PR

口が悪い人 育ち10選![エピソード]

人生

口が悪い人 育ち10選![エピソード]

 

ピゴシャチ
ピゴシャチ

口が悪い人がいるね。

イタチ
イタチ

そうだね。そういう人はどういう育ちなのかな?

ピゴシャチ
ピゴシャチ

口が悪い人の育ちは以下になるよ。

口が悪い人 育ち

いじめを受けた

いじめを受けたりして人に敵意を持ったりすると、口が悪くなることはあると思うわ。

「いじめを受けた」は口が悪い人 育ちの一つです。

女性A: 口が悪い人の育ちの特徴に「いじめを受けたことがある」ということが多いんだよね。

女性B: へえ、そうなんだ。それってどういう意味なの?

女性A: うん、たとえば私の知っている人の場合、小学生の頃にいじめを受けた経験があるらしくて、それが原因で人に対して敵意を持ってしまって、ついつい口が悪くなってしまうんだと思う。

女性B: そうなんだ。私も小学校の頃、いじめを受けたことがあるけど、私は口が悪くならなかったな。

女性A: それはすごいね。でも、いじめを受けた人が口が悪くなってしまうのは、自分を守るために必死になって言葉で攻撃したり、反撃したりしていたからかもしれないね。

女性B: そうかもしれないね。私はいじめを受けても、自分からはあまり攻撃しなかったから、口が悪くならなかったのかもしれない。

女性A: それはそれで素晴らしいことだよ。でも、いじめを受けた人が口が悪くなってしまうのは、過去のトラウマが今でも引きずっているということもあるかもしれないね。

女性B: そうだね。私もいじめを受けたことは今でも覚えているし、時々それが思い出されると、心が痛くなってしまうこともある。

女性A: そういうときは、気持ちを落ち着かせるために、自分自身に対して優しく接することが大切だよ。自分自身を守ることができれば、口が悪くなることもないし、いい意味で自分を信じることができるようになると思うよ。

不満が多い環境だった

口が悪い人 育ちの一つは「不満が多い環境だった」です。

女性A: 「口が悪い人の育ちの特徴って、不満が多い環境だったって聞いたことがあるよね。私もそうだったかもしれないわ。」

女性B: 「へえ、本当に?それってどういうこと?」

女性A: 「私の家庭は、いつも物音がうるさかったし、親の喧嘩も絶えなかった。それに、父親はいつも文句ばかり言っていたわ。『お前は何もできない』とか『こんなこともできないのか』とか、そんなことばかり。」

女性B: 「それはつらかったわね。」

女性A: 「うん、本当に。でも、そのせいで自分も不満を抱えるようになってしまったのかもしれない。自分が傷つけられたときには、すぐに怒りをぶつけてしまうことがあるわ。」

女性B: 「私も、口が悪くなったのは似たような理由かもしれないわ。うちは貧乏で、母親が働きに出ていたから、自分で勉強も家事もやらなくちゃいけなかったの。」

女性A: 「それは大変だったわね。」

女性B: 「うん、でも、そのおかげで自立できるようになったし、自分の意見をはっきりと言えるようになったのもあるわ。でも、口が悪くなってしまったのも事実。」

女性A: 「そうだね。私も、自分の意見を言うのは大切だと思うし、自立することも必要だと思うけど、でも、口が悪くなるのは問題かもしれないわね。」

女性B: 「そうだね。でも、私もあなたももう少し自分を許してあげてもいいんじゃないかしら。過去の環境が影響してしまうこともあるから。」

女性A: 「うん、そうかもしれないね。でも、それでも改善したいと思ってるわ。もっと優しくなりたいと思ってるの。」

女性B: 「そうだね。でも、そんな自分を受け入れることも大切よ。自分に優しくなることが、他人にも優しくなれる第一歩だと思うわ。」

育児放棄状態で育った

育児放棄状態で育てば、口が悪くなる可能性もありそうだね。

「育児放棄状態で育った」は口が悪い人 育ちの一つです。

女性A:最近、口が悪い人って多いよね。私が小さい頃には、あんなに言葉遣いの悪い人はいなかったような気がするんだけど。

女性B:私もそう思う。最近は、私の周りにも口が悪い人がたくさんいるし、SNSでも見かけるよね。でも、私は口が悪い人の育ちの特徴があると思うんだ。

女性A:それって、どういうこと?

女性B:例えば、育児放棄状態で育ったっていうこと。私の友達にも、小さい頃から親に放置されてた子がいたけど、その子は口が悪かったよ。

女性A:そうなんだ。私が子供の頃、自分のことよりも親の都合が優先されていた、そういう子がいたのを思い出した。

女性B:私の友達もそうだった。親は忙しかったし、彼女は放っておかれていたんだ。その結果、今現在、自分の気持ちをうまく表現できなかったり、感情のコントロールができなかったりするんだと思う。

女性A:それで、言葉遣いが悪くなるんだね。

女性B:そうそう。友人も怒ると、ついつい口が悪くなってしまうことがあるよ。でも、そういうときは自分で反省して、次はもっと上手く伝えられるように頑張ってるみたい。

女性A:なるほど。言葉遣いは気を付けないとね。

女性B:そうだね。

ストレスが多い環境だった

口が悪い人 育ちの一つは「ストレスが多い環境だった」です。

女性A: 「口が悪い人って、ストレスが多い環境で育った人が多いって言われてるよね。私の知り合いにも、口が悪い人がいるけど、彼女は家庭環境がかなり厳しかったみたい。」

女性B: 「そうなんだ。私も口が悪い人の友達がいるけど、彼女もそんな感じだったかも。」

女性A: 「私の知ってる人は、親からのプレッシャーが凄かったらしくて、何をやっても上手くいかなくて、それが原因で口が悪くなったんだって。」

女性B: 「私の友達も同じような話をしてたわ。親が厳しくて、彼女がしたことをいつも否定されてたみたい。そんな環境だと、ストレスたまって当たり散らすこともあるよね。」

女性A: 「そうそう、それに加えて、彼女は学校でもストレスがたまってたみたいだよ。」

女性B: 「そういう人って、自分の意見をはっきり言わないとストレスがたまるから、口が悪くなっちゃうんじゃないかな。でも、言い方が悪いと、周りから嫌われちゃうから、どうしていいかわからなくなっちゃうんだろうね。」

女性A: 「そうだね。私も口が悪い人を知ってるけど、彼女は本当は優しい人だと思うんだ。でも、ストレスがたまってるときには、どうしても言葉が悪くなるんだろうね。」

女性B: 「そうだね。だから、口が悪い人って、本当は優しい人が多いんじゃないかな。もっと周りが理解してあげる必要があるかもしれないね。」

親の感情が不安定だった

「親の感情が不安定だった」は口が悪い人 育ちの一つです。

女性A:口が悪い人って、育ちが悪いんだよね。私もそういう人に当たったことがあるけど、親の感情が不安定だったって聞いたことある?

女性B:ええ、そういう話聞いたことあるわ。でも、私は口が悪い人に当たったことがないから、どんな感じなのかイメージできないんだよね。

女性A:うん、私も最初はそうだったけど、ある時友達の口が悪い彼氏と一緒に食事したとき、彼氏がトイレに行った隙に友達が育ちの話をしてくれたの。その彼氏も、子どもの頃に親の感情が不安定で、口が悪くなっちゃったって言ってたんだよ。

女性B:そうなんだ。それで、どんな感じだったの?

女性A:うーん、言葉遣いが乱暴だったり、相手をバカにしたような言い方をするんだよね。でも、実は自分自身も不安定なんだろうなって感じたよ。そういう人って、自分を守るために口ばかりが回るというか。

女性B:なるほど、そんな感じなんだね。でも、そういう人たちって、どうやったら変われるんだろう?

女性A:うーん、それは難しいよね。でも、自分自身で、口が悪くならないように気をつけないといけないと思うな。

女性B:そうだよね。

常識を教えられなかった

口が悪い人 育ちの一つは「常識を教えられなかった」です。

女性A: 最近、あの口が悪い人が嫌になってきたわ。何でもかんでも文句ばかり言うし、相手を傷つける言葉を平気で使う。どうしてああいう人がいるのかしら?

女性B: そうね、私も同じ気持ち。でも、私はその人の育ちに問題があるのかもしれないと思うのよ。

女性A: どういうこと?

女性B: 私が以前に知り合った口が悪い人は、家庭で常識を教えられなかったと言っていたわ。親が怒りっぽく、暴力的だったから、自分も同じようになってしまったそうなの。

女性A: そうかもしれないけど、それって言い訳にならないでしょう?

女性B: 確かに、その人が他人を傷つけることは許せないけど、私たちもそれぞれの育ちや環境で影響を受けているわけだから、理解する必要があると思うの。

女性A: うーん、でもやっぱり口が悪い人は嫌だわ。

女性B: 私もそうだけど、私たちがその人を非難するだけでは何も解決しないわ。私たちができることは、相手を傷つけないように、優しく接することじゃないかしら。

女性A: そうね、その通り。でも、なかなか難しいわね。

女性B: 確かに難しいけど、私たちが心を込めて接していれば、相手も少しは変わっていくかもしれないわ。

口汚い人が周囲に沢山いた

人は良くも悪くも周囲の人の影響を受けそうだね。

「口汚い人が周囲に沢山いた」は口が悪い人 育ちの一つです。

女性A: 口が悪い人って、育ちが悪いんじゃないのかな?私の家族も口が悪かったみたいだし、兄弟姉妹もそうだったんだ。だから私も口が悪いんだ。

女性B: そうなんだ。私も昔、周りに口汚い人がたくさんいたよ。うちの家族も、毎日のように罵り合ってたし、私も小さい頃から口が悪くなった気がする。

女性A: 似たもの同士だ。(笑)でも、口が悪い人って、本当に嫌な感じがする。自分で言うのもなんだけど。(笑)

女性B: 私もそう思う。でも、なかなか治らないんだよね。私も最近、口の悪さを反省してるんだけど、ついつい言ってしまうんだよね。

女性A: うんうん、私もそうだよ。でも、意識して治すことが大切だと思うよ。私も最近は、自分が口汚いことを言ってしまった時は、すぐに謝るようにしてる。

女性B: そうか、そういうことも大切なんだね。私も意識して、治すようにしてみるよ。

周囲の人から否定的な評価を受けた

口が悪い人 育ちの一つは「周囲の人から否定的な評価を受けた」です。

女性A:口が悪い人って、育ちが悪かったんじゃないの?私の知ってる人も、親から否定的なことばかり言われて育ったって言ってたわ。

女性B:でも、私が知ってる口が悪い人は、親からはちゃんと躾けられてたよ。でも、周りから否定的な評価を受け続けて、それが原因で口が悪くなってしまったんだって。

女性A:え、本当に?どういうこと?

女性B:例えば、学校でいじめられたりして、ストレスがたまると、つい口が悪くなっちゃうんだって。そうすると、周りから更に否定的な評価を受けるから、口が悪くなっちゃう悪循環に陥るんだって。

女性A:そうか、確かに私も最初は彼女を嫌いになっちゃったけど、もしかして彼女もそういう経験をしたのかもしれないね。

女性B:そうだよね。だから、もし口が悪い人に出会ったら、その人がどういう育ちをしてきたのか、周りからどう評価されてきたのかを知ることも大切だと思うよ。

言葉遣いについて教育されなかった

言葉遣いの教育は大事だね。

「言葉遣いについて教育されなかった」は口が悪い人 育ちの一つです。

女性A: ねえ、私って時々口が悪いって言われるんだよね。

女性B: そうなの?何でだろう?

女性A: 実は小さい頃から家で言葉遣いについて特に教育されてこなかったんだよね。親も兄弟も皆、普段から口が悪くて、私も影響されちゃったのかな。

女性B: それって確かに影響されるかもね。私も子供の頃は、親が口が悪かったから、私も口が悪くなっちゃって、友達にも嫌われたことあるよ。

女性A: そうそう、私も同じ経験があるんだ。周りの人から嫌な思いをされたり、言われたりするのは辛いよね。

女性B: そうだよね。でも、自分で意識して言葉遣いを変えることはできるから、頑張って直そうよ。

女性A: うん、そうだね。自分で気をつけなきゃいけないってことは分かってるんだけど、ついつい口が滑っちゃうんだよね。

女性B: でも、それも少しずつ改善していけばいいじゃない?私も今は昔ほど口が悪くないと思うし、私達だって成長してるんだよ。

女性A: そうかも。でも、改善するためには、まずは自分で自覚することが大切だよね。ありがとう、話してすっきりしたよ。

自己主張が強すぎて周囲に合わせられなかった

口が悪い人 育ちの一つは「自己主張が強すぎて周囲に合わせられなかった」です。

女性A: 「口が悪い人の育ちの特徴って、自己主張が強すぎて周囲に合わせられなかったって言われてるよね。私もそういう人と付き合ってたことがあるんだけど、本当に自分の意見を押し付けてくるから疲れたわ。」

女性B: 「私もね、友達にそういう人がいたんだよ。小さい頃から親が、自分の意見をちゃんと主張するようにって教えてたみたいで、自分の意見が通らないとイライラしちゃうんだって。」

女性A: 「ああ、それって本当に痛いね。私の元カレもそんな感じだった。家庭環境は自由奔放だったけど、自分が思ったことは一切譲らないタイプでさ。」

女性B: 「そういう人って、自分の意見が通らないと自分が無力だと感じちゃうんだろうね。私も子供の頃は、お母さんに自分の意見を言わなきゃって言われてたから、人の意見を聞くことが苦手だったよ。」

女性A: 「私も同じく。自分の意見を言わないと弱いと思われるっていう環境だったから、自分の主張を通すことが大事だって思い込んでた。でも、そんな考え方って周りに迷惑かけちゃうんだよね。」

女性B: 「うん、そうだね。でも、自分の意見を言わないといけない場面でもあるし、どうやってバランスを取ればいいんだろう。」

女性A: 「うーん、難しいよね。でも、自分の意見を言うときは相手の立場も考えるようにしてる。相手が受け入れられる言い方やタイミングを見極めて、自分の主張を伝えるようにしてるよ。」

女性B: 「そうだね、相手の立場を考えるって大事だよね。私もそういう意識を持って、自分の意見を言うようにしてみようかな。」

女性A: 「そうだね、それでいいと思うよ。自分の主張を通すことも大事だけど、周りに迷惑をかけないようにするっていうのも大事だからね。」

このページに興味がある方にオススメのページ

口が悪い人にいい人はいないと感じてしまう理由

言い方がきつい人 女 特徴

言い方がきつい人 末路

言い方がきつい人 育ち

暴言を吐く人 末路

まとめ

いかがだったでしょうか?

口が悪い人が育つ原因は、多岐にわたります。例えば、家庭環境が荒れていたり、両親の言動に影響を受けたり、周囲の人々とのコミュニケーションに問題があったりすることが考えられるでしょう。

しかし、どのような背景があったとしても、口が悪い人が周囲の人々に与える影響は大きいことがわかります。そのため、口が悪い人が育つことを防ぐためには、まずは家庭環境を整えることが必要です。親が子供に対して愛情や尊重を持って接することが重要であり、暴力や暴言を使わないコミュニケーションを実践することが大切でしょう。

また、子供が学校や社会で適切なコミュニケーションを学ぶことも重要です。教育機関や地域社会が、子供たちに対して適切なマナーやコミュニケーションスキルを教育することで、口が悪い人が育つことを防ぐことができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました