間関係にまつわる問題が発生します。

例え多くの人が自分のことを常識的な人と考え、常識的な振る舞いを積み重ねたとしても、相手が同じではあるとは限りません。ですから、どうしても小さな人間関係のトラブルが生じるものです。

人間関係の小さな問題にいつまでも悩んでいると、 自分を曝け出すことは難しくなるのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?自分をさらけだせない人の特徴は以下になります。

雑談が苦手・他人の目を気にする

頑固なところがある・日常的に表情が暗い

人との関りを避けたい・人に合わせるのが苦手

自分のことが好きでない・私生活を知られたくない

人間関係のトラウマがある・小さなことを気にし過ぎる

自分をさらけだすことで損をするのか得をするのか?それはその人次第と言えるのではないでしょうか?また、どちらが良いとも言えないかもしれません。 もし自分をさらけ出すことで損をすることが多いと考えるのであれば、それも一つの考え方でしょう。また、さらけ出す方が快適に感じるのであれば、それもまた一つの方法でしょう。自分にとっての最善を探るのが一番ではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました